“今日をちょっとハレの日にする”器を届ける「縁器屋(えんぎや)」が、2020年夏の限定プレゼント企画をスタート!

2020.08.12

期間は7月23日(木)~8月31日(月)。自宅で食事をする機会が増える中、「縁器屋」の器を使ってもっと食を楽しんでほしいという思いから、今回のプレゼント企画をスタートしました。

日本の伝統産業をより多くの人に届ける専門商社、ガッチ株式会社は7月23日(木)から8月31日(月)までの期間限定で、自社の運営するネットショップ「縁器屋(えんぎや)」にて、15,000円以上(税抜)ご購入いただいたお客さまに、「白河関のそば」をプレゼントする、2020年夏の限定プレゼント企画を開始しました。

>縁器屋(えんぎや)公式サイト

外出もままならない今夏、縁器屋の器と福島県白河市の名物そばで夏の食卓を豊かに

感染拡大がおさまらないコロナ禍では「新しい生活様式」が求められ、自宅で食事をする機会も増えています。こうした中、当社では「縁器屋」の器を使い、もっと食を楽しんでほしいという思いから、今回のプレゼント企画をスタートしました。

期間中、15,000円以上(税抜)お買い上げいただいたお客さまに、日本四大そば処の一つである福島県白河市の名物「白河関のそば」をプレゼントします。

「白河関のそば」の発祥は200年以上前だと言われています。飢饉が続いていた時代に、白河藩主・松平定信が冷害に強いそばの栽培を奨励したことから、のちに白河名物の一つになりました。研究を重ねて編み出された配合のそばは風味豊か。夏にはシンプルにざるそばでお召し上がりいただくのがおすすめです。

気分がふさぐ日でも、日常をちょっと変える何かがあるだけで、楽しく過ごせるもの。「縁器屋」の器に盛り付けて召し上がっていただくことで、みなさまの「おうち時間」を少しでも豊かにできればと考えています。

白河関のそば

<2020年夏の限定プレゼント企画概要>
実施期間:7月23日(木)~8月31日(月)
内容:縁器屋で15,000円以上(税抜)お買い上げいただいたお客さまへ、「白河関のそば」をプレゼント
>特設サイト

注意事項:
・クーポンとの併用はできません。
・プレゼントは商品に同封させていただきます。個別でのプレゼント同封発送に関するご案内はしておりません。通常の商品発送のご連絡と同様のご案内になります。

縁器屋(えんぎや)について

縁器屋は、「今日をちょっとハレの日にする器」をコンセプトに日本全国の伝統工芸品を紹介するネットショップです。「器」との出会い、産地との出会い、器を囲んで食事をすることによってできる出会いなどの「ご縁」を「器」でつくりたい、繋ぎたい、という想いを込めて名付けました。お気に入りの器で食事をしていただいた方の毎日がちょっとでも楽しく、幸せな、晴れ晴れとした日になることを目指します。

>縁器屋公式サイト
>縁器屋公式Instagram

ガッチ株式会社について

ガッチ株式会社は、「日本の価値を世界に合致させる」というビジョンのもと、日本の伝統産業をより多くの人に届ける専門商社です。日本の伝統産業の良さを生かしつつ、現代の生活様式や感性に合わせた商品開発、ブランド開発やネット販売、海外展開の支援などに取り組んでいます。

>ガッチ株式会社(Gatch Inc.)

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ