大分県

観光

地域の魅力を発信し、宿泊者が自由にゆったりと過ごせる宿「別府ホテル塒(ねぐら)」

2021.07.30

温泉街として知られる別府市には個性的かつ歴史的な立ち寄り湯が数多く存在します。また、別府のご当地グルメはもちろんのこと、近年レベルの高い特色のあるレストランも増えてきています。「別府ホテル塒(ねぐら)」はに宿泊に特化したホテルで、長期滞在にも対応でき簡素でありながら居心地の良さと居住のデザインへのこだわりが特徴です。

別府ホテル塒(ねぐら)

スタンダードツインルーム

このホテルには何もありません。
別府では旅行者の多くが温泉やお食事を滞在する宿で楽しみます。でも、別府ホテル塒(ねぐら)には温泉も、レストランもありません。

そのヒントは近年イタリアで進む、ある「宿の考え方」にありました。
イタリアでは、街全体をホテルの敷地と見立てて一連の体験を楽しむ、アルベルゴ・ディフーゾの考え方が大きく広がってきています。旅のメインが1つの宿で完結するのではなく、街に溢れる歴史や文化に積極的に触れることで、更に魅力的な体験となることに、多くの人が気づき始めていると言えます。

絶品グルメ、そして日本一の温泉数として知られる別府市で「おこもりステイ」はもったいない。別府ホテル塒(ねぐら)は、街全体をいわゆる「旅館」と見立て、その内の「宿泊」体験に特化しています。

BAR果(はて)

ただ、宿泊だけだとつまらない。
そこで、この塒には宿泊者はもちろん、一般利用も可能な「BAR果(はて)」を併設し、宿泊者と地域との接点が持てないか。ということを考えました。
地域の人と交流できる自由でアットホームな空間を用意することで、旅行者にとってより深い体験となることを願っています。

別府ホテル塒(ねぐら)

所在地: 大分県別府市火売765-5
TEL: 092-260-5435

>別府ホテル塒(ねぐら)公式サイト

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ