石川県金沢市、ゆかりの高質な伝統工芸を紹介する『金澤しつらえ』がひがし茶屋街にリニューアルオープン!200年の歴史を持つ茶屋建築を改装

2020.08.03

株式会社箔一では、2020年7月23日(木)にひがし茶屋街(金沢市東山)に『金澤しつらえ』を、リニューアルオープンしました。今年は、ひがし茶屋街が公許・形成された文政3年(1820年)から数えて、ちょうど200年となります。この節目の年に、脈々と受け継がれてきた貴重な茶屋建築をよみがえらせ、次の200年に向け、世代を超えて受け継いでいってほしいという願いを込めて、この度のリニューアルの運びとなりました。

【『金澤しつらえ』について】

藩政時代の街並みを今に伝える「ひがし茶屋街」。『金澤しつらえ』は、その入口の広見に位置します。茶屋街のシンボルでもある「見返り柳」を正面に臨む美しい茶屋建築です。

ひがし茶屋街が形成された約200年前に由来を持つ建物で、金沢市指定保存建造物にもなっています。今回の改装では、この地域の財産ともいえる建物を次世代に残すため、耐震構造等を大幅に強化するとともに、内装も一新し、石川県ゆかりの高質な伝統工芸を広く紹介する新しいスタイルの施設としてリニューアルオープンすることとなりました。

【改修について】

改修にあたっては、茶屋の建築文化を継承するとともに、お客様の利便性を考慮し、フロアをフラットにしてお靴のまま見ていただけるようにしました。また、壁を一部取り外し、見通しのよい広々とした空間となりました。さらに、200年の歴史を大切にし、各年代の改修工事の名残を尊重しました。

例えば、かつて別の場所に使われていた欅一枚板をカウンターに再利用したり、土間の2階部分の床材を1階のフローリングに利用するなど、それぞれの部材も大切に受け継いでいます。

2階部分は広々としたカフェとしました。特注のカーペットは、かつて行われていた浅野川の花火をイメージし、華やかながら落ち着いた和の雰囲気となっています。

【1階ギャラリー・ショップについて】

『金澤しつらえ』は、石川県ゆかりの伝統工芸を扱ってきた箔一のフラッグシップとして、地域の代表的な高質工芸品を日本全国、さらには世界へ向けて発信するギャラリー・ショップです。

ショーケースに入れない美術館といったスタイルで、重要無形文化財保持者(人間国宝)や文化勲章受章者、伝統工芸士をはじめとする選りすぐりの作家様の作品を展示し、そのオーラをじかに感じていただくことができます。また、季節にあわせた企画展示なども予定しています。

〇主な取扱い/九谷焼、加賀友禅、山中漆器、金沢箔、金沢漆器、加賀象嵌、大樋焼、加賀繍、ほか

【2階やなぎ庵について】

2階のスペースにはゆったりとくつろげる茶房を設けました。ここからは、茶屋街を見渡す心地よい景色を楽しめます。かつての接待場所にもなっていた座敷から、往時の茶屋遊びに興じた人々と同じ景色を楽しむことができます。

メニューは、伝統工芸品の茶碗で楽しむお抹茶と金沢の和菓子のセットのほか、季節のフルーツをふんだんに使ったパフェなど、多彩なメニューを取り揃えています。

【取扱い作家様一覧(あいうえお順、敬称略)】

浅蔵五十吉、魚住為楽、魚住安信、打田幸生、大樋長左衛門、大樋陶冶斎、葛西美和、御前智子、木村貴子、“Classic Ko(漆工芸大下香仙工房)”、柴田博、高明、田中瑛子、寺嶋絵里子、中川衛、仲田錦玉、架谷庸子、針谷絹代、針谷祐之、伴征二、福田良則、堀川十喜、毎田健治、毎田仁嗣、三浦晃禎、宮越仁美、美山富、宮吉由美子、山口義博、山田登陽志、山中國盛、山本篤、山本長左、横山佐知子、吉田るみこ、吉田幸央、吉田美統、ほか

【金沢市指定保存建造物『旧諸江屋』について】

『金澤しつらえ』の建物は、およそ200年の歴史を持っています。ひがし茶屋街が公許・形成された文政3年(1820年)に2棟の茶屋として建てられ、のちに改築され一体化し「諸江屋」の屋号となりました。

往時は、茶屋街でもトップクラスの人気を誇る一軒だったといわれています。あでやかな弁柄塗りと木虫籠(きむすこ)の外観は、代表的な茶屋建築の様式美を今に伝えています。

「遊郭金澤東新地/上等貸座敷御料理諸江屋」(『石川県下商工便覧』(十月社))より。
諸江屋時代の外観。明治21年(1888年)ごろの様子とされています。右手に見える中庭など、現在と変わらない姿を確認できます。

【株式会社箔一の町家の保存・復元について】

株式会社箔一では、ひがし茶屋街エリアにて、町家の保存・復元を行っています。地域の大きな魅力でもある歴史的な街並みを守るために、建物の保存とともに、様々な資料や文献をもとに、藩政期の茶屋建築の復元を行ってきました。今後も、行政や地域の皆様と協力しながら景観の保存・復元に力を入れていきます。

<これまでの取り組み>
・2010年 『かなざわ 美かざり あさの』 一般的な住宅を改装し、茶屋建築を復元
・2011年 『箔一東山店』 旧銭湯「東湯」の外観を守りつつ、補強・改築
・2019年 あぶらとり紙専門店『うつくしや』 一般的な住宅を改装し、茶屋建築を復元
・2020年 金箔化粧品専門店『KINKA』 一般的な住宅を改装し、茶屋建築を復元

【金澤しつらえ】

住所: 〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目13-24
電話番号: 076-251-8899
営業時間: 10:00~18:00(※「茶房 やなぎ庵」の営業は17:00まで)
定休日: 第3水曜日、1月1日(7月・8月は無休)

>ホームページ

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

イベント

京都の老舗旅館が新婚夫婦と学生向けに限定特別プランを企画! 「国内ハネムーンプラン」「小さな修学旅行プラン」予約受付開始

株式会社北海舘が運営する、京の宿 北海舘 お花坊は、2020年9月15日に、新型コロナウイルスの影響を受けた新郎新婦・修学旅行が中止になった学生を対象とした期間限定特別企画「国内ハネムーンプラン」「小さな修学旅行プラン」の予約受付を開始しました。
新型コロナウイルスの影響で挙式や披露宴の予定が立てられない、中止になってしまった方を“笑顔にしたい”との思いで、京都の老舗企業が業種を超えて協力し、幸せな時間を過ごすお手伝いを精一杯させていただきます。

埼玉県

観光

ちちぶへおでかけキャンペーン 第3弾  ながとろの「山と川」どっちも割  ~当日発売!おトクに川下りもロープウェイも楽しもう~

秩父鉄道株式会社と宝登興業株式会社では、秋の連休や紅葉時期に秩父路をお得に楽しめる「ちちぶへおでかけキャンペーン~ながとろの「山と川」どっちも割~」を実施します。当キャンペーンでは、「長瀞ラインくだり乗船券 1枚(AまたはBコース)」と「宝登山ロープウェイ往復乗車券 1枚」を当日に同時購入すると通常料金よりお安くお買い求めいただけます。また、宝登山小動物公園と宝登山ロープウェイでは、土休日にお子さまを無料招待とするキャンペーンも実施します。詳細は下記のとおりです。

青森県

観光

【奥入瀬渓流ホテル】紅葉の聖地、奥入瀬渓流で360度の絶景を楽しむ「紅葉プレミアムオープンバスツアー」実施|期間:2020年10月18日~31日

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2020年10月18日~31日の期間、「紅葉プレミアムオープンバスツアー」を実施します。 例年10月中旬から11月上旬にかけて、紅葉はピークを迎え、約70万人(*1)が奥入瀬渓流とその周辺を訪れます。そんな賑わいを増す時期ですが、早朝に行う当ツアーは、昼間とはまったく違った静けさや澄んだ空気を感じながら、これまでとは違った新たな目線で紅葉を楽しむことができます。

また、オープンエアの2階建てバスで渓流沿いを走行するため、大自然の中を走り抜ける爽快感や、360度の絶景を存分に楽しめ、バスに乗っているだけで、国立公園の豊かな自然を満喫できるのも特徴です。東京で、2階建てオープントップバスツアー「スカイバス東京」を展開する、日の丸自動車興業株式会社と提携し、当ツアーが実現しました。紅葉を満喫できる渓流沿いを運行するバスツアーは、日本初です。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.28 金谷宿~日坂宿 見よ、これが静岡の本気の茶畑だ!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は金谷から西へ。静岡のお茶畑の景観が一番いい季節に、日本一の茶どころ、牧之原台地を越えて、掛川方面に向かったところ、とんでもない絶景に出会ってしまいました。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.26 藤枝宿~島田宿 とと姉ちゃんの蓬莱橋と、とろろ汁ふたたび

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回はゴールデンウィークの家族旅行の際に東海道ふらっと完歩をしたお話。ま、家族旅行とは言ったものの家族は一緒に歩いてくれなかったので、僕がひとりでちょっと抜け出して歩いていただけですが。

ピックアップ

ピックアップ