富山の食と手仕事品をお届けするオンラインストアが開設! 作り手・売り手・買い手・世間・未来 -「五方よし」を目指して

2020.06.09

新型コロナウイルスの感染拡大で観光業や飲食業が大きな打撃を受ける中、地域の観光法人「一般社団法人 富山県西部観光社 水と匠(たくみ)」は、富山の魅力を伝える食品や伝統工芸品を扱うオンラインストアを開設しました。販売先を失った生産者や工芸作家と、外出を控える消費者を結び、ビジネスの継続と豊かな暮らしを支えることを目指します。

きっかけは、当団体の会員事業者さんたちとの会話。「魚は獲れているけど、売り先が減ってしまい加工品に回さざるを得ない」「デパートやギャラリーが休業してしまい、売り場や発表の場がなくなった」、と生産者さんや富山の伝統産業の職人・工芸作家さんの話を聞き、何かできることはないかと、富山の作り手の産品をネットを通じて販売することを決めました。観光事業者である当団体もツアーなどが全てキャンセルになっていた事情も背景にあります。

天然の生簀と言われる富山湾の美味しい魚を急速冷凍の技術で鮮度を保った松本魚問屋(氷見市)の「天然ぶりしゃぶ」や「たらの一夜干し」、ジュンブレンドファームのこしひかり米(高岡市)、シマタニ昇龍工房(高岡市)の「すずがみ」、韓国出身の陶芸家、金 京徳(キムキョントク)さん(南砺市)のお皿や一輪挿しなど31点からスタートしました。

ストアの大きな特徴は、商品の食材や器を使ったレシピ、盛り付け例を動画で紹介している点。フランスの星付きレストランで副料理長を務め、現在は松本魚問屋の加工商品開発とプレイベートレストランのシェフを務める山下 貴民(よしひと)さんが「たらの一夜干しのクラムチャウダー」「氷見鰯(いわし)アンチョビの春野菜サラダ」など、家庭でできるお料理の作り方を解説してくれます。」

近江商人の経営哲学を表した「三方よし」に、「作り手」と「未来」を加えて「五方よし」。新型コロナウイルスの影響で、私たちの社会が大きく変わろうとしている中、売り先や展覧会がなくなった地元の職人さんや作家さん、生産者さんのものを販売し(作り手よし)、それらが外出を制限されている人たちの家での暮らしを豊かにし(買い手よし)、経済が廻り(世間よし)、私たちも事業を継続でき(売り手よし)、そして手わざや文化が未来につながる(未来よし)。ポスト資本主義の世界がそうなることも願いながら、まずは小さな一歩を踏み出しました。

>「水と匠」オンラインストア
>「水と匠」公式サイト

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ