青森県

観光

本格的なウィンターシーズン到来!『十和田湖フェスタ・ルーチェ 第2章光の冬物語』延長して営業

2022.01.12

本格的なウィンターシーズンが到来し、十和田湖休屋では、白銀の冬景色となり幻想的なイルミネーションをお楽しみいただけるようになりました。
FeStALuCeイルミネーション会場近くの「多目的広場」 にて三味線演奏、フードコーナーが登場!青森らしい三味線の音色に耳を傾けたり、 話題の韓国チキンや、ホットチョコバナナドリンクをご賞味下さい。フィナーレには約5分間の花火ショーが開催されます。

『十和田湖フェスタ・ルーチェ』を盛り上げる冬花火ショー

期間: 1月16日(日)~2月20日(日)までの日曜日
時間: ・19:00~津軽三味線生演奏
・19:30~冬花火ショー(約5分間)

土曜日・祝日は予定通り(20:00~津軽三味線の生演奏、20:30~冬花火ショー)となります。
詳しくは、公式ホームページをご覧ください。
>「カミのすむ山 十和田湖 FeStA LuCe 2021-2022」公式サイト

フードコーナー

【チェイルチキン】
話題の韓国フライドチキンが上陸!新鮮な国産若鳥を使用したジューシーでクリスピーな食感は、手が止まらない美味しさです!

営業日: 土日祝日(冬花火開催日限定)
時間: 17:00〜21:00
場所: 十和田湖畔休屋多目的広場

【サンキューバナナ】
京都で大人気のバナナジュース専門店から、冬限定のホットチョコバナナと十和田の名産 長芋のポタージュが登場します!

営業日: 土日祝日(冬花火開催日限定)
時間: 17:00〜21:00
場所: 十和田湖畔休屋多目的広場

カミのすむ山 十和田湖 FeStA LuCe 2021-2022『第2章光の冬物語』

十和田湖フェスタ・ルーチェ『第2章光の冬物語』見どころは、十和田湖に伝わる「十和田湖伝説」の世界をモチーフにした6つの光の演出です。
イルミネーション、レーザー、ライトアップ、プロジェクションマッピングなど、森に溶け込んだ光と音楽で、会場となる十和田神社周辺を彩ります。

期間: 第2章光の冬物語
令和3年12月4日(土)~令和4年2月20日(日)《毎日開催》
時間: 17:30– 21:00(最終受付20:30)
花火の日は、21:30まで(最終受付21:00)
会場: 十和田神社(〒034-0301 青森県十和田市大字奥瀬十和田湖畔休屋486)
入場料: ・前売券 1,200円
・当日券 1,600円
・パスポート 3,000円
※小学生・未就学児のご入場は無料となります。
※パスポートはオンラインでのみ販売。イベント期間中は何回でも入場可能です。

>カミのすむ山十和田湖FeStA LuCe公式HP

新着

新着

注目の記事

東京都

伝統

芸術

文化

「小松美羽展 岡本太郎に挑むー霊性とマンダラ」開催/岡本太郎との調和により生まれた”奇跡”のライブペイント

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

イベント

軽井沢在住香港人デザイナー AB Concept (エービーコンセプト) 南アルプスから着想を得た空間デザインForest of Reflectionを発表

ミラノ (2022年6月) —軽井沢在住のふたりの香港人エド・ウンとテレンス・ウガンにより、1999年に創業したインテリアデザイン事務所AB Conceptが、壁紙ブランドCalico Wallpaper(アメリカ)とコンテンポラリーなガラス製品をデザインするNUDE(トルコ)とパートナーシップを組み、今年のミラノデザインウィークに参加しています。会場ではAB ConceptがCalicoと提携して作り上げた森林を壁一面に感じることのできる壁紙、Tableau(タブロー)の発売を記念して、南アルプスの森をイメージした空間デザイン、Forest of Reflection(フォレスト・オブ・リフレクション)を発表いたします。

愛知県

着物

伝統

観光

江戸時代城下町の面影を残す「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」を一旗がプロデュース

2021年12月6日(月)から19日(日)まで開催されれいた「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」の様子を納めた動画が公開されました。華麗な花々とデジタルアートが融合した幻想的な空間をお楽しみください。

京都府

観光

おとなの好奇心と遊び心を刺激する空間が誕生【プリンス スマート イン 京都三条】

京都観光はもちろんビジネスにも利便性の良い場所に建つ「プリンス スマート イン 京都三条」。現代の町家をイメージし、京町家の特徴とも言える格子戸、出格子などを組み合わせて構成されたファサードは決して華美ではないが、美しいリズムや動きを感じる洗練されたデザイン。京都滞在への期待感を喚起する要素の一つとなっています。

ピックアップ

ピックアップ