東京都

観光

世界が認める”5つ星”に。ホテルニューオータニ「エグゼクティブハウス 禅」

2020.04.08

ホテルニューオータニ エグゼクティブハウス 禅は、厳格な審査項目により一流のホスピタリティを格付けする世界有数のトラベルガイド「フォーブス・トラベルガイド」2020年度格付け評価のホテル部門において、最高評価の5つ星を受賞しました。

「フォーブス・トラベルガイド」とは

権威ある5つ星の格付けシステムを世界で初めて導入したトラベルガイドであり、1958年の創設以来、旅行業界で最も総合的なホテルの格付けとレビューを提供しています。最上級のサービスに精通する調査員が、900もの厳格で客観的な基準をもとにホテル、レストラン、スパにおいて覆面調査を行い、旅行者が正確な情報による旅を楽しむことができるよう情報を提供しています。2020年度ホテル部門の格付けでは、世界中で268、そのうち東京では5つのホテルのみが最高評価の5つ星を受賞しました。

最上級の"ホテル・イン・ホテル"

1964年の東京オリンピックに際して開業したホテルニューオータニは、都心にありながら400年の歴史を誇る1万坪の日本庭園を擁し、1479室の客室、37のレストラン、33の宴会場からなる一つの街のようなホテルです。エグゼクティブハウス 禅は、そのホテルニューオータニの中にある最上級の”ホテル・イン・ホテル”として2007年に開業しました。
>エグゼクティブハウス 禅 公式サイト

日本のおもてなしを、世界へ。女性支配人が代々進化させてきた特別なホテル

世界各国から訪れるお客さまが”本当の日本らしさ”を感じ、心から安らげるご滞在を提供したい。エグゼクティブハウス 禅は、”日本のおもてなし”を体現する空間として誕生しました。東京オリンピックに訪れる世界中の方々に向けて、日本の象徴である美しい富士山を一望できるホテルを目指した創業者の想いを継承し、富士山の稜線を望む静謐な宿泊者専用ラウンジと、そこで供される日本各地から厳選された食材による1日6回のフードプレゼンテーション、日本旅館の女将に着想を得た、3代目女性支配人の高畑真紀を筆頭に、コンシェルジュ機能を備えた専任のスタッフによる細やかな配慮と行き届いたおもてなしを、お一人おひとりのご滞在に合わせてご提供します。

絶景を臨む専用ラウンジで供される「1日6回のフードプレゼンテーション」

開業当時から受け継がれてきたホテル伝統のダブルコンソメスープや、館内で焼き上げるピエール・エルメ・パリのクロワッサン、専用農家で育てられた完全無農薬のハーブサラダなど、日本各地の厳選された食材だけを使用した豊富なメニューを、1日6回メニューが変わるビュッフェスタイルでご用意しています。シェフソムリエが提案するシャンパーニュやワインなどのドリンクメニューとともに、赤坂御所の広大な緑を望むラウンジで、ご滞在中何度でもお愉しみいただけます。

自然素材や江戸の伝統色を用いた、安らぎと洗練が同居する87室限定のホテル

石、竹、炭、麻、和紙といった日本古来の素材や、墨色、鼠色、金色などの伝統的な色合いを取り入れることで”本物の和”を追求。また、最高級の超長綿「スーピマ綿」を今治の技術で仕上げたタオルとバスローブや、調香に3年かけたこだわりの「墨石鹸」はじめ、オリジナルでしつらえたアメニティをご用意しました。人が自然と一体化したときに感じる境地 ― “禅”をコンセプトに、自然の中に身を委ねた時のような、安らかで開放的なひと時をお約束します。

焼き鳥の銘店から名門グランメゾンまで。多様なニーズに応える"ホテルの中のホテル"

寿司、すき焼き、天ぷら、焼き鳥、とんかつをはじめとした和食の銘店から、フランス料理のグランメゾンまでバラエティに富んだ37のレストラン、ショッピングアーケードにスパ・スポーツジムなど、広大な敷地にさまざまな施設を誇るホテルニューオータニ。そのすべてをご活用いただける圧倒的な滞在のバリエーションと、専任スタッフによるきめ細やかなおもてなしの融合が実現するのも、”ホテル・イン・ホテル”ならではの魅力です。

>エグゼクティブハウス 禅 公式サイト

5つ星受賞記念宿泊プラン『ZEN Discovery Stay』

エグゼクティブハウス 禅の5つ星受賞を記念し、特別な宿泊プランを販売いたします。1万坪の日本庭園や都内最大級の会員制スパなど、ホテルニューオータニが誇るさまざまな施設をご活用いただきながら、エグゼクティブハウス 禅という特別な87室の空間を満喫していただける2連泊のプランに、館内の対象レストランでお使いいただけるダイニング・クレジット特典をお付けいたします。

期間: 2020年4月30日(木)まで ※インターネット予約限定 ※2連泊以上限定
料金: エグゼクティブハウス 禅 デラックスルーム(45㎡)1室¥170,200~
エグゼクティブハウス 禅 スタンダードルーム(36㎡)1室¥143,580~
※料金には、1室2名さまご利用時の2泊室料、税金・サービス料が含まれます。
内容: 1滞在1室につき最大12,000円 (税金・サービス料共)分のダイニング・クレジット付
【対象レストラン】トゥールダルジャン 東京、トレーダーヴィックス 東京、ベッラ・ヴィスタ、VIEW & DINING THE SKY、タワー・ビュッフェ、石心亭、リブルーム、大観苑、千羽鶴、KATO’S DINING & BAR、麺処NAKAJIMA、SATSUKI、ガーデンラウンジ 他
お問合せ: 03-3234-5678(客室予約)

>5つ星受賞記念宿泊プラン『ZEN Discovery Stay』

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ