東京都

着物

観光

【星のや東京】着心地の良い着物をまとい素のままの2人でまったり記念日を過ごす 都内の温泉旅館で「24時間滞在」プラン販売開始

2021.02.24

日本旅館「星のや東京」は、最大24時間滞在可能な期間限定の新プランの販売を開始します。このプランは、ドレスダウンして素のままで過ごすまったり記念日滞在におすすめです。星のや東京は、館内に宿泊者しか入ることができず、宿泊階のみ出入り可能というプライベートが保たれた空間で、2人の時間を大切に過ごしていただけます。ご到着後は、着心地の良いお揃いの着物(滞在着)に着替えて館内でのんびりと過ごし、夜はダイニングでコース料理「Nipponキュイジーヌ ~発酵~」を堪能できます。滞在着のまま人力車で江戸情緒が残る、神田や日本橋、人形町エリアを巡り、2人だけの思い出をつくることができます。

星のや東京は、館内は滞在客のみ、宿泊フロアのみ出入り可能というプライベートが保たれた構造を生かし、多数のお客様との接触機会を減らして、2人の時間を大切にした記念日を過ごしていただきたいと考えました。ホテルで記念日を過ごすというと、ドレスアップをして宿泊というイメージが強いです。しかし星のや東京は特別な日もいつもの2人のようにリラックスして過ごしてほしいという思いから、ドレスダウンをし、まったりと過ごす記念日を提案します。

株式会社ネクストレベルが運営する『縁結び大学』の「恋人との過ごし方の変化」に関する調査によると、コロナにより約半数が恋人と会う機会が減ったという結果が出ており、できるだけ長く一緒に過ごせるよう、まったり記念日滞在におすすめな最大24時間滞在可能な新プランの販売を開始することにしました。

24時間滞在プランについて

大切なパートナーとゆっくり過ごしてほしいという思いから、ダブルベッドを設えた客室「百合」を対象に、期間限定のアーリーチェックイン、レイトチェックアウトが付いたプランを販売開始します。通常15時チェックイン、12時チェックアウトですが、限定プランでは14時チェックイン、14時チェックアウトで、1泊で最大24時間滞在が可能です。

過ごし方のアレンジは自由自在で、まったり記念日滞在におすすめです。チェックイン時に記念日利用と申告のあるお客様には、他のお客様が到着する前の静かな時間に、客室やお茶の間ラウンジで2人の特別な日をお祝いできる、心ばかりのプレゼントもご用意します。

畳敷きの館内と客室、お茶の間ラウンジ

館内は畳敷きで、玄関で履物を預けたあとは、裸足で過ごしていただきます。各階は6室のみ、宿泊階のみ出入り可能です。24時間滞在プラン専用の客室「百合」は、46~49㎡で、快適に寛げる広さです。

各階の中央には客室から畳続きのお茶の間ラウンジがあり、お茶やお茶菓子を楽しめます。フロア全体でプライベート感があるため、お茶の間ラウンジでも自宅にいるようなリラックスした感覚を自然と味わえることが飾らない2人でいられるポイントです。

着心地の良いお揃いの着物(滞在着)

部屋に到着した後は、滞在着に着替えてドレスダウンするのがおすすめです。お揃いの滞在着で館内も、ちょっとした外出も、おしゃれに快適に楽しめます。染色作家・斉藤上太郎氏のデザインによる動きやすい素材を使用した滞在着は、とても柔らかい肌触りが特徴、着脱も簡単な新しい着物です。外出時には滞在着に合う、歩きやすい草履もご用意しています。

ゆるりお江戸巡りデート

館内で寛いだ後は、お揃いの滞在着でお江戸巡りデートがおすすめです。星のや東京では、江戸情緒を現代に残す神田・日本橋・人形町エリアにある名所や銘店を知り尽くした「お江戸マイスター」が独自の楽しみ方を提案します。星のや東京の玄関から人力車に乗って、普段とは違う目線の高さで東京の街を巡ることができます。

食事や買い物、観光など2人のご要望に合わせたデートコースを提案し、思い出づくりをサポートします。

半個室での食事

特別な日の食事はダイニングで提供しているコース料理「Nipponキュイジーヌ ~発酵~」がおすすめです。世界的コンクールでも評価された正確な技法を用い、調味料ひとつひとつまで厳選された、フレンチの技法と日本の食材を融合した新たなコース料理を提供します。ダイニングは宿泊者限定で、半個室でゆっくりと2人の時間を過ごすことができます。

ドレスコードはなく、お江戸巡りデート後そのまま滞在着でも利用できるため、肩ひじ張らずに特別な料理を楽しめることも魅力です。お祝いに合わせてケーキや花束の手配も可能です(有料、要予約)。

滞在スケジュール例

<1日目>
14:00 チェックイン
他のお客様が到着する前の静かな時間に2人でお祝い
15:00 滞在着でお江戸巡りデート
18:00 夕食「Nipponキュイジーヌ ~発酵~」を楽しむ
21:00 最上階の大手町温泉に浸かる
<2日目>
10:00 遅めの起床
12:00 お江戸マイスター厳選、日本橋「蛇(じゃ)の市本店」の寿司の折詰を客室で楽しむ
14:00 チェックアウト

「24時間滞在」プラン 概要

期間: 2021年2月1日~9月30日チェックインまで
料金: 1泊39,270円~(2名1室1名あたり、税・サービス料10%別)
含まれるもの: 宿泊(百合)、アーリーイン、レイトアウト
備考: お食事、花束、ケーキ、アクティビティなどご希望の場合は別料金

>予約はこちら

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星のや東京では、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコール、加湿器を設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応
・「CO2(二酸化炭素)濃度測定器」を設置し、パブリックスペースを定期的に換気(基準:*800ppm以下)
*厚生労働省が換気が十分行われているとする基準1000ppm以下に設定
・自然換気、機械換気など、建物の設計にあわせた換気の徹底
お茶の間ラウンジ:約6回/h (約11倍)、客室:約1.7回/h (約3倍)
*建築基準法上「換気回数0.5回/h」と設定

>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星のや東京
「塔の日本旅館」をコンセプトに2016年7月に開業。玄関で靴を脱ぎ、畳敷きの伝統的な和室や各階のお茶の間ラウンジ、最上階に温泉を備える星のや初の都市型旅館。
東京都千代田区大手町一丁目9番1/客室数84室
>星のや東京

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ