岐阜の魅力を発信 「おむすび」企画スタート

2021.11.14

”地域の食卓”として地産地消で岐阜の魅力を提供している『Beringei cafe』にて、プロデュース企画の第2弾の岐阜を代表するお米「いのちの壱」を使用したおむすびを販売します。

『人が食べる米コンテスト』で4度の【日本一】を受賞した岐阜を代表するお米

岐阜県高山市に所在する「まんま農場」で生産している米「いのちの壱」は大きな粒と香りと食感が特徴的で非常に美味しいと評判です。岐阜は自然豊かで山から川を流れる水が生活を支えてきました。冬は積雪量が多く、川には雪解け水が多く流れ夏の暑さの寒暖差がお米を成長させてくれます。
地域では、子どもたちも白米をそのまま食べて、おかわりする子も多いほど人気のお米です。

お米が岐阜の食を結ぶ「おむすび」を販売

ふるさとの食を好きになってもらうことは、やがて故郷への想いを生み地域貢献へと繋がる。我々はそう考え企画しました。おむすびにより様々な岐阜の食を結びつけられるよう、願いを込めて。
お米をそのまま楽しんでいただきたいと思い、好きな味を選べるディップタイプで食べることができます。
岐阜は味噌の種類も多く、おかず味噌として赤味噌や郡上味噌を使ったディップもご用意いたします。

問屋町からはじまる 【といむすび】

問屋町のおむすびとしてディップタイプのおむすびの名称を「といむすび」とします。問屋という良いものを繋ぐ意味も込められています。

Beringei cafe

所在地: 岐阜市問屋町3-3
TEL: 058-214-7360
営業時間: 9:00~18:00
定休日: 不定休

>Instagram
>Twitter
>Facebook
>公式サイト

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ