青森県

観光

秘境・青森であなたにしかない体験を! DENEB(デネブ)が提案する完全オーダーメイドの旅

2020.11.12

まだ知り得ぬ、こだわりの旅を丁寧にあつらえ、記憶に残る物語をつづるご提案をするDENEB(デネブ)株式会社は、知られざる秘境が多く魅力溢れる青森県・十和田を舞台に、あなただけの体験の旅をご要望に応じてオーダーメイドいたします。
乗馬で行く秘密のプライベートロッジ体験や、十和田湖プライベートボートクルーズ、星浴と闇歩きなど、多種多彩なアクティビティーの中からお好みのものをお選びいただける特別な旅のプランを2020年11月1日に提供開始いたしました。

■乗馬で行く秘密のプライベートロッジ

自然豊かな環境で調教された馬と、経験豊富な指導員の引率で、高原と森の自然の中で安全に楽しめる乗馬体験。通常初心者にはハードルが高く、引き馬や柵の中での体験に限定されることがほとんどですが、本アクティビティーでは、30分程度の訓練で駆け足ができる程度に馬を乗りこなす技法を教えてもらうことができます。

またご希望の方には、原生林の中にひっそりと佇む洗練されたプライベートロッジまで乗馬でご案内。小さなお子様をご同行の場合は、別でプライベートロッジまで車でのご案内も可能です。到着後は、ロッジでランチを楽しんだり、お子様でも安心のポニー乗馬を体験したりするなど、特別な時間をご提案します。

■十和田湖特別保護地区へのプライベートボートクルーズ

約20万年前に始まった火山活動で形成されたカルデラ湖で、日本第3位の水深で有名な湖「十和田湖」。その雄大な自然と美しい青い水は、四季によりその姿を変え人々を魅了しています。また、近くにある十和田神社や龍神伝説などは、パワースポットとしても注目を集めています。

そんな十和田湖の名所・絶景ポイントおよび、ボートでしかアクセスができない、とっておきのパワースポットを、プライベートスピードボートで爽快に巡るクルーズ体験です。

パワースポットには、「占場」(十和田神社で「おより紙」をお受けして、願い事をしながら占場で湖に浮かべ、引き込まれるように沈めば願いが叶うと言われています)や、不思議な洞窟「御室」が含まれています。神秘的な十和田湖を体感してください。

■その他アクティビティ

*大自然の中でふりそそぐ星を浴び、眠っていた感性をよび戻す星浴と闇歩き
*シェフ川口が医師、漢方医、管理栄養士の監修のもと考案した、疲れを癒し明日への活力へつながるフレンチコースのスペシャルディナー体験
*知る人ぞ知るふかふかのパウダースノーのスキーやスノーボード、バックカントリー
*蔦沼スノーシュー散策
*山を知り尽くしたガイドと共にプライベートWinter Sports体験
*奥入瀬渓流沿いの氷瀑・八甲田山樹氷ツアー
*ご希望のレベルに合わせたトレッキング
*足元から源泉が湧き出る、1,000年以上前から秘湯として愛されてきたやさしい湯の蔦温泉
*森で目覚める朝・蔦沼ウォーキング&ストレッチ・ヨガ
*あたり一面の鮮やかな紅葉の中での乗馬
など多彩なアクティビティーをご用意しています。

>お申し込みはこちらから

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ