静岡県

観光

新しい時代や暮らしにフィットしたコンフォートルーム 「稲取銀水荘」に誕生

2021.07.14

伊豆の稲取温泉温泉宿の「稲取銀水荘」では、高まる“ワーケーション需要”や“自由気ままな一人旅”、“気心の知れた人との二人旅”といった「SMALL TRIP」にお薦めしたい、新しいタイプの客室を販売いたしました。

「コンフォートシングル」

お一人様にちょうどいい42m2の客室に、シモンズ社製セミダブルベッドを1台、絶景を独り占めできるソファーセットを窓辺に設置。50インチテレビはネット接続済で、各種動画配信サービスをお楽しみいただけます。
最大の特徴は、客室内に設置したワーキングスペース。リモートミーティングにも対応可能な無料Wi-Fiを完備し、“絶景のプライベートオフィス”としての利用も可能にしました。

「コンフォートツイン」

ふたり旅にゆとりのある「コンフォートツイン」。52m2に同ベッドを2台の他、大人気のビーズソファー「yogibo」を設置しました。
『「yogibo」に身を委ねてどこまでも広がる海と空を眺め、時にうとうと…。“何もしない贅沢”ってあるんです。ごめんなさい。お仕事が捗らないかもしれません(スタッフ)。』
14:00~18:00には展望ラウンジの各種ドリンクも無料でご利用いただけます。

>コンフォートルームの詳細はこちら

大好評の朝食ビュッフェが付いた1泊朝食付きプランを基本とし、夕食はオプションで伊豆の味覚を堪能できる各種会席料理を選んでも、外食でも自由に選ぶことができ、旅館ステイに自由度をプラス。
宿泊料金は連泊する程お得になり、2泊の場合で合計2,200円、最大6泊の場合はなんと合計24,000円もお得になります。
ワーケーションはもちろん、気ままに自由に一人旅でも、これぞ“非日常”を味わえる新客室コンフォートルームで、お寛ぎください。

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

【鈴木敏夫とジブリ展】ここにくれば、ジブリがもう一度見たくなる 京都と東京で開催

高畑勲、宮﨑駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫。幼少の頃から現在に至るまでの足跡を、8,800冊の書籍や映画と共に振り返ります。書籍から紐解く、スタジオジブリ誕生のひみつを2022年4月23日(土)から京都文化博物館にてのぞいてみてください。

ピックアップ

ピックアップ