長野県

観光

【星のや軽井沢】冬の軽井沢で過ごすラグジュアリーな温泉滞在を提案

2020.10.25

長野県・軽井沢の滞在型リゾート「星のや軽井沢」では、自然豊かな軽井沢で過ごす冬の滞在を提案します。身体をあたためる源泉かけ流しの温泉や、信州の食文化と旬の食材を堪能できる食事、冬の寒さを楽しむアクティビティを通して心と身体が喜ぶ癒しのひとときを提供します。

温泉で心と身体をあたためる

星のや軽井沢には、創業当初から守り継ぐ星野温泉を引いた源泉かけ流しの温泉施設、「トンボの湯」と「メディテイションバス」があります。朝は、トンボの湯の露天風呂で身体を目覚めさせ、夜はメディテイションバスで心身の緊張をほぐすなど、時間や目的に合わせて選べます。

星野温泉 トンボの湯

香り高い檜の内湯、露天風呂やサウナ、冬の冷たい空気の中で外気浴ができるスペースがあります。雪の降る日には白銀の世界が一面に広がり、鳥のさえずりや川のせせらぎ、風の音だけが聞こえる中で雪見風呂を満喫できます。

また、日帰り温泉として営業していますが、朝は宿泊者専用の時間を設けています。混雑を気にせず、朝日が降りそそぐ温泉でスッキリと目覚めることができます。

メディテイションバス

光と闇を行き来する独自の入浴法「瞑想入浴」を体験できる、星のや軽井沢宿泊者専用の施設です。一晩中利用でき、約 39 度~40 度とぬるめの泉温です。

40度前後の温度は、自律神経系の副交感神経を優位にしてリラックスモードへと導き、良い眠りへと誘います。冷えた身体を温めるだけでなく、ストレスによる睡眠などの不調の改善が期待できます。

冬の滋味を存分に味わう

「山の懐石」より先付
「山の朝食」
日本料理嘉助の席から冬の棚田を眺める

信州の食文化と日本料理の技法を掛け合わせた、繊細かつ野趣溢れる料理を宿泊者専用のメインダイニング 日本料理「嘉助」やインルームダイニングにて提供します。落ち着いた雰囲気の中、ゆっくりと旬の味覚を味わえます。

また、信州では保存食や発酵食を冬に仕込む文化が受け継がれてきました。新型コロナによる影響でこれまで以上に免疫力に対する意識が高まっている今、発酵食材や季節の野菜を使った健康的な料理を食べて、身体の内側から元気になっていただきたいと考えています。

自然の中で過ごす

客室リビング・テラスから景観を楽しむ
ヴィラ仕様の分棟型客室
一面雪に覆われた棚田

約1万2千坪の広大な敷地を持つ星のや軽井沢は、美しい風景を保つために地形に沿ってつくられています。庭の樹木は、自生していたものに極力手を加えていない、そのままの姿です。客室はヴィラ仕様の分棟型でプライベート感たっぷり。室内から自然を感じられるような設計になっており、広々としたソファや部屋のお風呂からも冬の景色を楽しめます。また、温泉排熱などの自然エネルギーを利用した床暖房を備えているので、冬の寒い時期にも暖かくして過ごせます。

>星のリゾートの取り組み

冬だからこそ楽しめるプログラム

冬の軽井沢は晴天率が高く、氷点下まで下がる気温が澄んだ空気や樹氷や霜柱などの美しい自然美を作りだします。その特性を活かした冬限定のアクティビティです。部屋に籠りがちな日常から脱し、外に出て冬の寒さを楽しんでみてはいかがでしょうか。

1 ゆっくりと大きく呼吸

星のや軽井沢の敷地内にある「茶屋」を貸し切りにし行う、腹式呼吸法を取り入れたストレッチです。冬の朝の凛とした寒さの中、清涼な空気を吸い込み呼吸のリズムを整えます。

開催日: 毎日
時間: 08:30~09:00/09:15~09:45
定員: 1日2組 *1組4名まで
料金: 無料
予約: 公式サイトまたはフロントにて要予約(前日19時まで)

2 天然氷のスケートリンク

ケラ池スケートリンク

軽井沢野鳥の森の入り口にある「ケラ池」では、秋から冬にかけてスケートを楽しめます。冷え込みが厳しくなると、冷却装置を使わず冬の寒さだけで凍らせる天然氷のエリアもオープンします。

軽井沢において、天然氷の上でスケートができるのは本リンクだけです。スケートが初めての方でも安全に滑ることができるサポートアイテムを用意しているため、気軽に体験を楽しめます。

開催日: 2020年11月15日~2021年3月31日予定
時間: 10:00~16:00
料金: 大人(中学生以上)1,900円
予約: 不要

3 冬のオーダーメイドツアー

雪の森トレッキング

自然保護活動を行う「ピッキオ」主催のガイドツアーです。青空と雪の輝きで明るい森の中で行う、バードウォッチングやトレッキング、月明かりの下森の中を歩く「月光ハイキング」など、好みの時間や内容に合わせてスタッフがアレンジします。1組限定のプライベートツアーです。

期間: 2020年12月1日~2021年3月31日予定
予約: 公式サイトまたはフロントにて要予約(2週間前まで)
備考: 時間、料金は内容によって異なります。
(例)「雪の森トレッキング」…約3時間、16,000円/1名

星のやブランド コンセプトムービー

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)

>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星のや軽井沢
現代を休む日、谷の集落に滞在する。離れの客室は水辺を囲み、部屋のテラスからは季節のうつろいが感じられます。「軽井沢野鳥の森」に面した豊かな自然環境にて、休息の時間を満喫できる滞在型リゾートです。
>星のや軽井沢

新着

新着

注目の記事

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.38 岡崎宿~御油宿後編 旅人留女とか裏マッサージの妖しい夜

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は岡崎に泊まって、三河の東海道を歩いた時の2日目後編。午前中のウラ岡崎城とか、かいちゃんのいるホテルに続き、妄想を掻き立てるような妖しい事象が連発するこの区間、どうなってるんや三河!

高知県

観光

イベント

高知県四万十町にて完全地産地消で夜間早朝に楽しめるサウナ&マルシェイベント「四万十川アウトドアサウナ」が2ヶ月間の週末限定で誕生

高知県四万十町の四万十川流域エリアに冬の夜に星雲を眺めながら体験できる四万十ヒノキで作ったアウトドアサウナと早朝にマルシェを楽しめる完全地産地消プロジェクト「四万十川アウトドアサウナ」を四万十町の全面的なサポートのもと、2020年12月4日(金)より2ヶ月間、金・土・日の週末限定で展開することをお知らせいたします。

--

食べ物

老舗名店のグルメのほか“おうちごはん”で楽しめる贅沢惣菜、個食グルメに注目「2020年 小田急のお歳暮」

小田急百貨店では、ECサイト「小田急百貨店オンラインショッピング」で10月20日(火)から、新宿店では11月5日(木)からお歳暮ギフトセンターを開設します。例年人気の全国から選りすぐりの名店・レストランのプレミアムな一品のほか、“おうちごはん”需要で注目高まる、本格的な味を手軽な調理で食べられる贅沢惣菜や個食グルメを取り揃えます。

兵庫県

観光

神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」間もなく見ごろに。神戸布引ハーブ園では約500本のモミジ、約100本のヤマザクラなど、秋に色づく六甲の山並みがお楽しみいただけます。

港町神⼾の街並みが⼀望できる観光施設『神⼾布引ハーブ園/ロープウェイ』は、まもなく紅葉が見ごろを迎えます。ロープウェイからの六甲の山並み、約4hに広がる広大なガーデンの中を散策しながら、神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」をお楽しみいただけます。

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】 Vol.36 岡崎宿~池鯉鮒宿 岡崎城『グレート家康公「葵」武将隊』

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回は岡崎に泊まって、前後の東海道を歩いた時の話。まずは岡崎から西に向かって池鯉鮒(ちりゅう)宿に行き、翌日は岡崎から東の豊橋方面に向かうという変則的な日程でした。この日の主役は岡崎城の「GREAT YEAH康!」だったかな。

ピックアップ

ピックアップ