静岡県

伊豆稲取温泉で、三密を避けて楽しめる 海水浴・花火大会の夏イベントを2020年7月に開催

2020.07.19

稲取温泉観光協会は、伊豆の東海岸に位置する稲取温泉で、新型コロナウイルスの感染対策を考慮したイベント、「稲取温泉 花火演舞」と「磯Sea Garden IKEJIRI」を今夏実施いたします。

【「稲取温泉 花火演舞」の特徴3つ】

1. 基本的には、旅館の客室からご覧いただきます
「稲取温泉 花火演舞」は基本的には、旅館の客室から見ていただくことを前提としています。7月26日と8月2日は三ヶ所から同時に打ち上がりますので、稲取のほとんどの旅館から観ることができます。打ち上げ場所が一ヶ所ではないので、人が集まることがなく、三密を回避できることで新型コロナウイルス感染対策のできる花火大会です。宿泊している旅館の部屋から、目の前に上がる花火をお楽しみいただけます。

2. 打ち上げ時間は約10分
パッと開いて消える花火には、儚さがありますが、そんな花火だからこそ、稲取温泉では30分も1時間も打ち上げません。スターマインを中心に約10分間の打ち上げですし、客室から見れるので、移動時間もかかりません。あとはのんびり旅館の温泉を、お楽しみいただけます。

3. 見物はストレスフリー!夜店もなければ、混雑もなし
基本的には観光客の皆様に旅館の客室から観ていただく趣旨ですが、花火が見えない旅館(16軒中1軒のみ)のお客様や、地元住民の皆様には、稲取地区内三ヶ所から上がる花火をご自分の好きな場所でご見学いただけます。高台から三ヶ所同時に打上がる花火を見るもよし、一ヶ所を間近で大迫力の花火を見るもよし。10分の打ち上げ時間のため、決まった場所で夜店が出るわけでもございませんので、見物スペースでは混雑もなく、ストレスフリーで花火を観ることができます。

【稲取温泉 花火演舞】

開催期間: 令和2年7月26日(日)、8月2日(日)
時間: 20:30~20:40
開催場所: 伊豆稲取サンライズテラス、稲取銀水荘前、稲取漁港(東防波堤)
※高台からは、3ヶ所同時打ち上げを観ることもできます。

【磯Sea Garden IKEJIRI】

期間: 令和2年7月23日(木・祝)~8月23日(日)
会場: 磯Sea Garden IKEJIRI(池尻海岸)
住所: 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取15
時間: 9:00~16:00
磯Sea Garden IKEJIRI

<池尻海岸が近年人気になる理由>

1. 「池」の形をしており、波が入って来ない(※台風などのときを除く)ので、小さなお子様でも、安心して遊ばせることができます。

2. 砂浜ではなく、岩場の海水浴場なので、スノーケリングで色とりどりの魚を見たり、カニ・エビを捕ったり、砂浜では決してできない体験ができます。今年は魚が泳いでいるイケスを上から覗くことができます。

3. 満潮時で水深が深い場合、また、海が怖いなどのお子様には、プール(海水)が併設されているので安心です。

4. なんといっても、コスパが高い!駐車場が無料。施設利用料(プール、水シャワー、更衣室の利用)が大人200円、小人(3歳~小学生)100円、と良心的な料金なので、お子様2人の家族だと、なんと600円で一日遊べます。

このような理由がクチコミやSNSで広がり、海水浴客が年々増えております。今年につきましては、新型コロナウイルスの感染対策として、プールの受付時に検温と氏名・住所・電話番号の記入をお願いします。プールの最大利用者は50名までとし、ホームページで1時間おきに混雑状況を更新します。

また、この池尻海岸で開催される「さざえ・あわびのつかみ捕り大会」も毎年人気のイベントで、多くのちびっこが参加します。
>詳細URL

【さざえ・あわびのつかみ捕り大会】

期間: 令和2年8月3日(月)~8月5日(水)
会場: 磯Sea Garden IKEJIRI(池尻海岸)
住所: 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取15
時間: 11:00~12:00
受付: 10:30~11:30
内容: 小学6年生までの子供対象イベント。
海に放したさざえを、ひとり2個まで捕ることができ、
その場で焼いて召し上がれます。
あわびは、1日5枚のみです。
※密を避けるため、1回15名迄の交代制で実施致します。
料金: ひとり500円

※稲取温泉旅館協同組合加盟施設のお子様には、旅館で無料の参加券を
配布してます。

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ