島根県

観光

【星野リゾート 界 出雲】~夏休みは地元の温泉旅館で魅力を再発見、安心安全な旅~界 出雲「夏のマイクロツーリズム」|対象期間:2020年7月1日~8月31日

2020.07.09

島根・玉造温泉に位置し全客室露天風呂付きの温泉旅館「星野リゾート 界 出雲」は、Withコロナ期における旅のあり方として、「マイクロツーリズム」を推進し、さまざまな取り組みを展開します。遠方や海外をイメージする「旅」に対して、あえて近距離圏内を訪れる「マイクロツーリズム」では、島根県の良さにあらためて触れて愛着を感じたり、新たなお気に入りを見つけたりできるなど、今までにない気付きに満ちた旅を楽しむことができます。

3密回避や衛生管理が徹底的に行われた安心な温泉旅館に宿泊し、地元ではおなじみの「のどぐろ」を使った会席料理の一品、毎晩開催する「石見神楽」などのおもてなしを通じて、地元を再発見できる1日を過ごすことができます。
また、気軽な利用促進のため、島根県民限定の「地元限定のプラン」や素泊まりができる「温泉休息プラン」をあわせて販売します。

界 出雲へのマイクロツーリズムの見どころ ~2020年夏~

1 ご当地楽「石見神楽」

数々の日本神話の舞台とされ、出雲大社をはじめとする多くの神社が点在する島根県。神様に奉納するために舞われる「神楽」が盛んな土地でもあります。

界 出雲では、この地域に伝わる伝統芸能「神楽」をスタッフが披露します。演目は出雲にまつわる神話であり、石見神楽(いわみかぐら)のハイライトでもある「大蛇(オロチ)」。鮮やかな衣装をまとったスタッフが、軽快なお囃子に合わせてダイナミックに舞います。

2 ご当地部屋「出雲匠の間」

5人の若手工芸作家からなる「シマネRプロダクト」とコラボして作った「出雲匠の間」。出雲鍛造、石州和紙、組子細工など、伝統の技と新しい感性が光る作品の数々が室内を彩ります。

あたたかさを演出するのは、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている石州和紙で作られた襖と障子。そこに何種類もの細かな木片を組み上げて模様を描く組子細工の天井照明と、出雲鍛造で造られた情緒あふれる燭台や行灯が、優しい光を放ちます。

3 会席料理の一品 先付「のどぐろの炙り 生ハム 柚子大根」

地元おなじみの、のどぐろを使って、新しい魅力を引き出す一品を考えてみました。のどぐろは、芳醇な香ばしさを引き立てるために、皮目をしっかりと炙りました。

生ハムと大根は、細かく刻み、柚子果汁と合わせ、さらに生ハムを細かく叩いたものをたっぷりと混ぜ込んでおります。のどぐろの豊かなコクと、生ハムの熟成したうま味は非常に相性のよいものです。海の幸と山の幸の、新しい出会いです。

4 夏のおもてなし

至福の湯上がりビール

界では、温泉旅館でしか飲めない「至福の湯上がりビール」を開発し、同ブランドの全国15施設で一斉提供します。界 出雲では、このビールを客室で提供します。

また、和傘が広がる竹庭の日毛氈(ひもうせん)が敷かれた腰掛けで飲むのもおすすめです。笹が風に揺れる音を聞きながら一息つきながら飲むことができます。ビールには、出雲の郷土料理でもある出雲蕎麦を「そば刺し」をおつまみとしてて提供。割り子の別の段には、しじみや飛び魚の出汁を合わせたオリジナルタレを使います。

ご当地かき氷「生姜かき氷」

かき氷といえば夏の風物詩のひとつ。古くは平安時代、枕草子にも描かれています。界では、各施設ごとに特徴あるかき氷を考案し、毎年夏に提供しています。界 出雲では、生姜は、風味、香りが大変良く爽やかな辛味が特徴です。

「娘やるなら出西郷へ、生姜の匂いで風邪ひかぬ」と島根の民謡で唄われており、風邪の予防に使われてきました。甘さの中にピリッと香るシロップで、暑い夏を乗り越えることができます。

<おすすめプラン>

1 マイクロツーリズムを推進するお得な割引料金「地元限定プラン」

期間: 2020年7月1日~11月30日
料金: 27,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別)
含まれるもの: 宿泊、夕朝食(通常プランより15%割引)
予約: 施設公式サイトにて予約受付
公式サイトリンク

2 素泊まりでぶらっと利用推進するお手頃料金「温泉休息プラン」

期間: 2020年7月1日~12月31日
料金: 22,000円~(2名1室利用時1名あたり、サービス料込・税別)
含まれるもの: 宿泊(食事なし・素泊まり)、特典:お部屋のみセット付き
予約: 施設公式サイトにて予約受付
公式サイトリンク

<最高水準のコロナ対策宣言>


>最高水準のコロナ対策宣言

1 衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
・通常の客室清掃に加え、館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・食事処入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
2 「3密」回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・食事処の混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時の入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)
>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート 界 出雲(島根県・玉造温泉)
神々の国・出雲の玉造温泉に佇む、全室露天風呂付きの宿。美肌の湯と名高い温泉を、お部屋でも存分にお楽しみいただけます。お食事は、しじみや蟹など、旬の食材をふんだんに使った会席料理。美しい日本庭園を眺めながら、茶室で松江の茶の湯文化を感じるのも風流です。出雲大社をはじめ、島根観光の拠点にも最適なロケーションです。
>星野リゾート 界 出雲

新着

新着

注目の記事

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.28 金谷宿~日坂宿 見よ、これが静岡の本気の茶畑だ!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は金谷から西へ。静岡のお茶畑の景観が一番いい季節に、日本一の茶どころ、牧之原台地を越えて、掛川方面に向かったところ、とんでもない絶景に出会ってしまいました。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.26 藤枝宿~島田宿 とと姉ちゃんの蓬莱橋と、とろろ汁ふたたび

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回はゴールデンウィークの家族旅行の際に東海道ふらっと完歩をしたお話。ま、家族旅行とは言ったものの家族は一緒に歩いてくれなかったので、僕がひとりでちょっと抜け出して歩いていただけですが。

石川県

お土産・記念品

蒸れにくく心地よい肌触りの「和紙織物」を使用した “モダン和紙織りマスク”をオンラインショップにて新発売

武部織物株式会社は、独自に開発した「和紙織物」を使用した3層構造の立体マスク「モダン和紙織りマスク」(1,500枚限定:全カラー合わせて)を8月12日(水)正午(12:00)からオンラインショップ「TAKEORI」(タケオリ)にて、予約受付を開始します。

神奈川県

食べ物

イベント

文化

鎌倉でリモートワークして、地元で働く人のコミュニティスペース「まちの社員食堂」でお食事を

株式会社カヤックは、自社で運営する地域に開かれた社員食堂である「まちの社員食堂」を、8月17日(月)より鎌倉でのリモートワーカー向けに開放します。50店舗を超える地元の飲食店が週替わりで出店し、鎌倉で働く人たちが集うコミュニティ・スペースの活用によって、「働く場所を選ぶ」時代の新たな地域活性化に取り組みます。

--

観光

星野リゾート 界 鰻や野沢菜など国内各施設15種の手毬寿司を楽しむ「ご当地てまり寿司アソート」登場

全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」の全施設に、2020年9月1日、日本旅をテーマにした界のお夜食「ご当地てまり寿司アソート」が登場します。鰻の蒲焼や野沢菜漬けなど、国内にある各施設を象徴する15種類の手毬寿司を木箱に詰めました。引き出しを開けると色とりどりの手毬寿司が見えてくる、宝石箱を開ける時のようなワクワク感が味わえます。また、秋の夜長の風情を感じられるよう、紅葉のライトアップや、芸術の秋をテーマとした設えなど、手毬寿司を食べるシーンの演出にもこだわりました。手毬寿司をつまむことで、日本旅を巡りながら秋の夜長を贅沢に過ごすことができます。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.24 府中宿~藤枝宿前編 丁子屋のとろろと十返舎一九先生

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

なにを隠そう、僕が一番最初に旧東海道に沿って歩いたのはこの区間。とある年の夏、甲子園に行こうと思ったら途中で台風に足止めされ、偶然この感動巨編がスタートしたのでした!

ピックアップ

ピックアップ