コクヨ、東京2020公式ライセンス商品のステーショナリーを発売

2020.02.06

オフィス家具&文具を製造・販売する日本会社「コクヨ」はこの度、東京2020オリンピック・パラリンピックオフィシャルサポーターて、ライセンシーとして東京2020公式ライセンス商品を発売します。

コクヨは「東京の、新しいページをひらこう。」というメッセージを掲げ、東京2020大会の開催をきっかけに、新しい変化を起こす人を応援するとして。コクヨのロングセラー商品であるキャンパスノートを元に制作した「Field Castノート」8万名分を組織委員会に提供しました。「Field Castノート」は、組織委員会より、大会ボランティアの方に配布されています。

今回発売するのは、東京2020大会のエンブレムや東京2020マスコットをあしらったステーショナリー商品で、ノートやメモ帳、ペンケース、消しゴム、テープのり等、合わせて48品番です。記録を残したり、アイディアを練ったり、大切な言葉や思い出を書き留めたりするステーショナリーの役割を通じて、人々が創造性を発揮し、東京が次の歴史を歩みはじめるときを全力でサポートするとのことです。

東京2020オリンピック競技大会 公式ライセンス商品
東京2020パラリンピック競技大会 公式ライセンス商品

新着

新着

注目の記事

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

イベント

軽井沢在住香港人デザイナー AB Concept (エービーコンセプト) 南アルプスから着想を得た空間デザインForest of Reflectionを発表

ミラノ (2022年6月) —軽井沢在住のふたりの香港人エド・ウンとテレンス・ウガンにより、1999年に創業したインテリアデザイン事務所AB Conceptが、壁紙ブランドCalico Wallpaper(アメリカ)とコンテンポラリーなガラス製品をデザインするNUDE(トルコ)とパートナーシップを組み、今年のミラノデザインウィークに参加しています。会場ではAB ConceptがCalicoと提携して作り上げた森林を壁一面に感じることのできる壁紙、Tableau(タブロー)の発売を記念して、南アルプスの森をイメージした空間デザイン、Forest of Reflection(フォレスト・オブ・リフレクション)を発表いたします。

愛知県

着物

伝統

観光

江戸時代城下町の面影を残す「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」を一旗がプロデュース

2021年12月6日(月)から19日(日)まで開催されれいた「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」の様子を納めた動画が公開されました。華麗な花々とデジタルアートが融合した幻想的な空間をお楽しみください。

京都府

観光

おとなの好奇心と遊び心を刺激する空間が誕生【プリンス スマート イン 京都三条】

京都観光はもちろんビジネスにも利便性の良い場所に建つ「プリンス スマート イン 京都三条」。現代の町家をイメージし、京町家の特徴とも言える格子戸、出格子などを組み合わせて構成されたファサードは決して華美ではないが、美しいリズムや動きを感じる洗練されたデザイン。京都滞在への期待感を喚起する要素の一つとなっています。

ピックアップ

ピックアップ