新潟県

観光

【六日町 八海山スキー場】美しき新潟魚沼の絶景遊覧360°の大パノラマ 新たな衛生・消毒基準を策定し「八海山ロープウェー」の観光営業を開始

2020.07.29

六日町八海山スキー場は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため営業を休止しておりましたが、2020年7月23日(木・祝)より八海山ロープウェーのグリーンシーズン観光営業を開始いたします。
八海山ロープウェーは、越後三山の一つである霊峰八海山(海抜1,778m)の西側斜面に位置している、六日町八海山スキー場内の全長2,217m、81人乗りのロープウェーです。
開放的な眺望が楽しめる「空中散歩」を始め、霊峰 八海山への登山やトレッキング等、夏は爽涼、秋には紅葉と、四季を通して大自然の魅力を体感していただけます。

ロープウェー山頂駅の標高は1,147m、麓に比べて気温が5℃ほど低く真夏でも吹き抜ける風は爽やかで避暑地気分を満喫することができ、お子さまの楽しい思い出作りにも最適です。

展望台からは、周囲360°の大パノラマが広がり、魚沼平野や魚沼盆地・上信越国境の山々、そして快晴時には日本海や佐渡島も一望できる、全国でも屈指の好展望地です。紅葉時期には営業開始後に、天候状況により雲海もご覧いただけます。

プリンスホテルでは、お客さまにより安全で清潔な空間で快適にお過ごしいただけるよう、新たな衛生・消毒基準「Prince Safety Commitment(プリンス セーフティー コミットメント)」を策定し導入いたしました。八海山ロープウェーは乗車人員を80名から40名に減らして運行を行い、また、従業員によるロープウェー内の拭き上げ消毒や換気を実施し、安全・安心を第一にお客さまに安心して施設をご利用いただけるよう努めてまいります。

秋の八海山ロープウェーと雲海・紅葉

◆営業期間 2020年7月23日(木・祝)~11月8日(日)
◆営業時間 全日8:30A.M.~3:20P.M.(下り最終 4:00P.M.)
※通常20分間隔(毎時00分、20分、40分)にて運行いたします。
※混雑が予想される場合は運行間隔を変更する場合がございます。
※乗車人員を減らしての運行となります。
◆乗車料金
<一般>
(片道)7/23~9/30 おとな¥1,200 こども¥600 (往復)おとな¥2,000 こども¥1,000
(片道)10/1~11/8 おとな¥1,400 こども¥700 (往復)おとな¥2,200 こども¥1,100
<団体>
15名~30名
(片道)7/23~9/30 おとな¥1,100 こども¥550(往復)おとな¥1,800 こども¥900
(片道)10/1~11/8 おとな¥1,300 こども¥650(往復)おとな¥2,000 こども¥1,000
31名以上
(片道)7/23~9/30 おとな¥1,000 こども¥500 (往復)おとな¥1,600 こども¥800
(片道)10/1~11/8 おとな¥1,200 こども¥600 (往復)おとな¥1,800 こども¥900

■お得なサービスデー

八海山ロープウェーへお越しのお客さまに感謝の意を込めて、お得なサービスデーをご用意いたしました。
・八海山キューDay
毎月22日は夫婦の日
【期  間】 2020年7月~2020年9月の毎月22日
【内  容】 ロープウェー往復乗車 + 場内利用券(1名さまに付き¥500)、2名さま¥4,000(通常料金¥5,000)
7月~9月の8の付く日
【期  間】 2020年7月~2020年9月の8日の付く日
【内  容】 ロープウェー往復乗車 1名さま¥1,600(通常料金¥2,000)
※一般利用のお客さまのみ対象の企画になります。団体利用にてお越しのお客さまは対象外となります。

・都道府県民デー
【期  間】 2020年7月27日(月)~9月の毎週月曜日から金曜日 ※祝日は除く
【内  容】 月曜日:北海道・九州・沖縄、火曜日:関東、水曜日:東北・甲信越・北陸、木曜日:東海・近畿、金曜日:中国・四国
【料  金】 ロープウェー往復乗車券、1名さま:おとな¥1,600(通常料金¥2,000)、1名さま:こども¥800(通常料金¥1,000)

■秋は地元南魚沼の食を満喫

魚沼きのこ汁&新米おにぎりまつり
【期  間】 2020年10月9日(金)~11月3日(火・祝)
【内  容】 地元南魚沼産コシヒカリを使用した新米おにぎりと7種類のきのこが入った魚沼きのこ汁を販売いたします。秋の味覚をおいしくお楽しみいただけます。
【お問合せ】 六日町観光協会 TEL:025-770-1173

Prince Safety Commitment(プリンスセーフティーコミットメント) の策定について

プリンスホテルでは従業員に周知徹底することを目的に「衛生管理」、「クレンリネス」、「三密回避」の 3 項目からなる「新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン」を定めております。今回は、このガイドラインをお客さまにより分かりやすく具体的に説明するため、「Prince Safety Commitment(プリンスセーフティーコミットメント)」 を策定しております。このコミットメントは、プリンスホテルの Web サイトに掲載する他、イメージムービーを制作し、お客さまにご案内をしております。

このコミットメントを策定することにより、お客さまに安心して当社施設をご利用いただけるよう努めてまいります。 ※「新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン」の詳細につきましては、2020 年 5 月 22 日の株式会社 プリンスホテルプレスリリース「今後の営業再開予定および新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドラインの策定について」に記載しております。

Prince Safety Commitment
―プリンスホテルの安全・安心―

◆従業員の衛生体制の強化
就業前の検温、手洗い・うがい、消毒を徹底し、マスクおよびフェイスシールド(一部)を着用してご案内させていただきます。また、全従業員に携帯用の消毒液を配布するとともに、衛生管理に関する教育を強化し各自健康を守りつつ、お客さまのおもてなしに努めます。
◆お客さまの健康確認
ロープウェーご利用前にお客さまへ手指の消毒と検温とマスク着用のご協力をお願いいたします。
◆清掃・消毒の推進
ベースキャンプ建物内、ロープウェー搬器等、不特定多数の方が頻繁に触れる部分は特に徹底して消毒いたします。
・消毒液の設置
ベースキャンプ建物内をはじめ、館内各所に消毒液をご用意いたします。
・レストラン営業時は客席の消毒を徹底(※レストラン営業は不定期となります)
お客さまの入れ替えごとに、テーブル、ソファー、椅子、備品の拭き上げと消毒を行います。
◆飛沫防止対策の徹底
・飛沫防止スクリーンの設置
券売所や売店キャッシャー等お客さまと接する場所においてはアクリルスクリーン等を設置いたします。
・ソーシャルディスタンスを確保いたします。
>Prince Safety Commitment

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ