島根県

観光

【星野リゾート 界 出雲】~夏休みは地元の温泉旅館で魅力を再発見、安心安全な旅~界 出雲「夏のマイクロツーリズム」|対象期間:2020年7月1日~8月31日

2020.07.09

島根・玉造温泉に位置し全客室露天風呂付きの温泉旅館「星野リゾート 界 出雲」は、Withコロナ期における旅のあり方として、「マイクロツーリズム」を推進し、さまざまな取り組みを展開します。遠方や海外をイメージする「旅」に対して、あえて近距離圏内を訪れる「マイクロツーリズム」では、島根県の良さにあらためて触れて愛着を感じたり、新たなお気に入りを見つけたりできるなど、今までにない気付きに満ちた旅を楽しむことができます。

3密回避や衛生管理が徹底的に行われた安心な温泉旅館に宿泊し、地元ではおなじみの「のどぐろ」を使った会席料理の一品、毎晩開催する「石見神楽」などのおもてなしを通じて、地元を再発見できる1日を過ごすことができます。
また、気軽な利用促進のため、島根県民限定の「地元限定のプラン」や素泊まりができる「温泉休息プラン」をあわせて販売します。

界 出雲へのマイクロツーリズムの見どころ ~2020年夏~

1 ご当地楽「石見神楽」

数々の日本神話の舞台とされ、出雲大社をはじめとする多くの神社が点在する島根県。神様に奉納するために舞われる「神楽」が盛んな土地でもあります。

界 出雲では、この地域に伝わる伝統芸能「神楽」をスタッフが披露します。演目は出雲にまつわる神話であり、石見神楽(いわみかぐら)のハイライトでもある「大蛇(オロチ)」。鮮やかな衣装をまとったスタッフが、軽快なお囃子に合わせてダイナミックに舞います。

2 ご当地部屋「出雲匠の間」

5人の若手工芸作家からなる「シマネRプロダクト」とコラボして作った「出雲匠の間」。出雲鍛造、石州和紙、組子細工など、伝統の技と新しい感性が光る作品の数々が室内を彩ります。

あたたかさを演出するのは、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている石州和紙で作られた襖と障子。そこに何種類もの細かな木片を組み上げて模様を描く組子細工の天井照明と、出雲鍛造で造られた情緒あふれる燭台や行灯が、優しい光を放ちます。

3 会席料理の一品 先付「のどぐろの炙り 生ハム 柚子大根」

地元おなじみの、のどぐろを使って、新しい魅力を引き出す一品を考えてみました。のどぐろは、芳醇な香ばしさを引き立てるために、皮目をしっかりと炙りました。

生ハムと大根は、細かく刻み、柚子果汁と合わせ、さらに生ハムを細かく叩いたものをたっぷりと混ぜ込んでおります。のどぐろの豊かなコクと、生ハムの熟成したうま味は非常に相性のよいものです。海の幸と山の幸の、新しい出会いです。

4 夏のおもてなし

至福の湯上がりビール

界では、温泉旅館でしか飲めない「至福の湯上がりビール」を開発し、同ブランドの全国15施設で一斉提供します。界 出雲では、このビールを客室で提供します。

また、和傘が広がる竹庭の日毛氈(ひもうせん)が敷かれた腰掛けで飲むのもおすすめです。笹が風に揺れる音を聞きながら一息つきながら飲むことができます。ビールには、出雲の郷土料理でもある出雲蕎麦を「そば刺し」をおつまみとしてて提供。割り子の別の段には、しじみや飛び魚の出汁を合わせたオリジナルタレを使います。

ご当地かき氷「生姜かき氷」

かき氷といえば夏の風物詩のひとつ。古くは平安時代、枕草子にも描かれています。界では、各施設ごとに特徴あるかき氷を考案し、毎年夏に提供しています。界 出雲では、生姜は、風味、香りが大変良く爽やかな辛味が特徴です。

「娘やるなら出西郷へ、生姜の匂いで風邪ひかぬ」と島根の民謡で唄われており、風邪の予防に使われてきました。甘さの中にピリッと香るシロップで、暑い夏を乗り越えることができます。

<おすすめプラン>

1 マイクロツーリズムを推進するお得な割引料金「地元限定プラン」

期間: 2020年7月1日~11月30日
料金: 27,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別)
含まれるもの: 宿泊、夕朝食(通常プランより15%割引)
予約: 施設公式サイトにて予約受付
公式サイトリンク

2 素泊まりでぶらっと利用推進するお手頃料金「温泉休息プラン」

期間: 2020年7月1日~12月31日
料金: 22,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別)
含まれるもの: 宿泊(食事なし・素泊まり)、特典:お部屋のみセット付き
予約: 施設公式サイトにて予約受付
公式サイトリンク

<最高水準のコロナ対策宣言>


>最高水準のコロナ対策宣言

1 衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
・通常の客室清掃に加え、館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・食事処入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
2 「3密」回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・食事処の混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時の入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)
>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート 界 出雲(島根県・玉造温泉)
神々の国・出雲の玉造温泉に佇む、全室露天風呂付きの宿。美肌の湯と名高い温泉を、お部屋でも存分にお楽しみいただけます。お食事は、しじみや蟹など、旬の食材をふんだんに使った会席料理。美しい日本庭園を眺めながら、茶室で松江の茶の湯文化を感じるのも風流です。出雲大社をはじめ、島根観光の拠点にも最適なロケーションです。
>星野リゾート 界 出雲

新着

新着

注目の記事

東京都

お花見

観光

人力車と貸切舟から桜を愛でる「東京・春昼(しゅんちゅう)舟あそび」開催

日本旅館「星のや東京」は、2021年3月25日~4月10日の期間、人力車と貸切舟から桜を愛でる「東京・春昼舟あそび」を開催します。本アクティビティでは、人力車で舟の乗り場である日本橋桟橋へ向かい、舟で日本橋川から隅田川に抜け、佃島沿岸や大横川沿いの桜の見所を巡ります。
舟の上では、春を思わせる淡い色合いの特製花見弁当と日本酒を提供します。貸切舟というプライベートな空間で、忙しない日常から離れて、家族や友人と過ごす春の優雅なひとときを楽しむことができます。なお、安心してご参加いただけるように、衛生管理や3密回避といったコロナ対策を行いながら実施します。

東京都

観光

イベント

サンシャイン60展望台 まっくらたいむ ~ゆっくりと夜景を見ながら、心落ち着く空間を~

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台では、2月19日(金)~4月4日(日)の期間、17:30以降の展望台内の照明などを落として真っ暗(まっくら)にすることで心を落ち着かせ、東京のキレイな夜景の中にまるで自分が溶け込んだような夜景観賞体験ができる「まっくらたいむ~ゆっくりと夜景を見ながら、心落ち着く空間を~」を実施いたします。

長野県

観光

長野県の名勝 天龍峡が史上初のライトアップ

天龍峡温泉観光協会は、2021年2月5日(金)~28日(日)の期間、天竜奥三河国定公園内の天龍峡第二公園にて、天龍峡史上初のライトアップイベント「天龍峡ナイトミュージアム」を開催中です。本イベントでは、国定公園であり国の名勝である天龍峡を博物館に見立て、天龍峡の動植物や地形、歴史や文化を、美しいライトアップ演出やスタンプラリーを通して紹介しています。そして2月15日(月)、コロナ禍でご来場が難しい方々にも本イベントを楽しんでいただけるよう、イベント特設サイトにてスペシャルムービーを公開いたしました。

滋賀県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.49 水口宿~石部宿編 碁苦楽快館とか、飛び出し坊やコレクションとか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

鈴鹿峠を越えて滋賀県に入ると、ほかの土地とは明らかに違う部分があります。それは滋賀県東近江発祥の「飛び出し坊や」。この旧東海道を歩いているだけでもめちゃくちゃたくさんの飛び出し坊やがいたので、今回はそのコレクションを紹介しましょう。

京都府

観光

【星のや京都】1日1組限定。春の風情をひとり占め 「さくらテラス」期間限定でオープン

都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2021年3月25日~4月10日の桜の時期に、1日1組限定で満開のしだれ桜をひとり占めできる「さくらテラス」をオープンします。さくらテラスは朝日に輝く桜や夕暮れの幻想的な光に浮かぶ桜など、時間帯によってさまざまな表情を見せる桜を一日中楽しめる空間です。桜の下で食事を味わったり抹茶を点てたりと、喧騒から離れてくつろぎながら、嵐山の春の風情を静かに愛でることができるテラスです。

ピックアップ

ピックアップ