神奈川県

観光

箱根リトリート×箱根ラリック美術館  ラリックアートを食で愛でる コラボレーションディナー・宿泊プランが初登場  2020年9月18日(金) 販売開始

2020.09.28

株式会社温故知新が運営するホテル「箱根リトリート fore(フォーレ) & villa 1/f(ヴィラワンバイエフ)」は、箱根ラリック美術館とコラボレーションした、期間限定のディナー・宿泊プランを2020年9月18日(金)~2021年3月20日(土)に発売いたします。

本コラボレーションは、箱根ラリック美術館開館15周年、ルネ・ラリック生誕160年を記念して開催される特別展「ドラマチック・ラリック」を機に実現いたしました。特別展では、メインの作品であるウォルト社の香水瓶5連作が展示され、アール・デコ時代にガラス工芸家として活躍したラリックのドラマチックな香水瓶の世界をご堪能いただけます。

箱根リトリートでは、展覧会の開催に合わせて「ラリックの横顔」をコンセプトに、ラリックの作品を代表する香水瓶の数々、華やかなパリの時代背景と、ラリックが愛したものやバックグランドをひとつのコース料理として表現し、ご提供いたします。キービジュアルとなるデザートの写真は、箱根ラリック美術館の協力のもと、実際の作品とともに撮影しました。

香水瓶をそのまま映したかのような華やかなデザートや、ジュエリー作家として活躍した軌跡を彷彿とさせる前菜、日本のアートからインスピレーションを受けたといわれるラリックの西洋と日本の融合を形にしたメイン等、ラリックの世界を五感で体感できるコースメニューとなっております。ラリックのドラマチックな世界を食でご堪能ください。

ラリックの世界を五感で体感できるディナーコース

【プラン概要】 完全予約制(1週間前まで)

●プラン名/料金

15,000円(消費税・サービス料別)

コラボレーションディナー: 15,000円(消費税・サービス料別)
コラボレーション宿泊プラン: 1名様29,600円~
(消費税・サービス料込み・入湯料別)
含まれるもの: 1泊・朝夕2食付き・天然温泉利用・
箱根ラリック美術館入館チケット

>予約サイトはこちら
*1室2名様利用からご予約を承ります。
*夕食はコラボレーションディナーをご用意いたします。

●期間
2020年9月18日(金)~2021年3月20日(土)
※期間や内容は変動する可能性がございますので予めご了承ください。

<箱根ラリック美術館>
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186番1
>オフィシャルウェブサイト

【4種の香水瓶のデザート詳細】

ラリックの代表作とも言えるウォルト社の香水瓶5連作からインスピレーションを受けたスイーツの中から「ダン・ラ・ニュイ」をモチーフとしたスイーツは箱根ラリック美術館内カフェ・レストラン「LYS(リス)」にて別途販売。それに続く4作品は箱根リトリートのディナーデザートプレートとしてそれぞれ再現されています。ディナーの最後を演出する美しい香水瓶を象るスイーツをぜひお楽しみください。

ウォルト社の香水瓶5連作

ウォルト社の香水瓶5連作 左から
「ダン・ラ・ニュイ」(真夜中に) 1924年
「ヴェール・ル・ジュール」(夜明け前に) 1926年
「サン・アデュー」(さよならは言わない) 1929年
「ジュ・ルヴィアン」(私は戻ってくる) 1931年
「ヴェール・トワ」(あなたのもとへ) 1933年

香水瓶をイメージしたスイーツ5品

■「ヴェール・ル・ジュール」
オレンジクリームのチーズフロマージュで球体を表現。中に入っているオレンジと蜂蜜のムースとグレープフルーツのジュレが酸味を演出し、食べ進めるたびに何度も違う美味しさをお楽しみいただけます。
鮮やかな色のグラデーションを出すためグレナデンシロップで色付けし、仕上げにマカロンを添えています。

■「サン・アデュー」
鮮やかなグリーンのメロンの果肉入りゼリーと底に入ったココナッツプリンがマッチする、メロンのジューシーさが引き立つ華やかな味わい。蓋の部分の球体にはベルガモットのボンボンショコラ、チョコレートシートの間に抹茶のガナッシュをサンドした、繊細でアーティスティックな一品です。

■「ジュ・ルヴィアン」
鮮やかな青を演出するグレープフルーツとブルーキュラソーのグラニテ。トップには口の中で弾けるポッピングキャンディーをちらし、グレープフルーツの爽やかさをより一層引き立てます。

■「ヴェール・トワ」
マンゴーとパッション・バナナのムースの上に、ルイボスティーと桃のコンポートゼリーを層にし、その上に果肉感たっぷりのジューシーな桃のコンポートをトッピング。白ワインゼリーが大人な味わいを演出した5層の贅沢なスイーツです。

【ディナーメニュー詳細】

アミューズ(amuse)

1.jewelry 前菜(premier)
庭園野菜の宝石テリーヌ
16歳のラリックは、父の死をきっかけに宝飾職人に弟子入りし、アーティストとしての人生をスタート。彼がデザインした数々のジュエリーにちりばめられた宝石や七宝のような、豊かな色彩をまとう透明感のある野菜のテリーヌ。ホタテの出汁を使いゆっくりと1日ねかすことで、野菜の彩りをより鮮明に表現。仕上げにお皿にあしらわれた美しく濃厚なベジタブルゼラチンとともに味わって。

2.green サラダ(deuxieme)
サラダ菜の冷製グリーンスープ ハーブオイルをかけて
ラリックの作品の主要なモチーフは植物や昆虫など「自然の世界」だった。緑豊かな地域で育った彼にとって自然は永遠のインスピレーションの源であり、創作意欲を刺激し新たなイメージを与え続けた。
そんな自然の恵みをたっぷり使ったセルフィーユとバジルの濃厚でクリーミーなグリーンスープ。

3.japonisme 魚料理(poisson)
スズキの山椒味噌焼き 青海苔風味のジャポニスム仕立て
19世紀後半の欧州でジャポニスムが沸き起こり、浮世絵や日本独自の芸術感が西洋の人々に衝撃を与えた。
若き日のラリックもその影響を受け、数々の作品にその片鱗が見て取れる。日本の海の幸をフレンチ風にアレンジし、日本の伝統である味噌と山椒を効かせて。フランスと日本の歴史的な出会いをお皿の上で表現。

4.viande 肉料理(viande)
スザンヌの得意料理 ブフ・ブルギニョン
ラリックの人生を語る上で欠かせない女性、愛娘の「スザンヌ」。彼が最も信頼し、意見を求めたのも彼女だった。スザンヌは手間暇かけた食事を作り、ラリックを支え続けた。そんな彼女の得意料理である子牛をブルゴーニュの赤ワインで煮込んだ一品をメインディッシュに。フランスの郷土料理でもある王道の一皿。

5.perfume デザート(dessert)
4種の香水瓶のデザート
目には見えない香りの魅力をドラマチックな香水瓶のデザインで表現したラリック。美しく繊細な意匠に物語が込められた香水瓶は、様々な想いを代弁する贈り物として愛されてきた。愛や祈りをまとったウォルト社の香水瓶をスイーツで再現。本物の香水の香りに想像を巡らせながら召し上がれ。

※季節によってコース料理の内容が変更になる可能性がございます。

「箱根リトリート fore & villa 1/f」(フォーレ・アンド・ヴィラワンバイエフ)

箱根散策の拠点として便利な箱根仙石原の5.5万平米の広大な森に佇む「箱根リトリート fore & villa 1/f」は、2019年4月にリブランドオープンし、日本では10施設しかないデザインホテルズに加盟しています。

森の中に独立した11棟のヴィラが点在する全室温泉付の「箱根リトリート villa 1/f」。また、従来型の温泉宿ではない進化型の「スモールギャザリング」を楽しむシンプルモダンなホテルスタイルを提供する「箱根リトリート fore」とお好みに合わせて滞在できる2つの宿泊施設があります。いずれも、窓をあけると戸外へとつながり美しい情景とともにゆったりとしたひとときを体験いただけます。

地元の新鮮で自然の恵みをたっぷり受けた食材を使った料理を提供するレストランは2つあり、薪火を活かした 地産地消フレンチと、100余年以上もの歴史ある建築物の料亭で会席料理を堪能できます。また、プライベートステイを楽しめるよう部屋でインルームダイニングも提供しています。

森の中の全長200メートルのウッドデッキの奥の深い緑に包まれた宿泊者限定の総檜の天然温泉や、心身をリラックスするSPAなど、四季折々の景色とSPAのアロマトリートメントでまるで森の一部になったかのようなリラゼーションをお楽しみいただけます。

さらに敷地内のオープンスペースには、本格オリジナルブレンドコーヒーを提供するラウンジや、自家製天然酵母を使ったパンや、パティシエ特性のパティスリーなどもございます。また、客室以外でも時間を過ごせるオープンテラスもあり、様々な過ごし方ができます。
レンタルサイクルで近隣の美術館やカフェ巡りや、ホテルがプロデュースするアクテビティもおすすめです。箱根の心地よい自然を感じ、森の空気を浴びながら非日常を存分に感じていただけます。

>箱根リトリート fore
>箱根リトリート villa 1/f
>箱根リトリート fore & villa 1/f 公式Instagram

箱根リトリート fore外観

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ