静岡県

伊豆稲取温泉で、三密を避けて楽しめる 海水浴・花火大会の夏イベントを2020年7月に開催

2020.07.19

稲取温泉観光協会は、伊豆の東海岸に位置する稲取温泉で、新型コロナウイルスの感染対策を考慮したイベント、「稲取温泉 花火演舞」と「磯Sea Garden IKEJIRI」を今夏実施いたします。

【「稲取温泉 花火演舞」の特徴3つ】

1. 基本的には、旅館の客室からご覧いただきます
「稲取温泉 花火演舞」は基本的には、旅館の客室から見ていただくことを前提としています。7月26日と8月2日は三ヶ所から同時に打ち上がりますので、稲取のほとんどの旅館から観ることができます。打ち上げ場所が一ヶ所ではないので、人が集まることがなく、三密を回避できることで新型コロナウイルス感染対策のできる花火大会です。宿泊している旅館の部屋から、目の前に上がる花火をお楽しみいただけます。

2. 打ち上げ時間は約10分
パッと開いて消える花火には、儚さがありますが、そんな花火だからこそ、稲取温泉では30分も1時間も打ち上げません。スターマインを中心に約10分間の打ち上げですし、客室から見れるので、移動時間もかかりません。あとはのんびり旅館の温泉を、お楽しみいただけます。

3. 見物はストレスフリー!夜店もなければ、混雑もなし
基本的には観光客の皆様に旅館の客室から観ていただく趣旨ですが、花火が見えない旅館(16軒中1軒のみ)のお客様や、地元住民の皆様には、稲取地区内三ヶ所から上がる花火をご自分の好きな場所でご見学いただけます。高台から三ヶ所同時に打上がる花火を見るもよし、一ヶ所を間近で大迫力の花火を見るもよし。10分の打ち上げ時間のため、決まった場所で夜店が出るわけでもございませんので、見物スペースでは混雑もなく、ストレスフリーで花火を観ることができます。

【稲取温泉 花火演舞】

開催期間: 令和2年7月26日(日)、8月2日(日)
時間: 20:30~20:40
開催場所: 伊豆稲取サンライズテラス、稲取銀水荘前、稲取漁港(東防波堤)
※高台からは、3ヶ所同時打ち上げを観ることもできます。

【磯Sea Garden IKEJIRI】

期間: 令和2年7月23日(木・祝)~8月23日(日)
会場: 磯Sea Garden IKEJIRI(池尻海岸)
住所: 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取15
時間: 9:00~16:00
磯Sea Garden IKEJIRI

<池尻海岸が近年人気になる理由>

1. 「池」の形をしており、波が入って来ない(※台風などのときを除く)ので、小さなお子様でも、安心して遊ばせることができます。

2. 砂浜ではなく、岩場の海水浴場なので、スノーケリングで色とりどりの魚を見たり、カニ・エビを捕ったり、砂浜では決してできない体験ができます。今年は魚が泳いでいるイケスを上から覗くことができます。

3. 満潮時で水深が深い場合、また、海が怖いなどのお子様には、プール(海水)が併設されているので安心です。

4. なんといっても、コスパが高い!駐車場が無料。施設利用料(プール、水シャワー、更衣室の利用)が大人200円、小人(3歳~小学生)100円、と良心的な料金なので、お子様2人の家族だと、なんと600円で一日遊べます。

このような理由がクチコミやSNSで広がり、海水浴客が年々増えております。今年につきましては、新型コロナウイルスの感染対策として、プールの受付時に検温と氏名・住所・電話番号の記入をお願いします。プールの最大利用者は50名までとし、ホームページで1時間おきに混雑状況を更新します。

また、この池尻海岸で開催される「さざえ・あわびのつかみ捕り大会」も毎年人気のイベントで、多くのちびっこが参加します。
>詳細URL

【さざえ・あわびのつかみ捕り大会】

期間: 令和2年8月3日(月)~8月5日(水)
会場: 磯Sea Garden IKEJIRI(池尻海岸)
住所: 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取15
時間: 11:00~12:00
受付: 10:30~11:30
内容: 小学6年生までの子供対象イベント。
海に放したさざえを、ひとり2個まで捕ることができ、
その場で焼いて召し上がれます。
あわびは、1日5枚のみです。
※密を避けるため、1回15名迄の交代制で実施致します。
料金: ひとり500円

※稲取温泉旅館協同組合加盟施設のお子様には、旅館で無料の参加券を
配布してます。

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ