抗ウイルス、抗菌、消臭の作用がある「漆喰扇子」を発売  新生活様式に合わせ、サッと口元を隠して飛沫防止に

2020.10.03

京扇子の老舗、株式会社宮脇賣扇庵は、抗ウイルス、抗菌、消臭の作用がある漆喰加工を施したオリジナルデザインの「漆喰扇子」を発売いたしました。

漆喰(しっくい)扇子(せんす)(抗ウイルス・抗菌・消臭・有害物質吸着除去 機能付)

◇扇面の両面に、抗ウイルス・抗菌機能のある漆喰を塗布
成分は強アルカリ性になりますが、表層は空気中の二酸化炭素と反応して中性化していますので、手に触れても問題なくご使用いただけます。

◇抗ウイルス・抗菌の仕組み
抗ウイルス・抗菌機能付き漆喰が“多孔質”の層を作り、その表面からウイルスや菌が塗膜内部へと入り込みます。塗膜内部にて強アルカリ性成分がウイルスや菌のタンパク質を分解し不活性化します。

◇ペット臭や生活臭にも効果あり
同じ仕組みで、汗やタバコのにおい、ペット臭など酸性の生活臭も吸着・分解する消臭効果もございます。また、ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどの有害物質も吸着無害化します。

※ご使用上の注意
・扇子を口に入れたり、塗布面をなめたりしないでください。
・扇子が濡れてしまったら、広げて十分に乾かしてからご使用ください。

新型コロナウイルス感染拡大により、新しくなった生活様式に合わせ、季節を問わずマスクをつけたり、人との距離を保って活動したり、様々な取り組みが実践されています。その中で、漆喰扇子を使って会話の際に口元を隠したり、玄関やデスクなどの生活空間に飾ったり、多様な使い方を通し感染防止対策にご活用いただければ幸いです。

商品名: 漆喰扇子 七宝
漆喰扇子 ヒイラギ
漆喰扇子 迷彩
価格: 4,400円(税込)
内容: 扇子×1本、化粧箱×1個
サイズ: <扇子>
(紳士用)型7寸5分25本骨 白竹 約22.5cm
(婦人用)型6寸5分25本骨 白竹 約19.5cm
素材: 和紙、竹、セルロイド
扇面: インクジェット印刷、漆喰塗り
産地: 日本
漆喰扇子 七宝(紳士、婦人用)
漆喰扇子 ヒイラギ(紳士、婦人用)
漆喰扇子 迷彩(紳士、婦人用)

宮脇賣扇庵
1823年創業の宮脇賣扇庵は京扇子を専門に扱う店舗です。「賣扇庵」という屋号は日本画家、富岡 鉄斎により命名されました。また店内には竹内 栖鳳、神坂 雪佳、鈴木 松年などの京都画壇の巨匠四十八画伯によって描かれた天井画があり、著名な日本画家とのつながりが深いです。現在も京都を中心に国内で京扇子の分業制を維持しております。近年は有名ブランドとのコラボレーションや、扇子の親骨に伝統的な漆塗り蒔絵の技法とダイヤモンドを合わせた扇子を発表するなど、注目を浴びています。
>宮脇賣扇庵オフィシャルサイト

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ