【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.43 桑名宿~四日市宿編 恐怖のギロチン工場とか間違えないで萬古焼とか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

三重県の桑名から四日市へと向かったのは爽やかなある年のGW時期。本来であればここは比較的単調な区間なのですが、突如現れたのは恐怖のギロチン工場。その正体やいかに。

恐怖!ギロチン工場

江戸時代の東海道では愛知県の宮宿から三重県の桑名宿まで「七里の渡し」と呼ばれる海上の渡し船が運行されていて、旅人はこの区間は船で移動したのでした。

そんなわけで名古屋から旧東海道でない道をひたすら歩いて桑名まで到着した現代の東海道ウォーカーは、桑名から晴れて再び旧東海道に合流できるのです。

今回はこの桑名駅から七里の渡し船乗り場まで行き、そこから旧東海道区間を西へ向かうことにします。途中、桑名城の本丸跡と二の丸跡に造られた九華公園を通ります。

これは桑名城のお濠跡ですね。

公園ではちょうどつつじ祭りの季節で、きれいに咲いていました。

桑名城址のすぐ脇にあった立派な建物。

むむっ、柿安?聞いたことあるぞ。確かおつまみのメーカーか何かだったっけ?

と思っていたら松阪牛の老舗専門店でした。

ここが本店で、松阪牛の精肉店、レストランなどを全国に展開しているようです。どうやら柿ピーと混同したようです。たいへん失礼しました。。。

九華公園から揖斐川の土手沿いに出ると、この前の区間で寄り道した長良川の河口堰(ながらがわかこうぜき)が見えました。

こう見るとやはりなかなかシュールでクールな建造物なので、僕的にはかなりグッとくる眺めなのですが、これができるまでは長良川は本州で唯一堰のない清流大河だったとのことで、現在でもなおその是非が議論されているようです。

土手沿いを歩くと、やがて七里の渡しの桑名側渡船場跡に到着します。

昔々の旅人は、ここから船で7里の道を経て尾張の宮宿まで向かったんですね。

七里の渡しから久しぶりの旧東海道ウォークを再開、今日のゴール四日市に向けてスタートしましたが、開始早々寄り道をして、ぜひ見ておきたいところがありました。

「ギロチン工場、鬼頭商店」

実は旧東海道を歩き始めた時から、桑名を歩くときは必ず寄ろう、と思っていた場所がここ。

旧東海道からは少し離れますが、桑名市郊外のバイパス沿いにある、知る人ぞ知る、有名なスポットがこの鬼頭商店。なんといってもGoogleでもYahooでも「ギロチン工場」と検索すると最初の1ページをほぼ独占するのが、この鬼頭商店なんですから。

金属の解体工場で、昔は実際にギロチンを使ってクルマなどを解体していたようですが、もちろんギロチンで人の首を刎ねているわけではありません、はい。

実際に近くまで行ってみると、たくさん従業員もいそうな、大きな工場でした。

でもまあそんなふつーの工場が、なぜこれほど話題になるのかも、なんとなくわかるような気もします。おどろおどろしい「ギロチン」の文字に、旧字体の「工場」、そして「鬼頭」という名前。これ以上ない組み合わせの妙というか、字面のデザイン、見た目が絶妙なんでしょうね。

間違えるなよ、萬古焼

旧東海道に戻って先に進むと、途中、三重交通の営業所にあった路線バスの広告枠が車体を飛び出てました。

いろんなバスを見てますが、このパターン、初めてです。

目立つ分、媒体料金も相当高いのでしょうか、だとするとおそろしい商人魂です。桑名のあった伊勢の国には、大阪商人、近江商人と並ぶ日本三大商人である伊勢商人がいて、かなり手堅いことで有名だったそうです。このあたりにその影響があるのかもしれません。

員弁川を越えると桑名から朝日町に入り、その下流にコンビナートがそびえはじめると、いよいよ四日市が近づいてきます。

歌川広重 東海道五十三次 四日市 三重川 │ 風の吹き荒ぶ中、飛ばされた笠を追う旅人と風に向かい道中を行く旅人。この辺りが風の強い地域であった事を物語っています。東海道五十三次の中でも情緒ある作品として人気です。

四日市に入るとこんな名前の町が出てきます。

そう、ここは焼き物で有名な一角なのです。

これ「ばんこ」焼きですよ。

読み方間違えないでくださいね。

ばんこ神社ですよ

読み方間違えないでくださいね。

ばんこまつりですよ

絶対に読み方間違えないでくださいね!(しつこい・・・)

萬古地区を過ぎてしばらく進むと、やがて四日市の市街地に入り、旧東海道も、こんなふうにアーケード街に変わります。

アーケード街では、なぜか突然大入道がお出迎え。なんでも四日市の諏訪神社のお祭では日本一大きなからくり人形である「大入道」がお目見えするとのことで、これはそのレプリカなんでしょうか。

首を伸ばしてウェルカムです。

四日市には「こにゅうどうくん」というゆるキャラがいるので、最初はこれがそうなのかと思いましたが、こにゅうどうくんはもっとかわいいのだそうです。

そのこにゅうどうくんが登場する四日市のプロモーションビデオ「必見!四日市」が秀逸なのでぜひ見てください。

こにゅうどうくん、かわいい顔して町娘を襲って京本政樹に成敗される役で熱演していますよ。

今回の結果:桑名宿~四日市宿 12.7kmを制覇!
東海道ふらっと完歩まで:現在の合計 389.6㎞/495.5km

<2015年5月訪問> 最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

Vol.44へ続く
< 【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.42 宮宿〜桑名宿番外編 長良川河口堰で未知との遭遇

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

イベント

サンシャイン60展望台 まっくらたいむ ~ゆっくりと夜景を見ながら、心落ち着く空間を~

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台では、2月19日(金)~4月4日(日)の期間、17:30以降の展望台内の照明などを落として真っ暗(まっくら)にすることで心を落ち着かせ、東京のキレイな夜景の中にまるで自分が溶け込んだような夜景観賞体験ができる「まっくらたいむ~ゆっくりと夜景を見ながら、心落ち着く空間を~」を実施いたします。

長野県

観光

長野県の名勝 天龍峡が史上初のライトアップ

天龍峡温泉観光協会は、2021年2月5日(金)~28日(日)の期間、天竜奥三河国定公園内の天龍峡第二公園にて、天龍峡史上初のライトアップイベント「天龍峡ナイトミュージアム」を開催中です。本イベントでは、国定公園であり国の名勝である天龍峡を博物館に見立て、天龍峡の動植物や地形、歴史や文化を、美しいライトアップ演出やスタンプラリーを通して紹介しています。そして2月15日(月)、コロナ禍でご来場が難しい方々にも本イベントを楽しんでいただけるよう、イベント特設サイトにてスペシャルムービーを公開いたしました。

滋賀県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.49 水口宿~石部宿編 碁苦楽快館とか、飛び出し坊やコレクションとか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

鈴鹿峠を越えて滋賀県に入ると、ほかの土地とは明らかに違う部分があります。それは滋賀県東近江発祥の「飛び出し坊や」。この旧東海道を歩いているだけでもめちゃくちゃたくさんの飛び出し坊やがいたので、今回はそのコレクションを紹介しましょう。

京都府

観光

【星のや京都】1日1組限定。春の風情をひとり占め 「さくらテラス」期間限定でオープン

都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2021年3月25日~4月10日の桜の時期に、1日1組限定で満開のしだれ桜をひとり占めできる「さくらテラス」をオープンします。さくらテラスは朝日に輝く桜や夕暮れの幻想的な光に浮かぶ桜など、時間帯によってさまざまな表情を見せる桜を一日中楽しめる空間です。桜の下で食事を味わったり抹茶を点てたりと、喧騒から離れてくつろぎながら、嵐山の春の風情を静かに愛でることができるテラスです。

ピックアップ

ピックアップ