京都府

観光

星のや京都 京都の伝統文化体験と東洋医学で免疫力を高める 滞在型ウェルネスプログラム「水辺の洗心」提供開始 開始日:2020年10月1日

2020.09.16

京都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2020年10月1日より、滞在型ウェルネスプログラム「水辺の洗心」の提供を開始します。Withコロナ時代に特に重要な呼吸機能を鍛え、同時に免疫力を高める、2泊3日のプログラムです。東洋医学の考えに基づく鍼灸(しんきゅう)の施術を受けながら、京都の狂言師「茂山千五郎家」の笑いのワークショップや京都の老舗香木店「山田松香木店」での匂い香づくり、禅寺での朝のお勤めを体験します。四季の移ろいを肌で感じる風光明媚(ふうこうめいび)な星のや京都で日常の喧騒(けんそう)から離れながら、免疫力を高めることができます。

水辺の洗心とは 

「水辺の洗心」とは、Withコロナ時代に特に重要な呼吸機能を鍛え、同時に免疫力を高める、2泊3日のウェルネスプログラムです。星のや京都が位置する嵐山は、かつて平安貴族の別荘地として栄えた場所です。庭を中心として設計された25室の客室全てが大堰川(おおいがわ)に面しており、四季の自然の移ろいを肌で感じることができます。風光明媚な星のや京都に滞在するなかで、東洋医学の考えに基づく鍼灸の施術と京都の伝統文化を体験し、心身を調えながら免疫力を高めることができます。

東洋医学で免疫力を高める

星のや京都では、東洋医学の考えに基づいた施術を行います。客室にて施術師が問診を行い、お灸を据えた後、草根木皮の湯とお茶で身体を整えます。湯とお茶は問診結果をもとに一人ひとりの身体の状態に合わせて用意したもので、免疫力向上に大切な呼吸機能を整える処方です。また、家に帰ってからも健やかに過ごせるよう施術師が、お灸の据え方や入浴法、お茶を飲むタイミングもレクチャーします。

京都の伝統文化体験で免疫力を高める

1.京都の狂言師「茂山千五郎家」にて「笑いのワークショップ」

十四代目当主、茂山千五郎

「能楽師大蔵(おおくら)流狂言方 茂山千五郎家」の稽古場にて、狂言の笑いのワークショップを体験します。茂山千五郎家は、江戸時代初期から約400年続く歴史を持ち、現在は十四代目を当主として京都を中心に全国で活躍している狂言師です。普段は入ることができない茂山千五郎家の稽古場で、まず狂言を一演目鑑賞し、ワークショップを体験します。ワークショップでは、狂言師から「構え(かまえ)」と呼ばれる基本姿勢や発声をならい、神や大名が笑う姿を表す型「大笑い」を実践します。大笑いは、身体の重心を低く落としてお腹の底から大声を出す、笑いの型の一つです。息を大きく吸って身体全体を使って笑うことで、呼吸機能と呼吸筋が鍛えられ免疫力が高まります。

2.京都の老舗香木店「山田松香木店」にて「匂い香づくり」

京都の老舗香木店「山田松香木店」にて、匂い香づくりの体験をします。お香の原料となる天然香料の中には薬種として漢方に使われるものが多数あり、本プログラムでは一人ひとりの体質に合わせた香原料を用意しています。自分好みに香原料をブレンドし西陣織の小袋につめて匂い香をつくることで、京都の文化を体験しながら香りで心を調えることができます。

3.「朝のお勤め」で、調身、調息、調心

禅寺にて、朝のお勤めを体験します。姿勢を正して坐禅を組み、和尚様とともにお経を唱えます。早朝の澄み切った空気を取り入れ大きな声で発声することで、気持ちよく一日を始めることができます。その後、和尚様が点てた抹茶を飲みながら法話を聞きます。朝のお勤めは、姿勢や呼吸を調えるだけではなく心を調えることにもつながります。

風光明媚な星のや京都で免疫力を高める

星のや京都は、嵐山と小倉山に囲まれ、街の喧騒から離れた場所に位置しています。川のせせらぎや風の音が聞こえる静かな宿で四季の移ろいを感じながら滞在することで、日常から離れて心をリセットできます。

1.大堰川のほとりで「早朝パワーウォーク」

パワーウォークとは、深い呼吸と体幹を意識しながら足裏でしっかりと地面を踏んで早足で歩く、健康法の一つです。本プログラムでは、朝日に照らされた青もみじの下、川沿いの遊歩道を歩いて汗を流し、リフレッシュします。パワーウォークのやり方については、施術師より事前にレクチャーがあります。鳥のさえずりや川のせせらぎといった、普段触れることの少ない自然の音に心を傾けることで、感性が刺激されます。また東洋医学では、水の流れる場所は邪気を流すのに適した場所とされています。川辺で新鮮な空気を吸って身体に巡らせることで、身体も心もほぐれ調います。

2.樹齢400年のオオモミジの下で四肢をのばす、「水辺の深呼吸」

朝日が差し込む星のや京都の「奥の庭」で、呼吸法を重視したストレッチを行います。奥の庭は、燻(いぶ)し瓦と白石を砂紋に見立てた枯山水の風情の庭です。庭からは大堰川の流れや嵐山の渓谷の眺めを楽しむことができ、頭上には樹齢400年のオオモミジが広がりやわらかな影をつくっています。四肢を伸ばし、深い呼吸を行いながら瞑想(めいそう)をすることで、心身を調えます。

3.野菜たっぷりの朝鍋で一日の活力を得る

朝食は季節の野菜をたっぷりと使った鍋です。2日目の朝食で提供するのは本プログラム限定の鍋で、滋養強壮によい生姜や麹(こうじ)をたっぷりつかっています。みりんの代わりに麹で甘みをつけた鍋出汁に、生姜をきかせた鶏のつみれを加え、薬味として刻み生姜を添えています。生姜で身体を内側から温め、発酵食品である麹と野菜の食物繊維で腸内環境を整えて、免疫力向上を目指します。他にも焼き魚や餡掛け豆腐などが付き、栄養バランスの良い朝食で一日の活力を得ることができます。

滞在スケジュール例

<1日目>

15:00 チェックイン
16:00 問診で体調・体質を診断
16:30 問診結果に従って鍼灸、マッサージ
17:30 草根木皮のお茶を飲み、身体を休める
18:30 夕食(別料金)
20:00 入浴(体質にあわせた草根木皮の湯)

<2日目>

07:30 早朝パワーウォーク
08:30 水辺の深呼吸
09:00 生姜と麹の朝鍋朝食
10:30 星のや京都出発
11:00 茂山千五郎家にて笑いのワークショップ(所要時間1時間)
13:00 山田松香木店にて匂い香づくり(所要時間1時間)
14:30 星のや京都到着
16:00 鍼灸、マッサージ
17:00 草根木皮のお茶を飲み、身体を休める
18:00 夕食(別料金)

<3日目>

05:00 起床
05:30 禅寺で朝のお勤め
09:30 野菜たっぷりの朝鍋朝食
12:00 チェックアウト

「水辺の洗心」概要

期間: 2020年10月1日~通年 *除外日あり
料金: 1組1名参加の場合220,000円
1組2名参加の場合160,000円(1名あたり)
(宿泊料別、税・サービス料別)
定員: 1日1組(2名まで)
予約: 公式サイトから14日前まで受付
含まれるもの: 問診、お灸、草根木皮のお茶と湯、お土産として草根木皮のお茶30包、2泊分の朝鍋朝食、早朝パワーウォーク、水辺の深呼吸、茂山千五郎家での笑いのワークショップ、山田松香木店での匂い香づくり、朝のお勤め
対象: 宿泊者限定
備考: 都合により開催できない場合があります。

>公式サイト

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)

>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星のや京都
平安貴族が別邸を構えた京都府・嵐山。渡月橋から船に乗り、大堰川を遡ると現れる水辺の私邸。京都に息づく日本の伝統技法を感じる客室、五味を自在に表現する日本料理、四季の美しい景観と静けさの非日常の世界を楽しめるリゾートです。

>星のや京都

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ