静岡県

観光

【加茂荘花⿃園】「オリジナル花菖蒲・アジサイ展」開催中

2022.05.09

毎年恒例となっている「オリジナル花菖蒲・アジサイ展」は、屋外にある約1ヘクタール広さを持つ圃場に600品種50万株の花菖蒲、また室内の展⽰温室には約300品種のアジサイを展⽰公開します。

今年の極早咲き花菖蒲は4月8日から開花が始まっています

早咲きは加茂荘オリジナル花菖蒲の素敵な特徴ですが、冬が寒く、温かな春が少し遅れた今年の一番花の開花は昨年より10日ほど遅れた4月8日でした。この調子で開花が進めば今年のゴールデンウィークには早咲き花菖蒲の満開が期待できます。そして、5月中旬からは地植えの花菖蒲が次々に花を咲かせます。

温室内アジサイの丘(アジサイヒルズ)も完成しました

加茂荘オリジナルアジサイを中心に、温室の真ん中にアジサイヒルズを展示しており、ヒルズから直接お好みのアジサイをえらんでご購入していただけます。

お茶処桑源亭(そうげんてい)も毎日オープン

お茶処桑源亭は三方を池に囲まれた味噌蔵跡に今年オープンしたばかりです。原田地区産の特選茶をブレンドした加茂荘オリジナル煎茶セットや、ヨモギ団子、氷菓おにぎり弁当などがお楽しみいただけます。

庄屋屋敷母屋二階では、ギャラリー綵(あや)で加茂文子展を開催しています。昭和の加茂荘を支えた加茂文子の花菖蒲のアクリル画をご覧ください。

「オリジナル花菖蒲・アジサイ展」概要

期間: 2022年4月23日(土)~6月26日(日)
時間: 8:00-17:00(受付16:30迄)
期間中は無休で営業してます
入場料: 2022年4月23日(土)~6月26日(日)
※花菖蒲・アジサイ展開催期間大人(中学生以上) 1,500円
小学生以下 無料
シルバー(65歳以上) 1,200円 年齢が分かる証明をご提示ください
障がい者 1,200円 障がい者手帳をご提示ください

>加茂荘花鳥園公式サイト

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

【鈴木敏夫とジブリ展】ここにくれば、ジブリがもう一度見たくなる 京都と東京で開催

高畑勲、宮﨑駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫。幼少の頃から現在に至るまでの足跡を、8,800冊の書籍や映画と共に振り返ります。書籍から紐解く、スタジオジブリ誕生のひみつを2022年4月23日(土)から京都文化博物館にてのぞいてみてください。

ピックアップ

ピックアップ