『劇的茶屋』 前代未聞!おうちで和菓子を食べながら観る落語ミュージカル!

2020.07.26

ほとり企画が今作の企画・製作の指揮を取る『劇的茶屋』では落語をベースにしたミュージカルをリモート生配信でお送りします。すべてのチケットは松竹梅から選べるお菓子とお茶のセット付き。それらをご自宅にお届けすることで、美味しいものを食べながら落語ミュージカルを観る〈体験型エンターテインメント〉となっております。7月4日からシリーズ一席目「謳う芝浜」を週4-5公演ペースでロングラン上演中。8月中旬からは「謳う死神」の上演を開始いたします。

リモート演劇で「こんな時だからこそ落語ミュージカルで人々に笑いと癒しを!」

元々、和室レンタルスペースをお借りしてお茶屋さんのようなセッティングで上演する予定でしたが、コロナウイルスの影響により実現しませんでした。しかし、それでも諦めずに「こんな時だからこそ落語ミュージカルで人々に笑いと癒しを!」と創作・稽古を全リモートで続行。自粛中に注目を集めた“リモート演劇”という演劇の新しい形。『劇的茶屋』ではそのリモート演劇に加えて、和菓子とお茶を提供しています。

未だリモートに慣れていない人も多いなか、幅広い世代・地域のお客様からお申し込みを頂いています。実際、先日の公演では北は北海道、南は福岡からのお客様にご観劇いただきました。今作の名物「いただきますのコーナー」では演者の「いただきます」の掛け声とともに、お客様からの「いただきます!」というコメントがチャット欄を埋め尽くします。そして、演者とともにお客様にも和菓子をひとくち召し上がっていただく…離れ離れでもそんな素敵な時間を共有することができるのは、『劇的茶屋』ならでは。

物語の基盤となるのは名作落語の数々。シリーズ一席目は「芝浜」。日本の伝統音楽とポップスを追求し、新しい音楽を作ることで定評のある川嶋志乃舞を作曲家として招き入れ、「謳う芝浜」に仕立て上げました。現在創作中の二席目「謳う死神」は日本人初のオフ・ブロードウェイ作曲家としてNYにて「Poupelle of Chimney Town」を制作中のKo Tanakaが作曲を手掛けます。他にも「お見立て」などを基盤に創作予定。なお、全作品の作詞・脚本・演出は「H12」「ツクリバナシ」などこれまでにも数々のオリジナルミュージカルを生み出してきた永野拓也。永野の他に、音楽監督・歌唱指導の高原紳輔、プロデュース・制作の三森千愛、プロデュース・広報の福田響志が主催する、ほとり企画が今作の企画・製作の指揮を取ります。

創作・稽古を全てリモートで行う『劇的茶屋』

『劇的茶屋』はロングラン上演に挑戦!演劇のロングラン上演は容易いことではありません。その理由の一つが稽古場・劇場の確保の難しさ。『劇的茶屋』では“オンライン”を私たちの居場所にしています。創作・稽古を全リモートで行うことで、稽古場がなくても、演者・スタッフ各々のスペースから参加できます。生配信プラットフォームと電波がある限り、上演が中止されることもありません。
こうしたフレキシブルな環境を作ることで、より多くの演者・スタッフとともに、リモートでたっぷりと時間をかけてより良いオリジナル作品を製作・発信できると考えています。

コロナウイルスや自然災害、いつ何が起こるかわからない状況にある私たちの生活の中で、『劇的茶屋』が“いつでも体験できる笑いと癒しのエンターテインメント”になることを願っております。

7月4日からシリーズ一席目「謳う芝浜」を週4-5公演ペースでロングラン上演中。8月中旬からは「謳う死神」の上演を開始。和菓子とお茶、キャスト、作品のラインナップを変えながら、『劇的茶屋』はいつでも営業中。

>公式ホームページ
>Twitter
>Instagram

新着

新着

注目の記事

埼玉県

観光

ちちぶへおでかけキャンペーン 第3弾  ながとろの「山と川」どっちも割  ~当日発売!おトクに川下りもロープウェイも楽しもう~

秩父鉄道株式会社と宝登興業株式会社では、秋の連休や紅葉時期に秩父路をお得に楽しめる「ちちぶへおでかけキャンペーン~ながとろの「山と川」どっちも割~」を実施します。当キャンペーンでは、「長瀞ラインくだり乗船券 1枚(AまたはBコース)」と「宝登山ロープウェイ往復乗車券 1枚」を当日に同時購入すると通常料金よりお安くお買い求めいただけます。また、宝登山小動物公園と宝登山ロープウェイでは、土休日にお子さまを無料招待とするキャンペーンも実施します。詳細は下記のとおりです。

青森県

観光

【奥入瀬渓流ホテル】紅葉の聖地、奥入瀬渓流で360度の絶景を楽しむ「紅葉プレミアムオープンバスツアー」実施|期間:2020年10月18日~31日

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2020年10月18日~31日の期間、「紅葉プレミアムオープンバスツアー」を実施します。 例年10月中旬から11月上旬にかけて、紅葉はピークを迎え、約70万人(*1)が奥入瀬渓流とその周辺を訪れます。そんな賑わいを増す時期ですが、早朝に行う当ツアーは、昼間とはまったく違った静けさや澄んだ空気を感じながら、これまでとは違った新たな目線で紅葉を楽しむことができます。

また、オープンエアの2階建てバスで渓流沿いを走行するため、大自然の中を走り抜ける爽快感や、360度の絶景を存分に楽しめ、バスに乗っているだけで、国立公園の豊かな自然を満喫できるのも特徴です。東京で、2階建てオープントップバスツアー「スカイバス東京」を展開する、日の丸自動車興業株式会社と提携し、当ツアーが実現しました。紅葉を満喫できる渓流沿いを運行するバスツアーは、日本初です。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.28 金谷宿~日坂宿 見よ、これが静岡の本気の茶畑だ!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は金谷から西へ。静岡のお茶畑の景観が一番いい季節に、日本一の茶どころ、牧之原台地を越えて、掛川方面に向かったところ、とんでもない絶景に出会ってしまいました。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.26 藤枝宿~島田宿 とと姉ちゃんの蓬莱橋と、とろろ汁ふたたび

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回はゴールデンウィークの家族旅行の際に東海道ふらっと完歩をしたお話。ま、家族旅行とは言ったものの家族は一緒に歩いてくれなかったので、僕がひとりでちょっと抜け出して歩いていただけですが。

石川県

お土産・記念品

蒸れにくく心地よい肌触りの「和紙織物」を使用した “モダン和紙織りマスク”をオンラインショップにて新発売

武部織物株式会社は、独自に開発した「和紙織物」を使用した3層構造の立体マスク「モダン和紙織りマスク」(1,500枚限定:全カラー合わせて)を8月12日(水)正午(12:00)からオンラインショップ「TAKEORI」(タケオリ)にて、予約受付を開始します。

ピックアップ

ピックアップ