「未来に泊まれる宿泊券」に参画している全国12カ所のNIPPONIA施設をご紹介します。

2020.06.22

株式会社NOTEが全国で展開しているまちづくりブランド「NIPPONIA」の施設12カ所で、宿泊日を指定せずに購入できる「未来に泊まれる宿泊券」の販売を行っています。5月22日時点で、岐阜県美濃市の「NIPPONIA 美濃商家町」で約150万円の売上に繋げるなど実績を上げています。

昨年度末より全国的に感染が拡大したコロナウイルスの影響により、大きな打撃を受けている領域の一つである観光産業。例年に比べ売上げが8~9割減という施設も存在し、コロナ禍をどう生き延びるかは今後も大きな課題となっています。「NIPPONIA」の宿泊施設がある地域も例外ではなく、普段の賑わいが失われている状況です。

「NIPPONIA」では、滞在を通してその地域の暮らしに浸り、地域の魅力を感じてもらうことを目的として事業を行ってきました。今回のコロナにより宿の運営が立ち行かなくなれば、地域の価値を提供する場所もまた失われることとなります。そんな未来を避ける為、現在、通常の宿泊予約とは異なり宿泊日を指定せずに宿泊の権利を購入することができる「未来に泊まれる宿泊券」のサービスを行っています。
「NIPPONIA」の宿泊施設は、古民家を改修して宿にしている施設が多く、そのほとんどが地域内に客室が点在する分散型の施設です。そのため、宿泊のお客様が他のお客様と接触する機会はほとんどありません。また、客室も古民家のため通気性が良く、快適な環境で過ごせることも特徴です。また、一棟貸しやペット可の客室もあるため、お客様のご希望に応じたお部屋をご案内することも可能です。

「NIPPONIA美濃商家町」では各客室で朝食を楽しむことができる。
「篠山城下町ホテルNIPPONIA」ではペットと一緒に泊まれる客室もある。

今回のコロナにより、観光においてもこれまでとは異なるニーズが発生してくることが予測されます。株式会社NOTEでは、観光地以外の地域に関心が集まる一つの転換点としてこの時期を捉え、コロナに負けず「NIPPONIA」の取組みを拡大させるべく事業を進めていきます。

「NIPPONIA」の目指すものとは

農村、城下町、宿場町…。その土地の気候や生業に適するかたちで作られ維持されてきた日本の風景は、日本の暮らしの歴史そのものであり、文化の集大成とも言えます。しかし、効率化が優先される現代社会の中で、そんな風景は徐々に失われつつあります。
株式会社NOTEは、消えつつある古民家を起点に、その地域ならではの食や生活文化を維持、継承できる仕組みを作り出すことを目的とし、その土地の歴史文化資源を尊重したエリアマネジメントと持続可能な地域開発を実践しています。
この取組みを「NIPPONIA」と名付け、「なつかしくて、あたらしい、日本の暮らしをつくる 」という理念のもと全国で事業を展開しています。
現在、その理念に共感した仲間たちとの協働ネットワークを築き、地方創生の新しい運動のかたちとして再生した滞在施設が全国で15施設(105部屋)(2020年1月時点)あり、2020年度には合計で約30施設(約200部屋)の展開を計画しています。

「未来に泊まれる宿泊券」に参画している施設は下記の通りです。
【対象施設一覧】
※未来に泊まれる宿泊券は各施設の購入サイトよりお申し込みが可能です。
※有効期間、値段は施設ごとに異なります。

◆佐原商家町ホテルNIPPONIA(千葉県香取市)
>佐原商家町ホテルNIPPONIA
◆NIPPONIA美濃 商家町(岐阜県美濃市)
>NIPPONIA美濃 商家町
◆NIPPONIA串本 熊野街道(和歌山県串本町)
>NIPPONIA串本 熊野街道
◆NIPPONIA HOTEL 高野山参詣鉄道(和歌山県伊都郡)
>NIPPONIA HOTEL 高野山参詣鉄道
◆NIPPONIAホテル奈良ならまち(奈良県奈良市)
>NIPPONIAホテル奈良ならまち
◆篠山城下町ホテル NIPPONIA(兵庫県丹波篠山市)
>篠山城下町ホテル NIPPONIA
◆福住宿場町ホテル NIPPONIA(兵庫県丹波篠山市)
>福住宿場町ホテル NIPPONIA
◆竹田城城下町ホテル EN(兵庫県朝来市)
>竹田城城下町ホテル EN
◆オーベルジュ豊岡1925(兵庫県豊岡市)
>オーベルジュ豊岡1925
◆NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町(広島県竹原市)
>NIPPONIA HOTEL 竹原 製塩町
◆NIPPONIA HOTEL 大洲 城下町(愛媛県大洲市)
>NIPPONIA HOTEL 大洲 城下町
◆NIPPONIA HOTEL 八女福島 商家町(福岡県八女市)
>NIPPONIA HOTEL 八女福島 商家町

◇NIPPONIA公式サイト
>NIPPONIA公式サイト
◇NIPPONIA 公式Instagram
>NIPPONIA 公式Instagram

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ