【リーガロイヤルホテル京都】お茶の京都 和束町とのコラボレーション企画 「京都宇治 和束茶フェア」開催

2022.04.24

「日本遺産」の認定を受けた京都府南部に位置する和束(わづか)町とリーガロイヤルホテル京都が提携して『京都宇治 和束茶フェア』を期間限定で開催します。

京都府が実施しているキャンペーン「もうひとつの京都、行こう。」の「お茶の京都」は抹茶、煎茶、玉露を生み出した日本茶のふるさと、京都府南部の魅力を広く発信していくプロジェクト。和束町はその京都府南部に位置し、「京都府景観資産」第1号にも登録されています。

16回目となる今年は直営レストラン全店にて「京都宇治 和束茶」を使用したメニューを販売し、ラウンジでは抹茶のデザートを5種類用意。新茶ならではのおもてなしで、コロナ禍でお茶の消費が減り大きな減収となってしまった和束町の生産農家への応援消費を行います。

メニュー紹介

和束茶アフタヌーンティーセット 
3,400円 ※ドリンク付

≪1日10食限定≫二の重 9種のスイーツのうち5種に和束茶を使用。
〔一の重〕
セイボリー全9品
〔二の重〕
・抹茶生チョコレート
・抹茶チョコレートムース
・抹茶ブランマンジェ
・抹茶と黒豆のパウンドケーキ
・ほうじ茶シフォンケーキ
・フロマージュブランとメロンムース
・日向夏ロールケーキ
・チェリータルト
・わらび餅

◆セットドリンク
(和束の和紅茶、コーヒー、紅茶4種 または ハーブティー3種)
◆特典 和束茶 新茶一煎茶パックをプレゼント

和束茶アフタヌーンティーセット

和束茶の苔玉パフェ
単品 1,800円
ドリンク付 2,000円(コーヒー、紅茶 または カモミールティー)

苔玉に見立てた抹茶クッキーをまぶした抹茶とほうじ茶アイスクリームの下に抹茶とほうじ茶ゼリー、ほうじ茶クリーム、生クリームなど5層のパフェに仕立てました。パフェの横にはほうじ茶生チョコレート、抹茶シュークリーム、抹茶マカロンが並び、日本庭園を表現しました。添えている黒蜜で味変も愉しめます。

和束茶の苔玉パフェ

和束の抹茶ふれんちとうすと ~あんバター添え~
単品 1,500円
ドリンク付 1,700円(コーヒー、紅茶 または カモミールティー)

ホテル自家製の抹茶ブリオッシュに、生クリームを使用したプリン生地を一晩漬けこみ、抹茶のカスタードソースをのせてブリュレ風に仕上げました。低温で焼き上げたふわふわとろとろのフレンチトーストとともに、黒蜜をかけたバニラアイスクリームとあんバターとのハーモニーを愉しめます。

和束の抹茶ふれんちとうすと ~あんバター添え~

苺のショートケーキ ―CHAWAN―
単品 1,500円
ドリンク付 1,700円(コーヒー、紅茶 または カモミールティー)

ラウンジで人気の苺のショートケーキを、抹茶碗に盛り付けた特別バージョンで用意。苺がたっぷり入ったショートケーキに和束の抹茶を使用したフォーク型のクッキーを添えています。

※上記料金は全て税金(10%)、サービス料を含みます

苺のショートケーキ ―CHAWAN―

≪テイクアウト限定販売≫てりーぬな気分 “さらに”まっちゃ(約26cm)
2,200円
※税金(8%)を含みます ※各種割引優待不可

<前日午前中までの予約制>
【販売場所】
オールデイダイニング カザ(1階)
【受取時間】
オールデイダイニング カザの営業時間に準ずる
※最新の営業時間は公式HPをご確認ください

人気のテイクアウト商品「てりーぬな気分 まっちゃ」をさらに濃厚に仕上げた抹茶好きにはたまらないスイーツ。上嶋爽禄園(うえじまそうろくえん)のフルーティな味わいが人気の京都宇治和束茶 抹茶「玲」使用。通常より約20%抹茶パウダーを多く使用した特別バージョンで用意します。

《主な材料の産地》
・抹茶:上嶋爽禄園 京都宇治和束茶 抹茶「玲」100%
・生クリーム:北海道産牛乳
・バター:国産
・素焚糖(すだきとう):奄美諸島産さとうきび100%

≪テイクアウト限定販売≫てりーぬな気分 “さらに”まっちゃ

『京都宇治 和束茶フェア』 ラウンジで「和束茶」を使用したデザートを販売 概要

販売場所: ラウンジ(1階/オールデイダイニング カザ内)
販売時間: 2022年5月1日(日)~6月30日(木)
※記載内容の期間・休業日・営業時間等は状況により変更となる場合がございます。
最新の営業情報は公式HPをご確認ください。
時間: 10 : 00~21: 00(ラストオーダー:デザート18:00 / その他20:30)
※「和束茶アフタヌーンティーセット」はラストオーダー 17:00

>フェア詳細と予約はこちら

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

【鈴木敏夫とジブリ展】ここにくれば、ジブリがもう一度見たくなる 京都と東京で開催

高畑勲、宮﨑駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫。幼少の頃から現在に至るまでの足跡を、8,800冊の書籍や映画と共に振り返ります。書籍から紐解く、スタジオジブリ誕生のひみつを2022年4月23日(土)から京都文化博物館にてのぞいてみてください。

ピックアップ

ピックアップ