北海道

観光

氷霧や雪山を鑑賞 北海道冬の絶景を「星野リゾート トマム」で

2021.11.12

北海道最大級の滞在型スノーリゾート「星野リゾート トマム」では、氷霧や雪山の絶景がお楽しみいただける期間に「霧氷(むひょう)テラス」を営業します。カフェでドリンクの提供やライトアップも予定されています。

霧氷テラスとは

霧氷テラスは、トマム山の標高1,088メートルに位置し、木々に付着する霧氷が作り出す絶景を観賞できるテラスです。2017年より開始した夜の霧氷ライトアップでは、光に照らされ浮かび上がる白い霧氷の木々が、日中とは違った幻想的な景色を見せてくれます。

霧氷が広がる雪山の絶景をリニューアルした展望デッキから堪能

空気が澄んで晴れた日の青い空と霧氷が広がる真っ白な雪山は、寒い地域ならではの絶景です。2021年8月4日にリニューアルした展望デッキは、雪山にせり出す構造になっているので間近で霧氷を見ることができます。

気温が低い朝には、きらきらと輝くダイヤモンドダストが見られることもあり、より一層霧氷の絶景を堪能できます。当テラスの霧氷の発生確率は約70%(*1)とシーズンを通して高い確率で鑑賞することができます。

*1 霧氷テラスでの霧氷発生率の平均(2020/21年度当リゾート調べ)

霧氷をイメージした新スイーツの霧氷チョコレートを提供【New】

雲Cafeでは、霧氷の木々をイメージしたチョコレートを提供します。小枝型のチョコレートに、ココナッツとアラザンをあしらい、霧氷のきらめきを表現したチョコレートです。中にはトマム牛乳(*2)で作ったミルクジャムを使用しています。

*2 当リゾートのファームエリアにて飼育している牛から搾った牛乳

>RAMS CHOCOLATE

夜の霧氷ライトアップ

期間限定で、展望デッキとバーカウンターをイメージした展望スポット「Cloud Bar(クラウド バー)」周辺の木々をライトアップします。霧氷が光に照らされて、白く木々全体が浮かび上がる光景は、夜にしか見られない絶景です。

日中とは違った霧氷の美しさを堪能できます。展望デッキでは、眼下に広がるライトアップされた霧氷の幻想的な景色を楽しむことができます。

「霧氷テラス」概要

期間: 2021年12月1日~2022年3月31日
料金: ゴンドラ往復料金 大人2,200円、小学生1,300円(いずれも税込)
*ザ・タワー、リゾナーレトマム宿泊客は無料
霧氷チョコレート 1,000円(税込・数量限定)
時間: 【2021年12月1日~25日】
9:00~15:00(ゴンドラ山麓駅舎最終乗車)、15:30(ゴンドラ山頂駅舎最終乗車)
雲Cafe 15:00(ラストオーダー)
【2021年12月26日~2022年3月31日】
9:00~15:30 (ゴンドラ山麓駅舎最終乗車)、16:00(ゴンドラ山頂駅舎最終乗車)
雲Cafe 15:30(ラストオーダー)
対象: 宿泊、日帰り客共に利用可
備考: 気象条件により霧氷が発生しない、または営業を中止する場合があります。

<霧氷ライトアップ>

期間: 2021年12月1日~25日
時間: 16:30~18:00(ゴンドラ山麓駅舎最終乗車)、18:30(ゴンドラ山頂駅舎最終乗車)
雲Cafe 18:30(ラストオーダー)

<最高水準のコロナ対策宣言>

>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ