首里城復興支援 琉球藍染を使用したミニマルウォレット販売

2021.06.17

2019年10月31日。沖縄・那覇市にある首里城が火災で全焼しました。
沖縄のシンボルでもあり、心の拠りどころでもある首里城の火災は県民に大きな喪失感を与えました。
今回、首里城復興支援プロジェクトの一環としてM Styleより[fu・ku・sa]琉球バージョンが販売開始となっています。

[fu・ku・sa/琉球藍染]とは

[fu・ku・sa]は、日本古来の「袱紗(ふくさ)」のようにシンプルで機能的でありながら、上質な素材と熟練の技術による、やさしくお札やカードを「包む」シンプルな財布です。

藍で染められた紺色は「ジャパンブルー(Japan Blue)」と呼ばれています。その中でも沖縄の藍染めは「琉球藍」と呼ばれ、日本では沖縄だけで栽培される原料から染められています。

琉球藍を栽培して染料の元となる泥藍を製造し、その品質を一定に管理することはたいへん難しく、泥藍を製造するだけでもかなりの手間と時間を要します。また、その原料である琉球藍の葉自体も生産が限られているため、琉球藍はたいへん希少価値が高い素材です。

商品名: [fu・ku・sa/琉球藍染]
素材: 帆布琉球藍染
フチ革刺繍/こはぜ留め

>詳細・プロジェクトサイトはこちら

<リターン例>
[fu・ku・sa/琉球藍染]:13,200円(税込)→18%OFF 10,824円(税込)

新着

新着

注目の記事

山梨県

伝統

観光

食べ物

文化

【星のや富士】心と体が解放され自然と一体となる瞬間。至福のリトリート空間がここに/HYAKKEI滞在レポート<前編>

東京都

伝統

芸術

「小松美羽展 岡本太郎に挑むー霊性とマンダラ」開催/岡本太郎との調和により生まれた”奇跡”のライブペイント

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

イベント

軽井沢在住香港人デザイナー AB Concept (エービーコンセプト) 南アルプスから着想を得た空間デザインForest of Reflectionを発表

ミラノ (2022年6月) —軽井沢在住のふたりの香港人エド・ウンとテレンス・ウガンにより、1999年に創業したインテリアデザイン事務所AB Conceptが、壁紙ブランドCalico Wallpaper(アメリカ)とコンテンポラリーなガラス製品をデザインするNUDE(トルコ)とパートナーシップを組み、今年のミラノデザインウィークに参加しています。会場ではAB ConceptがCalicoと提携して作り上げた森林を壁一面に感じることのできる壁紙、Tableau(タブロー)の発売を記念して、南アルプスの森をイメージした空間デザイン、Forest of Reflection(フォレスト・オブ・リフレクション)を発表いたします。

愛知県

着物

伝統

観光

江戸時代城下町の面影を残す「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」を一旗がプロデュース

2021年12月6日(月)から19日(日)まで開催されれいた「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」の様子を納めた動画が公開されました。華麗な花々とデジタルアートが融合した幻想的な空間をお楽しみください。

ピックアップ

ピックアップ