京都府

伝統

文化

京都・祇園「観て、触れて、撮る ミニチュア 光の仏像展。」入場無料の展覧会を開催。

2020.11.07

作り手と使い手の想いを繋ぐお店「想いを繋ぐ百貨店TSUNAGU」を運営する株式会社オファーは、京都・祇園で11月20日~4日間限定の「ミニチュア 光の仏像展」を開催。
普段は触れることも、写真を撮ることもできない日本を代表する国宝や重要文化財の仏像を忠実に複製した30体を超えるミニチュアの複製像を、風情ある京都・祇園の町屋の中で、京和傘を使った照明の柔らかい光のもとに展示します。

「飾る仏像(至高の仏像フィギュア イSム)」と「和傘照明(京都5代の伝統と革新 日吉屋)」が織りなす情景。
【観て、触れて、撮る】これまでになかった展示を楽しんでいただくイベントです。
11月11日までCAMP FIREにてボランティアスタッフの募集、イベント告知・設営費の支援を受付中!

>CAMP FIREキャンペーンページ

作り手と使い手の想いを繋ぐお店「想いを繋ぐ百貨店TSUNAGU」を運営する株式会社オファーは11月20日~の4日間限定で、京都・祇園で「ミニチュア 光の仏像展」を開催します。
展覧会のテーマは「観て、触れて、撮る。」
仏像といっても本物ではなく、忠実に再現されたミニチュアの仏像を風情ある京都の祇園で、京和傘を使った照明の柔らかい光のもとに展示します。

「飾る仏像(至高の仏像フィギュア イSム)」と「和傘照明(京都5代の伝統と革新 日吉屋)」が織りなす情景。

これまでになかった展示を楽しんでいただくイベントです。

京都祇園の町屋の中に、インスタグラムやブログに載せたくなる写真が撮れる4日間限定の撮影スポット。

普段は触れることも、写真を撮ることもできない日本を代表する国宝や重要文化財の仏像を忠実に複製したミニチュアの複製像を30体以上展示し、仏像に触れて、撮影を楽しめます。

仏像を360度全方向から楽しめるのも魅力のひとつ。

目の不自由な方にも、展示物に触れて楽しんでいただける仏像展です。

「観て、触れて、撮る ミニチュア光の仏像展」は、紅葉シーズン 11月20日(金)~23日(月)の4日間限定で開催します。

100年に一度のウイルスが世界を襲い、観光業界をはじめ、人が集まるイベントが軒並み中止になりました。そんな中、少しずつ前に進み出したように思います。

私たちも京都祇園を皮切りに全国各地の風情ある街並みが楽しめる撮影スポットで光の仏像展を開催していくことで、各地の観光を盛り上げる一役を担いたい。

コロナ禍だからこそ、人々の「希望の光」となるような、笑顔が溢れるイベントにする想いで行います。一人でも多くの方々にこの想いが伝わればと情報提供させていただきました。お取り計らいのほど宜しくお願い申し上げます。

開催日程
11月20日(金)11時~19時
11月21日(土)11時~19時
11月22日(日)11時~19時
11月23日(月)11時~17時
会場:京都府京都市東山区祇園末吉町切通し角
(祇園白川の巽橋付近)

11月11日までCAMP FIREにてボランティアスタッフの募集、イベント告知・設営費の支援を受付中!

>CAMP FIREキャンペーンページ

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ