【2020年母の日ギフト】「えっ、これがさつま揚げ?」 お菓子みたいにかわいい 「ロリポップ揚げ天」ほか限定ギフトセットを販売

2020.05.06

有限会社魚万商店は「2020年母の日ギフトさつま揚げ」として、「ロリポップ揚げ天セット」「竹かごセット」の2つをインターネット通信販売(※数量限定)で販売開始しました。

サプライズも楽しいポップなアソートギフト「ロリポップ揚げ天」

「ロリポップ揚げ天セット」は、食べやすい一口サイズのさつま揚げを個包装して特製パッケージに詰め合わせたギフトセットとなっています。
8種類の個性豊かな味を楽しめるプチさつま揚げは、創業百十年以上の老舗店の職人が、すべて手作業で作っており味の良さは折り紙付き。
一個一個のさつま揚げにスティックを付けているので、手を汚さず気軽に食べられるのも魅力です。
また、従来のさつま揚げのイメージを覆す、お菓子みたいにキュートでカラフルな見た目は「えっ、これがさつま揚げ?」と驚かれること間違いなし。贈り物ならではのサプライズもお楽しみいただけます。
普段はなかなか言えない「ありがとう」の感謝を込めて、いつもの母の日とはちょっと違うギフトにご用命ください。
「甘い物はちょっと…」というお母さまへのプレゼントにもおすすめです。

ロリポップ揚げ天セット セット内容

(1)バジルちーず
バジル風味のすり身と相性抜群のチーズをあわせた洋風テイストのさつま揚げです。
(2)さつまる
魚肉のすり身に奈良県産シルクスイートをふんだんに入れました。ほど良い甘さで女性に人気です。
(3)黒ごまレンコン
刻んだレンコンのシャキシャキの歯ごたえと黒ごま、粗挽きコショウの風味が絶妙に合います。
(4)ゆば巻
魚肉にグリンピースを混ぜ合わせ、生ゆばで巻いて揚げた魚万の人気商品の一つです。
(5)たこ焼き天
タコ・ねぎ・しょうがを入れた、関西たこ焼き風味のさつま揚げ。世代を問わず人気の味です。
(6)からすみボール
からすみ風味の珍味を刻んで魚肉とあわせて揚げました。お酒にも合う一品です。
(7)宝玉
紫芋入りのすり身にドライフルーツをあしらいました。魚肉とフルーツのハーモニーが絶妙です。
(8)彩りえび団子
ぷりぷりのエビの旨味が口に広がる美味しさ。人参とねぎで彩りも鮮やかです。

幅広い世代に人気の定番母の日ギフト「竹かごセット」

竹かごセット・ポストカード
特製ラッピング

母の日さつま揚げギフト 概要

(1)ロリポップ揚げ天セット ※予約販売
母の日特製プチさつま揚げ 8個
(バジルちーず/さつまる/黒ごまレンコン/ゆば巻/たこ焼き天/からすみボール/宝玉/彩りえび団子)
1,900円(税込2,052円)

(2)竹かごセット「撫子(なでしこ)」
さつま揚げ 9個
(平天/生姜天/玉ねぎ天/バターポテト/かに玉ロール/ゆば巻/磯部揚げ/小桜2個)
ポストカード付き
3,500円(税込3,780円)

(3)竹かごセット「紫陽花(あじさい)」
さつま揚げ 10個
(ササガキ天/白天/みかさ/わか草コーン/バターポテト/黒ごまレンコン/チーズ巻/枝豆天/いわしだんご/えび巻)
ポストカード付き
4,500円(税込4,860円)

いずれも魚万通販サイトでご購入いただけます。(数量限定)
>ご注文はこちら

■魚万商店について

魚万商店は、1901年に奈良・餅飯殿にて創業以来約120年となる老舗のさつま揚げ・かまぼこ専門店です。
定番から季節限定品まで約40種類のさつま揚げを取り揃え、全ての練り物を職人による手作り・添加物不使用でご提供。素材にもこだわり抜いたさつま揚げは地元奈良のみならず県外の方々からもご愛顧いただいております。
また近年は奈良や関西の魅力的な地産食材を用いた新しいさつま揚げの企画・開発にも力を入れております。
より多くのお客様にご満足いただけるよう、老舗の名に腰かけることなく常にチャレンジ精神と探求心を持って取り組んでまいります。

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ