まるで宇宙を閉じ込めたような幻想的なガラスアート”宇宙ガラス”

2020.04.04

見る角度や光の入り方で表情が変わる同じものが二つと存在しない、まるで宇宙を手のひらに閉じ込めたような幻想的なガラスアート”宇宙ガラス”を紹介します。

”宇宙ガラス”は、全てがハンドメイドの一点もので、耐熱ガラスをバーナーでひとつひとつ加熱して作られ、24金やシルバーで螺旋の美しさを表現しています。
また、WEBストアでは抽選販売ともなる大人気のアート作品です。
身につけて楽しんでいただいたり、蛍光灯や白熱灯などの照明の種類を変えて写真を撮り、表情の違いを楽しんでいただくのも良いでしょう。
>宇宙ガラス公式サイト

アーティストプロフィール

戸水 賢志(とみず さとし)

1980年 神奈川県生まれ
2008年5月 耐熱ガラスのアクセサリーと出会い、その道を歩み始める。2015年日経デザイン掲載、J-WAVE アトリエ・ノヴァ Design Award 大賞受賞
2016年 NEWS ZERO、めざましテレビ出演
2017年 シューイチ出演、初の写真集刊行
2018年 LUNA SEA、XJAPANのギタリストSUGIZO氏アルバムジャケットへ参加。
2019年 ヒルナンデス出演

その他、イベントへの出展多数、国内外メディア取材多数

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ