東京都

伝統

文化

花のオウンドメディア・第一園芸の花毎(はなごと)が夏越の祓(なごしのはらえ)の花手水を奉納

2020.07.12

花と緑に関する事業を展開する第一園芸株式会社のオウンドメディア「花毎(はなごと)」は、日本各地の神社で行なわれている伝統行事“*夏越の祓(はらえ)”に合わせて東京・日本橋の福徳神社(芽吹稲荷)の手水舎に紫陽花を浮かべる「花手水(はなちょうず)」を奉納しました。

7回目の奉納

「花を知り、楽しむ」をテーマにした、第一園芸が運営する花のオウンドメディア「花毎(はなごと)」では、2019年11月より日本の季節行事に合わせた花手水の奉納を行っております。
今回は半年の穢れを祓う神事「夏越の祓い」にあわせ、古来より邪気を払う霊力があるとされてきた、紫陽花を使った花手水を奉納いたします。
最終日の7月1日(水)は9時より、奉納した紫陽花を「花守り*」としてご参拝の方々に先着順で授与されます。
*花守りとは、願い事を書いた紙で紫陽花を包み、軒下などに逆さに吊るして無病息災を願う風習です。

過去の花手水

花毎リニューアル記念奉納(2019年11月29日~12月8日)

冬至奉納(2019年12月20日~12月22日)

桃の節句 奉納(2020年2月28日~3月3日)

端午の節句 奉納(2020年5月5日)

【花毎について】
─花が毎日の暮らしに寄り添いこころが豊かになること─
そんな願いを込めて名付けた花毎は「花を知り、楽しむ」WEBサイトとして、暦の思想と花にまつわる読み物コンテンツを充実させ、季節を感じ丁寧で上質な暮らしの楽しみ方を提案しています。

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ