青森県

観光

青森屋 こたつで温まりながら花見酒を楽しめる「花見こたつ」実施

2021.02.01

青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」では、桜が見頃の2021年4月20日から5月9日まで、こたつで温まりながら花見酒を楽しめる「花見こたつ」を実施します。肌寒い青森の春、快適に花見ができるように桜の木の下にこたつを設置し、青森県内各地の10種類の地酒をふるまいます。こたつに入り、桜を間近で見ながら花見酒を楽しめます。

寒い冬を乗り越えた青森の人々は、待ち焦がれた春の訪れを満喫するため、花見に力を注ぎます。肌寒い青森の春でも花見を楽しめるように、青森屋では花見こたつを実施します。また、地酒や綿入りはんてん、湯たんぽも用意し、青森屋でしかできない花見を提案します。

花見を楽しむための3つのポイント

1 花の形をした花見専用のこたつ

桜の木々の下に、花の形をした色とりどりのこたつを設置します。このこたつは、大きな花びらが舞っているかのように見え、桜の景色をより一層引き立たせます。温まるだけでなく、目でも楽しめます。

2 10種類の地酒を飲み比べ

青森の地酒と酒器をお好みで選び、花見酒を楽しめます。青森県は、複雑な地形により各地で異なる気候と豊かな自然を持ちます。地域の風土を活かした原料と製造環境に各蔵の個性が加えられ、香りや味わいの異なる地酒が生まれます。地元で愛される地酒から10種類を厳選し、常温から熱燗まで飲み方も楽しめるようにふるまいます。酒器は青森の伝統工芸品である津軽びいどろ、津軽金山焼(つがるかなやまやき)、八戸焼(はちのへやき)を使用します。酒器の形や種類によって変わる香りの立ち方も楽しめます。

3 桜柄の綿入りはんてんと湯たんぽを貸出

こたつで足元を温め、さらに上半身も温かくなるように、桜柄の綿入りはんてんと湯たんぽを貸し出します。こたつに入り、はんてんを羽織り、湯たんぽを抱えると、全身温かく花見を楽しめます。

本アクテビティにおけるコロナ対策

・スタッフはマスクを着用します。また、健康・衛生管理を徹底します。
・アイテムは、適切に消毒したものを使用します。
・会場には、手指消毒用アルコールを設置します。
・検温によりお客さまの健康状態を把握します。

発熱等が認められた場合には、参加をお控えいただく場合があります。

「花見こたつ」

期間: 2021年4月20日~5月9日
対象: 宿泊者
料金: 無料
時間: 15:00~18:00
場所: 公園内
席数: 6台(1台2~4名まで)
備考: 雨天中止

<関連情報>

青森屋では、「花見こたつ」の他にも花見を楽しめる様々なコンテンツを実施します。

りんごと桜の花回廊

りんごの生産量が日本一である青森では、りんごの花は桜と同じように、春の訪れを告げる花として親しまれています。青森屋では、りんごの花を描いた灯篭と桜で館内を装飾し花見を室内で楽しめます。
料金:無料/時間:終日/場所:じゃわめぐ広場

津軽弁の花みくじ・りんごの花絵馬

津軽弁で運勢が描かれた津軽弁の花みくじと、願い事が書けるりんごの花絵馬を木に飾り、じゃわめぐ広場に花を咲かせるプログラムです。

料金: 津軽弁の花みくじ 100円(税別)/りんごの花絵馬 無料
時間: 15:00~22:00/場所:じゃわめぐ広場

花sakeのんべぇ

お酒の樽や枡をかたどった席で、青森県の日本酒を飲み放題で提供します。空いた枡を積み上げて「枡タワー」をつくり、飲む楽しさを感じ、のんべぇになりきることができます。

料金: 1名3,500円(税別)/時間:19:00~23:00(ラストオーダー22:00)
場所: じゃわめぐ広場/席数:5席(1台2~4名まで)
備考: 状況により、提供内容が変更になる場合があります。

地酒お花見スイーツ

華やかなお花見席をイメージした大人向けのスイーツです。地酒を使用した「お酒プリン」、シードルを使用した「りんごムース」、青森のワインを使用した「抹茶ムース」の3種類のスイーツを食べ比べできます。

料金: 1,000円(税別)/時間:19:00~23:00(ラストオーダー22:00)
場所: ヨッテマレ酒場

花より団子馬車

春の公園の景色を横目に餅を焼く「花より団子馬車」を運行します。桜やツツジなど春爛漫の景色を前に、昔からお祭りで食されてきた郷土菓子「じゅね餅」を提供します。「じゅね」は食用油にも使われるエゴマのことです。

料金: 大人1,200円/小学生1,000円/未就学児700円(税別)
時間: 8:30/9:00/9:30/10:00/10:30/11:00
場所: 公園内
定員: 各時間2組(1組4名まで)/所要時間:1周約20分

>予約はこちら
※天候や馬の体調により中止になる場合があります。

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所、全客室に除菌用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる「3密」の見える化および混雑予測サービス実施
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施

>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート 青森屋
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ひとものがたり~」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができます。
青森県三沢市字古間木山56/客室数236室

>星野リゾート 青森屋

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

イベント

サンシャイン60展望台 まっくらたいむ ~ゆっくりと夜景を見ながら、心落ち着く空間を~

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台では、2月19日(金)~4月4日(日)の期間、17:30以降の展望台内の照明などを落として真っ暗(まっくら)にすることで心を落ち着かせ、東京のキレイな夜景の中にまるで自分が溶け込んだような夜景観賞体験ができる「まっくらたいむ~ゆっくりと夜景を見ながら、心落ち着く空間を~」を実施いたします。

長野県

観光

長野県の名勝 天龍峡が史上初のライトアップ

天龍峡温泉観光協会は、2021年2月5日(金)~28日(日)の期間、天竜奥三河国定公園内の天龍峡第二公園にて、天龍峡史上初のライトアップイベント「天龍峡ナイトミュージアム」を開催中です。本イベントでは、国定公園であり国の名勝である天龍峡を博物館に見立て、天龍峡の動植物や地形、歴史や文化を、美しいライトアップ演出やスタンプラリーを通して紹介しています。そして2月15日(月)、コロナ禍でご来場が難しい方々にも本イベントを楽しんでいただけるよう、イベント特設サイトにてスペシャルムービーを公開いたしました。

滋賀県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.49 水口宿~石部宿編 碁苦楽快館とか、飛び出し坊やコレクションとか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

鈴鹿峠を越えて滋賀県に入ると、ほかの土地とは明らかに違う部分があります。それは滋賀県東近江発祥の「飛び出し坊や」。この旧東海道を歩いているだけでもめちゃくちゃたくさんの飛び出し坊やがいたので、今回はそのコレクションを紹介しましょう。

京都府

観光

【星のや京都】1日1組限定。春の風情をひとり占め 「さくらテラス」期間限定でオープン

都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2021年3月25日~4月10日の桜の時期に、1日1組限定で満開のしだれ桜をひとり占めできる「さくらテラス」をオープンします。さくらテラスは朝日に輝く桜や夕暮れの幻想的な光に浮かぶ桜など、時間帯によってさまざまな表情を見せる桜を一日中楽しめる空間です。桜の下で食事を味わったり抹茶を点てたりと、喧騒から離れてくつろぎながら、嵐山の春の風情を静かに愛でることができるテラスです。

ピックアップ

ピックアップ