日本の伝統「和紙の手染めキット」

2019.11.01

桂屋ファイングッズ株式会社はこの度、同じ東京日本橋の老舗和紙専門店である“小津和紙”とコラボし、“小津和紙“の手漉き和紙など4種の和紙を「和紙ぞめカラー」とセットにした「和紙の手染めキット」を新たに発売しました。

お子様から大人の方まで、日本の伝統的な和紙を存分に使いながら、和紙の手染めをすぐに楽しむことができるセット商品になっており、染色技法やオリジナル作品の作り方、伝統的な和紙の解説も同梱されています。英語併記のため、海外からの観光客の体験ニーズやお土産などにも最適です。

「和紙の手染めキット」商品概要

鮮やかな5色 1,600円(税抜)
和紙ぞめカラー5色セットA(緑・青・赤・黄・橙)
和紙7枚(落水紙・半紙・奉書紙・パルプハガキ)

深みのある5色 1,600円(税抜)
和紙ぞめカラー5色セットB(紫・灰・赤・黄・茶)
和紙7枚(落水紙・半紙・奉書紙・パルプハガキ)

※5色の染料は各色容器一本で半紙9~14枚程度浸し染め出来ます。
※染料は欧州の玩具の安全規格(EN71 Part 3 2013)を取得していますので、どなたでも安心してお使いいただけます。

オンラインショップ: http://www.katsuraya-fg.com/product/?pca=18#list
Instagram: https://www.instagram.com/miyacozome/
Facebook : https://www.facebook.com/MIYACOZOME/
Twitter : https://twitter.com/info_miyacozome

あなたにオススメ

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ