建物自体がフォトジェニック!京都大手の着物レンタル店【夢館御池別邸】

2019.12.16

外にお出かけしなくても大丈夫!明治時代の京都にタイムスリップしたかのような空間で素敵な写真がいっぱい撮れる着物レンタル店が烏丸御池に登場!

築100年の京町家をリノベーションした店内は、まるで明治時代にタイムスリップしたかのような伝統的で趣のある空間が広がっています。四季折々に彩られる中庭や畳の間など、どこを切り取っても絵になる素敵空間です。

お着物もキュートでポップなデザインのオリジナル柄から、お店のイメージに合わせた大人っぽい着物まで、数多くの種類が揃っています。日本スタイルの落ち着いた空間で、ゆったりと着物体験をしていただけます。

着物に着替えた後は、プロのカメラマンによる写真撮影が可能です。
ポージングのアドバイスも細やかにしてくれるので、まるでモデルになった気分を味わえます。
もちろん、そのまま京都の街にお出かけしていただいてもOKです。二条城や京都御苑、人気のショップが集中している三条通りにも徒歩圏内と観光にも大変便利です。店内であっても、外出しても、京都らしさを満喫出来ます。

雨の日や寒い日など、外に出なくても着物体験を楽しめる御池別邸に、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

京都着物レンタル夢館 |御池別邸

住所: 京都市中京区金吹町472-1
営業時間: 10:00 ~ 19:30
定休日: 年末年始(12/31~1/3)
営業時間: 10:00〜19:00 ※カフェのラストオーダーは18:30
TEL: 075-254-8920

公式サイト:
https://www.kyotooike.yumeyakata.com/

■着物&撮影セットプラン
 着物レンタル+ヘアセット+写真3枚→WEB予約で8,500円(税抜)

■フォトセッション
 30分間カメラマンを貸し切りで撮影が出来るプラン
 着物レンタルをご利用の方 10,000円(税抜)
 撮影のみご利用 12,000円

新着

新着

注目の記事

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.38 岡崎宿~御油宿後編 旅人留女とか裏マッサージの妖しい夜

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は岡崎に泊まって、三河の東海道を歩いた時の2日目後編。午前中のウラ岡崎城とか、かいちゃんのいるホテルに続き、妄想を掻き立てるような妖しい事象が連発するこの区間、どうなってるんや三河!

高知県

観光

イベント

高知県四万十町にて完全地産地消で夜間早朝に楽しめるサウナ&マルシェイベント「四万十川アウトドアサウナ」が2ヶ月間の週末限定で誕生

高知県四万十町の四万十川流域エリアに冬の夜に星雲を眺めながら体験できる四万十ヒノキで作ったアウトドアサウナと早朝にマルシェを楽しめる完全地産地消プロジェクト「四万十川アウトドアサウナ」を四万十町の全面的なサポートのもと、2020年12月4日(金)より2ヶ月間、金・土・日の週末限定で展開することをお知らせいたします。

--

食べ物

老舗名店のグルメのほか“おうちごはん”で楽しめる贅沢惣菜、個食グルメに注目「2020年 小田急のお歳暮」

小田急百貨店では、ECサイト「小田急百貨店オンラインショッピング」で10月20日(火)から、新宿店では11月5日(木)からお歳暮ギフトセンターを開設します。例年人気の全国から選りすぐりの名店・レストランのプレミアムな一品のほか、“おうちごはん”需要で注目高まる、本格的な味を手軽な調理で食べられる贅沢惣菜や個食グルメを取り揃えます。

兵庫県

観光

神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」間もなく見ごろに。神戸布引ハーブ園では約500本のモミジ、約100本のヤマザクラなど、秋に色づく六甲の山並みがお楽しみいただけます。

港町神⼾の街並みが⼀望できる観光施設『神⼾布引ハーブ園/ロープウェイ』は、まもなく紅葉が見ごろを迎えます。ロープウェイからの六甲の山並み、約4hに広がる広大なガーデンの中を散策しながら、神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」をお楽しみいただけます。

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】 Vol.36 岡崎宿~池鯉鮒宿 岡崎城『グレート家康公「葵」武将隊』

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回は岡崎に泊まって、前後の東海道を歩いた時の話。まずは岡崎から西に向かって池鯉鮒(ちりゅう)宿に行き、翌日は岡崎から東の豊橋方面に向かうという変則的な日程でした。この日の主役は岡崎城の「GREAT YEAH康!」だったかな。

ピックアップ

ピックアップ