次世代アスレチック- SPACE ATHLETIC TONDEMI

BANDAI NAMCOがプロデュースした新しい室内遊び場―TONDEMIは、2017年幕張新都心にて登場してから、大好評により、より多くの大人や子供に楽しんでもらうため、東京平和島や三重県桑名にも次々にオープンした。雨の日でもいっぱい汗をかき、いっぱい運動を楽しめる場所である。

SPACE ATHLETIC TONDEMIの施設内に、主にスポーツエリア・キッズエリア・アミューズメントエリアに分けられている。また、スポーツエリアの中には、大人から子供まで楽しめるトランポリンエリア、クライミングウォールエリア、ロープアクティビティなどがあり、各店舗にもそれぞれ違う施設がある。

1. トランポリンエリア

最近話題になっているトランポリンは、健康によいスポーツだと言われている。全身が引き締まり、ジャンプすることによって、姿勢がよくなったり、老廃物の排泄にも効果があるといわれている健康に良い最新人気スポーツ。子供は、ジャンプによって足の筋肉を鍛えることができ、身長が伸びるのに効果があるともいわれている。また、単なるジャンプだけではなく、空中で体勢を変えて、いろいろな挑戦も楽しめる。そして、バスケットゾーンや、ドッジボールゾーンなどそれぞれの遊び方で体験できる。

2. クライミングエリア

スタッフに安全装置をしてもらい、説明を案内してもらった後、残りは自分の挑戦だ。難易度によって自分に一番相応しいコースを選び、最短時間でコール達成の快感、自分しかわからない。

3. ロープウォークエリア

クライミングの後、同じ装備でロープウォークを挑戦。地面から約3メートルの高さで張り巡らせたロープ上に前進し、コースクリアを目指します。スタッフがいるので、不安はいらない。

4. キッズエリア

主な施設は安全面の考慮によって、身長や体重の制限がある。小さいお子様にも楽しんでもらうため、キッズエリアを設置した。小さいお子様専用の遊び器具で幼稚園児でもスポーツの面白さを存分楽しめるエリアである。

5. アミューズメントエリア

ゲームなどの設置することで待つ時間にも退屈せず、入場するまで遊びながら、楽しみにしている。

◆SPACE ATHLETIC TONDEMI 利用方法

A) 会員登録制なので、初回は会員登録が必要。登録費用500円(専用靴下含み)キッズエリアを利用する場合、会員必要なし。
B) 混雑を防ぐため、入場時間を制限されている。営業開始から1時間ごと。最終入場時間は19時。WEB予約がおすすめ。
C) 入場後、遊び時間は2時間制限。主な施設の身長制限は110CM以上、体重20-120㎏まで。
D)利用料金:各店舗による料金や期間限定料金などが異なるので、各WEBを参照してください。
E) 店内にロッカーがある。動きやすい服装できてください。
F) 日本人スタッフのみ、施設の利用方法について、簡単な英語対応可。

SPACE ATHLETIC TONDEMI 幕張新都心

所在地: 千葉県千葉市美浜区豊砂1-5
イオンモール幕張新都心 ファミリーモール3F
電話: 043-307-8552
営業時間: 10:00~21:00(不定休)
アクセス: JR 京葉線「東京駅」より快速32分「海浜幕張駅」から路線バスが便利です。
JR 総武線・京成線「幕張本郷駅」、JR 京葉線「新習志野駅」からも路線バス運行中。

ホームページはこちら

SPACE ATHLETIC TONDEMI 平和島

所在地: 東京都大田区平和島1丁目1-1
電話: 03-6404-9935
営業時間: 10:00~21:00(不定休)
アクセス: 品川からJR京浜急行「大森」→ポートレース行き専用無料バスを乗り換え。
品川からJR京浜急行普通電車「大森海岸」、また「平和島」,駅まで徒歩10分。

ホームページはこちら

SPACE ATHLETIC TONDEMI 桑名

所在地: 三重県桑名市新西方1丁目22
イオンモール桑名3番街 2F
電話: 0594-87-5125
営業時間: 10:00~21:00(不定休)
アクセス: 名古屋方面から
近鉄名古屋線 桑名駅下車 (三交バスお乗換え)※名古屋から特急/約17分、急行/約21分。
JR関西本線 桑名駅下車 (三交バスお乗換え)※名古屋から快速/約20分。

ホームページはこちら

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ