京都府

観光

人気の和菓子クリエイター原 將人氏の和菓子を【宿ルKYOTO HANARE】で

2021.09.22

「暮らすように泊まる」をテーマとした「宿ルKYOTO HANARE」では、和菓子クリエイター原 將人氏が制作しました月替わりの和菓子を提供しています。2021年9月限定のウェルカム和菓子、「まさり草」「秋の野」をご紹介いたします。

和菓子クリエイターが作る”映える”本格和菓子

<まさり草>
まさり草は菊の古名です。 平安時代に詠まれた和歌に 「すべらぎの 万代までに まさり草 たまひし種を 植えし菊なり」 といったものがあり、これがまさり草の由来だと言われております。 また9/9の重陽の節句は、菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた菊酒を飲んで不老長寿を願う行事です。

<秋の野>
朝夕は涼しくなり、季節は暑さのやわらぐ初秋です。虫たちも音を奏で、道端や草むらに目をやると、かわいい秋の花たちに出会えます。 少し寂しさを感じる季節に 鮮やかな彩りを与えてくれます。

京都で活躍する和菓子クリエイターが1つ、1つ丁寧に手作りしております。そんな本格和菓子を「思わず写真を撮りたくなる」ような可愛らしい見た目に拘って作っております。また、毎月季節に応じてコンセプトを考え、1ヶ月限定商品として2種類の和菓子をご提供しております。

提供施設一覧

「暮らすように泊まる」体験ができる宿ルKYOTO HANAREの3つの施設をご紹介いたします。

1. 宿ルKYOTO HANARE 和紙ノ宿

●コンセプト
築104年の歴史。
京都北部の綾部地方に伝わる「黒谷和紙」その和紙を書く道具ではなく暮らしの道具として至る所に和紙を活用した宿。

>予約はこちら

2. 宿ルKYOTO HANARE 奏ノ宿

●コンセプト
奏でる空間。
床を掘り込んだリビングは人が集まり語らう場に、離れの浴室には庭を眺めながら入れる檜風呂、それぞれの場所にある景色移り変わる景色を奏でる宿。

>予約はこちら

3. 宿ルKYOTO HANARE 壬ノ宿

●コンセプト
水生。
湧き水が多く生まれる地で「水生」から転化し「壬生」という地名の由来に因んで入り口から庭まで水が流れているようなしつらえの宿。

予約はこちら

■和菓子クリエイター原 將人
宿ルKYOTO HANAREの和菓子を手掛ける和菓子クリエイター原 將人氏。生まれ育った土地、京都の老舗和菓子屋で10年間修行し、SNSを中心にて創作和菓子を発信しております。また和菓子教室「飛將」を全国各地で開催をし、キッチンカーでのイベント出店や企業様への商品を提供いたしております。

>Instagram

■宿ルKYOTO HANARE
町のなかに分散させた宿泊形態「宿ルKYOTO HANARE」一つ一つの宿にコンセプトがあり唯一無二のお宿。私達が大事にするコンセプトである「暮らすように泊まる」 滞在をご提案します。

>Instagram
>新型コロナウイルス感染症対策について

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ