岐阜県

伝統

募集開始!ユネスコ文化遺産『伝統建築工匠の技』で創る世界の名作家具 -伝統技術を生活の一部に- に関するクラウドファンディングを通じたご支援のお願い

2020.07.08

宮大工やシステムエンジニア、デザイナー、建築家、研究者など多岐に渡る専門領域をオーバーラップさせ、アナログとデジタルの反復によるクラフトマンシップとコンピューティショナルデザインの融合を目指すデザイン事務所「LOF」 (営業所:大阪府大阪市、代表:高崎 将太朗)が、6月3日より新プロジェクト「ユネスコ文化遺産『伝統建築工匠の技』で創る世界の名作家具 -伝統技術を生活の一部に- 」 の募集を開始しました。

宮大工が持つ「伝統建築工匠の技」がユネスコ無形文化遺産の候補として選定され、2020年に登録予定となりました。
世界の認知度や関心が高まることが予想される今年は、後継不足や市場縮小の危機に瀕する日本中の宮大工にとって「勝負の年」となります。
宮大工が創る家具で伝統技術を肌で感じ、文化遺産を守りませんか?

K&A chair - 柿渋&亜麻仁油チェア -

国土の約7割が森林である日本は近代化するまでの2000年以上もの間、身の回りのものを木造で作っていたという世界でも稀に見る木工技術大国です。

特に伝統木造建築においては、釘を使わないなど人と自然環境に優しい、”木と木の癖を組む”という日本特有の技法が積年の創意工夫により生み出されています。

こうした日本が誇る伝統建築工匠の技は2020年にユネスコ無形文化遺産 の候補として選定されましたが、その技術を受け継ぐ宮大工は減少の一途を辿り、これまで社会的にもあまり認知されてきませんでした。

今まで積み上げられてきた伝統技術、ひいてはそこに込められた想いや知恵が失われてしまわないよう、少しでも多くの人に伝統建築工匠の技を知って頂ければと思っています。
そして伝統建築工匠の技に対する認識が広まることで、宮大工の活躍の場を広げていきたいと考えています。

LOFは、伝統建築工匠の技をより身近に感じられるよう、「宮大工が一から手掛けた家具」 という形で皆様の手元にお届けしたいと思っています。

【応募概要】
プロジェクト名称:ユネスコ文化遺産『伝統建築工匠の技』で創る世界の名作家具 -伝統技術を生活の一部に-

応募期間: 6月3日~7月25日
謝礼: 国産ヒノキのカンナ屑、デザイン家具(柿渋&亜麻仁油チェア)、キーホルダー
募集サイト: CAMPFIREリンクページ

【会社概要】

会社名: LOF
代表者: 高崎 将太朗
所在地: 〒501-0115 岐阜県岐阜市鏡島南2-2-15
設立: 2018年3月
事業内容: 空間、Webにおけるデザイン開発
URL: デザイン事務所LOF

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ