長崎の老舗菓子店がかりんとうまんじゅう「川棚かりん」の通販を開始

2020.08.20

1955年に創業し、長崎県で多くの方々に愛され続ける「菓舗 いさみ屋」がネット販売を開始します。

第1弾は店舗で日に2,000個以上を売り上げる人気商品「かりんとうまんじゅう」を冷凍した「冷やしかりんとうまんじゅう」を販売します。
昨今の潮流である「D2C(Direct to Consumer)」と言うには大げさですが、65年間地元で愛される老舗菓子屋の新たな挑戦です。新しくきらびやかなモノではありません。ただ、たくさんの人に「おいしい」を届けたい一心で商品お届けいたします。

冷やしかりんとうまんじゅう「川棚かりん」

黒糖の上品な香りとほろ甘い味わい
国産の黒糖を贅沢に使用し、手間を惜しまない独自製法で黒糖の香りと味わいをできる限り引き出しました。とことんこだわったからこそだせる自慢の味わいです。

甘すぎない自家製餡
中に包まれるあんこは創業から愛される自家製あんこ。いさみ屋のあんこは程よい甘さが特徴で、販売するほとんどの和菓子に使用しています。自家製のあんこにはいさみ屋の歴史がつまっています。

冷たくてもサクッと
急速冷凍することで揚げたてのサクッとした食感を時間が経っても味わうことができるようになりました。企業秘密のこだわり油で揚げることで、油特有のしつこさを軽減しています。冷凍で保存、食べる際は15分常温で解凍すると最高の状態でお召し上がりいただけます。

もう1つと手を伸ばしてしまうあと味
冷やして食べるので軽快に召し上がれます。1つ食べ終わった時、2つ目を解凍しだすかも…

商品概要

商品名: 冷やしかりんとうまんじゅう「川棚かりん」
発売日: 2020年8月6日(金)
価格: 10個入り 1,940円(税込・送料別)

>販売ページはこちら

いさみ屋

1955年(昭和30年)に創業。長崎県東彼杵郡川棚町に店舗を構えています。現在は2代目尾﨑勇一が代表を務め、職人・店舗スタッフ合わせ15名で運営しています。
店舗では名物の川棚まんじゅう、かりんとうまんじゅう、冬季限定のいちご大福、リーフパイやソフトクッキーなど人気商品をはじめ、上生菓子や焼き菓子、ケーキまで100種類以上の幅広い商品を製造・販売しています。

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ