東京都

観光

花と宇宙の庭園を加えてリニューアル チームラボプラネッツ

2021.07.05

超巨大な4つの作品空間と2つの庭園など、計9作品による「水に入るミュージアムと花と一体化する庭園 」。開業3周年を迎える、東京・豊洲の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」が、7月2日(金)から拡張され、Garden Area(2つの庭園作品)が新たに誕生しました。

Floating Flower Garden: 花と我と同根、庭と我と一体

空中に咲く花々は、ラン科の着生ランです。ラン科の植物は着生植物となるものが非常に多く、着生ランは土のない場所で生き、空気中から水分を吸収する。この作品の花々は、空中で生きており、日々成長しつぼみはやがて咲いていきます。

呼応する小宇宙の苔庭 - 固形化された光の色,

日の出と共に、ovoid(卵形体)は、周りの世界を映しはじめます。日の入りと共に、ovoidは、自ら光り輝き出します。

人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング

The Infinite Crystal Universe

Floating in the Falling Universe of Flowers

意思を持ち変容する空間、広がる立体的存在 - 平面化する3色と曖昧な9色、自由浮遊

※上記の超巨大な4つの作品空間を含め、チームラボプラネッツは、計9作品による「水に入るミュージアムと花と一体化する庭園 」です。

チームラボプラネッツ TOKYO DMM

会期: 2018年7月7日 – 2022年末
所在地: 東京都江東区豊洲6-1-16 teamLab Planets TOKYO
開館時間: 6月:平日:10:00 – 18:00 、土日:9:00 – 19:00
*最終入場は閉館の30分前7月:平日:10:00 – 20:00、土日:9:00 – 20:00
(7月22日〜7月31日は9:00 – 20:00)
*最終入場は閉館の1時間前
休館日: 7月1日(木)、7月20日(火)
料金: 大人(18歳以上) 3,200円
大学生・専門学生 2,500円
中学生・高校生 2,000円
小人(4歳 – 12歳) 300円
3歳以下 無料
シニア(65歳以上) 2,400円
障がい者割引 1,600円

>チケットストアはこちら

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

【鈴木敏夫とジブリ展】ここにくれば、ジブリがもう一度見たくなる 京都と東京で開催

高畑勲、宮﨑駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫。幼少の頃から現在に至るまでの足跡を、8,800冊の書籍や映画と共に振り返ります。書籍から紐解く、スタジオジブリ誕生のひみつを2022年4月23日(土)から京都文化博物館にてのぞいてみてください。

ピックアップ

ピックアップ