京都府

観光

【星のや京都】奥嵐山で京文化に触れる久しぶりの優雅な一日~京都市内から車で約 30 分、3 密のない 25 室の日本旅館

2020.05.23

京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、3密*を徹底して回避し、久しぶりに優雅な時間を過ごせる滞在を提供します。車で行ける範囲で少しだけ気分転換したい、という方々のために、星のや京都は、館内で京文化を楽しめるおもてなしを用意しました。自家用車やタクシーで京都市内中心部から約30分の近さにあり、滞在中は人との接触を極力避け、プライベート空間での美味しい食事、京文化を楽しめる季節のアクティビティで、京都の再発見をしてみてはいかがでしょうか。

*:「換気が悪い密閉空間」、「人が集まって過ごすような密集場所」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い密接場面」 厚生労働省HPより

今だからこそ嵐山の良さを体験し心安らぐ時間を過ごす
行動が制限され、ストレスを感じる日々が続く中、3密を気にせずに久しぶりに優雅な時間を過ごし、元気を取り戻してほしいという想いから、奥嵐山という立地をいかし、3密のない滞在を考えました。
星のや京都は、京都市内中心部から約30分の奥嵐山に位置し、入り口である舟待合まで車での来館も可能。舟待合からは専用の舟に乗り、窓を開放して心地よい風と景色を楽しみながらゆっくりと部屋に向かいます。チェックインは客室で行うため、ほとんど他のお客様と交わることがない環境です。のんびり景色を眺めたり、美味しい食事を食べたり、少しの気分転換すら難しい今だからこそ感じられる幸せがあります。
また、日本の地方観光は、その良さを地元に伝えきれていないという課題を抱えていると考えます。行動が制限される昨今だからこそ、大きな移動を伴わない関西在住の方々に奥嵐山の良さを知っていただく機会とも捉えています。

全室リバービューの風通る客室

星のや京都が位置する嵐山は、かつて平安貴族の別荘地として栄えた場所です。庭を中心として設計された25室の客室全てが大堰川(おおいがわ)に面しており、窓を開けると渓谷を流れるさわやかな風を感じることができます。この窓から臨めるのは、春の盛りの桜と桜吹雪、夏の青々と茂る新緑、秋の赤や黄色に色づく紅葉、冬の静かで穏やかな雪景色など四季折々の奥嵐山の景色です。平安貴族が愛した嵐山の素晴らしい景色を、快適な客室から存分に楽しむことができます。
また、星のや京都は、客室のいたるところに京文化をちりばめています。一枚ずつ手刷りされた伝統文様が美しい「京唐紙」の壁紙、正座の低い目線を保ち、かつての日本人が見てきた景色を楽しめる星のや京都オリジナルの「畳ソファ」など、快適性だけではない優雅な滞在を演出します。
更に、客室に用意するのは、香原料を好みに合わせてブレンドする「枕香作り」、気持ちを整える「写経」、作法を気にせず好きな場所で抹茶を楽しむ「野点籠(のだてかご)」の貸出などです。その時の気分に合わせたアクティビティを通して、他人を気にせずに京文化に触れ、快適で優雅な時間を過ごすことができます。

プライベート空間での食事

夕食はメインダイニングでの食事、もしくは客室内での食事を選べます。半個室のメインダイニングでは、「五味自在」をコンセプトにした会席料理を提供しています。
先人が培ってきた日本料理の知恵を踏襲(とうしゅう)しながらもその枠にとらわれず、自在に趣向を凝らし変化し続けることで日本料理を次世代に守り継いでいきたいと考えています。奥嵐山の季節の情景を写した全9品の会席料理を提供します。客室内での食事は、本格的な京料理を集めた「松花堂弁当」を用意します。八寸や炊き合わせなどの一品料理に加えて、おひつに入ったお米や出汁に拘ったお椀など旬の食材を用いた料理を詰め合わせてお届けします。
朝食は、窓からの景色を眺めながら食べられるよう開業当初より客室にて提供しています。たっぷりの旬の野菜を料理長特製の出汁で味わう、一日の活力につながる朝鍋を用意します。星のや京都では、ダイニングと客室、どちらでもプライベートな空間でゆっくりと美味しい食事を楽しめます。

3密を回避しながら楽しむ四季のアクティビティ

3密を気にせずに楽しめる季節に合わせたアクティビティも開催しています。
例えば、春には大堰川を臨む空中茶室で、桜を眺めながらオリジナルの和菓子と抹茶をいただく「さくら茶会」を開催します。夏には奥の庭に、北山杉で作った糸を使用した柔らかな風合いの蚊帳を設置し、呼吸法と瞑想を取り入れたストレッチ「水辺の夜坐(やざ)」を開催します。秋には、朝日を受けて輝く紅葉を屋形舟の上から満喫する「朝のもみじ舟」、冬には、寒さで縮こまった体が温まるよう懐中しるこをふるまう「水辺のおめざ」など、開放的な自然の中で楽しめる四季折々のアクティビティを用意しています。

「奥嵐山で京文化に触れる久しぶりの優雅な一日」概要

料金:客室での夕朝食付 1泊 50,100円~(2名1室1名あたり、税・サービス料別)
ダイニングでの夕食と客室での朝食付 1泊 61,600円~(2名1室1名あたり、税・サービス料別)
予約:>星のや公式サイト
駐車場:渡月橋近くに有料駐車場があります。
詳細は公式サイトにて確認ください。

ウイルス感染防止のための当館の取り組みについて

当館では、今般の新型コロナウイルスによる感染への対策の一環として、お客様の健康と安全並びに公衆衛生を考慮し、以下の対応をおこなっています。
■チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
37.5度以上の発熱が認められた場合、保健所の指示に従い、ご宿泊をご遠慮いただく場合がございます。
■客室やパブリックスペースでの除菌清掃の実施
■館内各所での除菌用アルコールの設置
■ダイニング入店時にお客様へアルコール消毒の実施
■テーブル占有率管理による混雑緩和対策の実施
■館内での接客業務の際にマスクを着用
■ホテルスタッフの健康と衛生面の管理徹底
■他のお客様との接触を避け、客室でのチェックイン

星のや京都

星野リゾートが運営する、ラグジュアリーホテルブランド「星のや」の一つ。平安貴族が別邸を構えた京都府・嵐山に位置し、渡月橋から船に乗り、大堰川を遡ると現れる水辺の私邸。京都に息づく日本の伝統技法を感じる客室、五味を自在に表現する日本料理、四季の美しい景観と静けさの非日常の世界を楽しめる日本旅館です。

新着

新着

注目の記事

埼玉県

観光

ちちぶへおでかけキャンペーン 第3弾  ながとろの「山と川」どっちも割  ~当日発売!おトクに川下りもロープウェイも楽しもう~

秩父鉄道株式会社と宝登興業株式会社では、秋の連休や紅葉時期に秩父路をお得に楽しめる「ちちぶへおでかけキャンペーン~ながとろの「山と川」どっちも割~」を実施します。当キャンペーンでは、「長瀞ラインくだり乗船券 1枚(AまたはBコース)」と「宝登山ロープウェイ往復乗車券 1枚」を当日に同時購入すると通常料金よりお安くお買い求めいただけます。また、宝登山小動物公園と宝登山ロープウェイでは、土休日にお子さまを無料招待とするキャンペーンも実施します。詳細は下記のとおりです。

青森県

観光

【奥入瀬渓流ホテル】紅葉の聖地、奥入瀬渓流で360度の絶景を楽しむ「紅葉プレミアムオープンバスツアー」実施|期間:2020年10月18日~31日

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2020年10月18日~31日の期間、「紅葉プレミアムオープンバスツアー」を実施します。 例年10月中旬から11月上旬にかけて、紅葉はピークを迎え、約70万人(*1)が奥入瀬渓流とその周辺を訪れます。そんな賑わいを増す時期ですが、早朝に行う当ツアーは、昼間とはまったく違った静けさや澄んだ空気を感じながら、これまでとは違った新たな目線で紅葉を楽しむことができます。

また、オープンエアの2階建てバスで渓流沿いを走行するため、大自然の中を走り抜ける爽快感や、360度の絶景を存分に楽しめ、バスに乗っているだけで、国立公園の豊かな自然を満喫できるのも特徴です。東京で、2階建てオープントップバスツアー「スカイバス東京」を展開する、日の丸自動車興業株式会社と提携し、当ツアーが実現しました。紅葉を満喫できる渓流沿いを運行するバスツアーは、日本初です。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.28 金谷宿~日坂宿 見よ、これが静岡の本気の茶畑だ!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は金谷から西へ。静岡のお茶畑の景観が一番いい季節に、日本一の茶どころ、牧之原台地を越えて、掛川方面に向かったところ、とんでもない絶景に出会ってしまいました。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.26 藤枝宿~島田宿 とと姉ちゃんの蓬莱橋と、とろろ汁ふたたび

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回はゴールデンウィークの家族旅行の際に東海道ふらっと完歩をしたお話。ま、家族旅行とは言ったものの家族は一緒に歩いてくれなかったので、僕がひとりでちょっと抜け出して歩いていただけですが。

石川県

お土産・記念品

蒸れにくく心地よい肌触りの「和紙織物」を使用した “モダン和紙織りマスク”をオンラインショップにて新発売

武部織物株式会社は、独自に開発した「和紙織物」を使用した3層構造の立体マスク「モダン和紙織りマスク」(1,500枚限定:全カラー合わせて)を8月12日(水)正午(12:00)からオンラインショップ「TAKEORI」(タケオリ)にて、予約受付を開始します。

ピックアップ

ピックアップ