富山の食と手仕事品をお届けするオンラインストアが開設! 作り手・売り手・買い手・世間・未来 -「五方よし」を目指して

2020.06.09

新型コロナウイルスの感染拡大で観光業や飲食業が大きな打撃を受ける中、地域の観光法人「一般社団法人 富山県西部観光社 水と匠(たくみ)」は、富山の魅力を伝える食品や伝統工芸品を扱うオンラインストアを開設しました。販売先を失った生産者や工芸作家と、外出を控える消費者を結び、ビジネスの継続と豊かな暮らしを支えることを目指します。

きっかけは、当団体の会員事業者さんたちとの会話。「魚は獲れているけど、売り先が減ってしまい加工品に回さざるを得ない」「デパートやギャラリーが休業してしまい、売り場や発表の場がなくなった」、と生産者さんや富山の伝統産業の職人・工芸作家さんの話を聞き、何かできることはないかと、富山の作り手の産品をネットを通じて販売することを決めました。観光事業者である当団体もツアーなどが全てキャンセルになっていた事情も背景にあります。

天然の生簀と言われる富山湾の美味しい魚を急速冷凍の技術で鮮度を保った松本魚問屋(氷見市)の「天然ぶりしゃぶ」や「たらの一夜干し」、ジュンブレンドファームのこしひかり米(高岡市)、シマタニ昇龍工房(高岡市)の「すずがみ」、韓国出身の陶芸家、金 京徳(キムキョントク)さん(南砺市)のお皿や一輪挿しなど31点からスタートしました。

ストアの大きな特徴は、商品の食材や器を使ったレシピ、盛り付け例を動画で紹介している点。フランスの星付きレストランで副料理長を務め、現在は松本魚問屋の加工商品開発とプレイベートレストランのシェフを務める山下 貴民(よしひと)さんが「たらの一夜干しのクラムチャウダー」「氷見鰯(いわし)アンチョビの春野菜サラダ」など、家庭でできるお料理の作り方を解説してくれます。」

近江商人の経営哲学を表した「三方よし」に、「作り手」と「未来」を加えて「五方よし」。新型コロナウイルスの影響で、私たちの社会が大きく変わろうとしている中、売り先や展覧会がなくなった地元の職人さんや作家さん、生産者さんのものを販売し(作り手よし)、それらが外出を制限されている人たちの家での暮らしを豊かにし(買い手よし)、経済が廻り(世間よし)、私たちも事業を継続でき(売り手よし)、そして手わざや文化が未来につながる(未来よし)。ポスト資本主義の世界がそうなることも願いながら、まずは小さな一歩を踏み出しました。

>「水と匠」オンラインストア
>「水と匠」公式サイト

新着

新着

注目の記事

--

観光

客室内で完成・完結、お持ち帰りできる地域色豊かな体験~「界のご当地おこもりグッズ」提供開始

全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2021年1月12日より、全施設で「界のご当地おこもりグッズ」の提供を開始しました。感染拡防止を万全にしながら、それでもワクワク感や新鮮な発見がある旅を楽しんでいただきたい、そんな思いから地域の伝統工芸品や文化にちなんだプログラムを、客室でご自身だけで完成・完結できる体験を用意します。

三重県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.43 桑名宿~四日市宿編 恐怖のギロチン工場とか間違えないで萬古焼とか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

三重県の桑名から四日市へと向かったのは爽やかなある年のGW時期。本来であればここは比較的単調な区間なのですが、突如現れたのは恐怖のギロチン工場。その正体やいかに。

青森県

観光

奥入瀬渓流ホテル 雪かきで自ら参拝までの道を切り開く!「冬の十和田湖開運ツアー」実施

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では2021年2月1日~3月22日の土日限定で、「冬の十和田湖開運ツアー」を実施します。本州最北端に位置する青森県は、厳しい自然と地形が織りなす、霊的で幻想的なパワースポットが多く存在し、1年の始まりを旅するには最適な場所です。当ツアーでは、下北半島の恐山と共に、北東北の二大霊場と呼ばれる十和田神社へ参拝します。これまで、冬は降り積もった雪で参拝するのも一苦労な状況でしたが、雪国ならではの体験として、スノーシューを履き雪かきで自ら参拝までの道を切り開きます。

東京都

イベント

冬といえば“猫”の季節!累計85万人動員の「ねこ休み展」 冬の本祭は新スター猫や限定コラボグッズ展開!1/22~東京で開催

85万人以上を動員した人気の猫クリエイターが集結する合同写真展&物販展の「ねこ休み展」冬の本祭を、2021年1月22日(金)~2月28日(日)にTODAYS GALLERY STUDIO.(東京・浅草橋)にて開催いたします。「ねこ休み展」も6周年に突入。冬の本祭は新たなスター猫登場や限定コラボグッズ、猫の日特別企画など、癒しの猫の祭典をお送りいたします。

ピックアップ

ピックアップ