埼玉県春日部市「押絵羽子板」「桐箱」の職人による 伝統生きるハンドクラフトアイテム リラックマ「押絵箱板(オシエハコイタ)」の登場

2020.05.16

株式会社ヒキダシは、埼玉県春日部市の伝統的手工芸品「押絵羽子板」と「桐箱」、それぞれの匠の手しごとにより作り上げた、新たなハンドクラフトアイテム「押絵箱板(オシエハコイタ)」の展開をスタートいたします。
第1弾として、人気キャラクター「リラックマ」より リラックマ / コリラックマ / キイロイトリ をモチーフにした「押絵箱板」が、3つのラインアップで登場です。
2020年5月1日(金)より、オンラインストア「ヒキダシストア」にて、予約受付を開始しています。

伝統つむぐ小さなアート 押絵箱板(オシエハコイタ)

埼玉県春日部市の伝統的手工芸品「押絵羽子板(おしえはごいた)」と「桐箱(きりばこ)」、それぞれの匠の手しごとにより、伝統生きる新たなハンドクラフトアイテムが生まれました。

匠の技術が詰まった小さな桐箱の中に、押絵師により丁寧に作り上げた「押絵」アートを収めています。

このたび、コラボレーション第1弾として、人気キャラクター「リラックマ」シリーズの「押絵箱板」が、3つのラインアップで登場です。

押絵は、厚紙に布を張り綿を入れて立体的に表現するもので、リラックマ / コリラックマ / キイロイトリそれぞれの顔を、ひとつひとつ職人の手しごとにより細部まで丁寧に作り上げました。
リラックマたちが箱の中から覗き込んでいるような、立体感ある仕上がりは、技術の要する押絵師の手しごとにより形作られています。

桐箱は、上げ底にすることで、フタを背面にも収納できるよう工夫が施されています。
また、フタを開けた際に、桐箱が押絵アートを飾る額縁のような外観になるよう「留組」により接合しています。
フタの天面には各キャラクターの焼印入り。

伝統つむぐ小さなアート 押絵箱板(オシエハコイタ)。
お部屋のインテリアとして アクセサリーなどの大切な小物の収納箱として
手作りならではの温かみある風合いで、贈り物にもおすすめの日本伝統工芸品です。

>ヒキダシストア | リラックマ押絵箱板 予約はこちらから

リラックマ押絵箱板 [リラックマ]
リラックマ押絵箱板 [コリラックマ]
リラックマ押絵箱板 [キイロイトリ]
リラックマ押絵箱板(オシエハコイタ)

本商品は、伝統工芸「押絵羽子板」の製造を手掛ける 有限会社さか田「匠一好」(埼玉県春日部市、代表取締役:坂田 和則)と、伝統工芸「桐箱」の製造を手掛ける 株式会社松田桐箱の協力により、埼玉県春日部市で生産しています。

株式会社ヒキダシでは、ものづくりに携わるみなさまとともに、日本の職人の技術を広く紹介できるような取り組みを今後も進めて参ります。

リラックマ押絵箱板(オシエハコイタ)

商品概要

商品名: リラックマ押絵箱板(オシエハコイタ)
種類: リラックマ / コリラックマ / キイロイトリ
サイズ: 外寸:約79×79×54mm 内寸:約66×66×38mm
価格: 各2,500円+税
予約受付: 2020年5月1日(金)より
発売日: 2020年5月下旬より順次お届け予定
生産地: 埼玉県春日部市
製造元: 匠一好(押絵) 株式会社松田桐箱(桐箱)
発売元: 株式会社ヒキダシ
著作権表記: ©2020 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.

>ヒキダシストア | リラックマ押絵箱板

リラックマ押絵箱板(オシエハコイタ)

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ