奈良県

買い物

自分で鼻緒を交換できる 軽くてソフトな「SAIUN」がクラウドファンディングで先行販売を開始

2021.04.26

奈良の老舗履物メーカー「なら下駄屋」から、まるでオーダーメイドのようなフィット感を実現した新商品が登場。柔らかく足にフィット、長く歩いても鼻緒が痛くなりにくい草履が、クラウドファンディング先行販売を開始しました。

>プロジェクトページはこちら

SAIUN-彩雲-は、なら下駄屋の特徴であるEVA樹脂素材を使用しています。軽いため、長時間着用し移動しても足が痛くなりにくく、丈夫で長持ちする点が特徴です。

それだけでなく、大きな特徴として鼻緒が取り換えられる点があります。
鼻緒と本体のカラーバリエーションを合わせると、およそ48通りのアレンジを行うことが可能です。

鼻緒の取り外し、付け替えも簡単に出来るようになっているため、その日の気分に合わせて変更することが出来ます。
履きやすさ、歩きやすさだけではなく、自分自身で思ったようにアレンジを行えます。

奈良県は、元々草履を含む伝統工芸が盛んな地域。
しかしながら普段の履物として草履を履く機会が激減してしまっています。

そこで、株式会社一歩は伝統工芸である草履と元来持つEVA加工技術を用い、普段履き出来るデザイン性と丈夫さを持つ商品へと大幅にアップデート。

なら下駄屋を運営する株式会社一歩(はじめ)は靴底などのEVAを中心として事業を開始。技術を駆使し、子ども向け玩具などの作成を行ってきました。

その技術力の高さを用いることで、丈夫であり尚且つ長時間使用しても足が痛くなりません。そしてEVAの持つ色彩を利用することでデザイン性の幅を持たせ、和装だけでなく様々なシーンで活用出来る履物を開発しました。

品質には徹底的にこだわりを持つ

独自の技術を用いて加水分解を防ぎ長持ちするようにしています。尚且つ下駄のデメリット「慣れないと指の付け根が痛む」という点を、鼻緒の先端(先坪)を縦縫いにすることで鼻緒に可動性を持たせ、様々な足の形にフィット感を作り痛みが起きない設計にしております。

リブランディング

今回の新商品と合わせたタイミングでなら下駄屋はリブランディングを行います。にゃらげた含め、ホームページの刷新も行い、大幅なアップデートをいたします。観光業が大幅にストップしてしまっている今、なら下駄屋が奈良全体を盛り上げていくために今後も商品開発を行ってまいります。

なら下駄屋「SAIUN-彩雲-」

材質: 草履部分/EVA、ゴム
鼻緒部分/メッシュ生地(鼻緒芯材/ウレタンフォーム)
サイズ: 婦人 4サイズ/22.5cm、23.5cm、24.5cm、25.5cm
紳士 4サイズ/25cm、26cm、27cm、28cm
子供 3サイズ/16.5cm、18.5cm、20.5cm
カラー: ・台カラー(全8色)
レッド、パープル、グリーン、ミント、ブルー、ベージュ、
ライトグレー、ダークグレー
・鼻緒カラー(全6色)/
レッド、ピンク、グリーン、ネイビー、グレー、ブラック

1足 税込 8,250円(税抜 7,500円)
※「すげ替え棒」、「留め具」付属

〇別売り鼻緒/1本 税込 1,650円(税抜 1,500円)
※クラウドファンディングと、自社オンラインショップでは、土台と鼻緒を別々にしての販売となります。

>なら下駄屋 HP
>公式Twitter
>公式Instagram

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ