<桜百景> 1000年の時を超え咲き続ける 三春滝桜 / 福島

2020.04.23

日本が誇る五大桜の一つとして知られる三春滝桜は樹齢1000年超とも言われ、国の天然記念物にも指定されています。

樹高12m、根周り11m、幹回り9.5m、枝張り東西22m・南北18mの巨大なベニシダレザクラ(紅枝垂桜)は、その花が流れる滝の様に咲き誇ることから、”滝桜”の名がつけられました。

東北の冬の厳しい寒さに耐え、1000年の時を超え春にその花を咲かせ続けてきた三春滝桜。その姿には圧倒的な生命力、そして独特のオーラすら感じられます。

1990年には「新日本名木100選」にも選ばれるなど、多くの人に愛され続けれきた三春滝桜。満開の時期は毎年4月中旬〜下旬頃。ぜひ一度は訪れたい桜百景ですね。

三春滝桜 - Photo Gallery -

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ