徳川家康公の御霊が宿った神輿がベトナムへ 世界平和への祈り

2021.05.01

お客様の「寛ぎ・感動・創造」を追求し、千葉県と栃木県に5店舗を展開する「ホテル三日月グループ」の協力のもと、徳川家康公を祀る日光東照宮の御霊(みたま)が宿った国外で唯一の「日光東照宮分霊三日月神輿」を製作。4月20日、日光東照宮にて完成奉告の儀を執り行いました。

これはホテル三日月グループがベトナムダナンの地に日本文化の発信基地となる「ダナン三日月ジャパニーズリゾーツ&スパ」開業を目指すプロジェクトの1つで、本神輿は今後ベトナムダナンのダナン三日月ホテル内に鎮座し、日本文化の発信とともに新型コロナウィルス感染症の収束、延いては世界平和を広く祈念することを目指します。

長く続いた戦乱の世を治め、世の泰平の基礎を築いた平和の象徴、徳川家康公を御祭神に祀る世界文化遺産「日光東照宮」。ベトナム国は近代において最も戦争で傷ついた国で、世界平和を掲げる東照宮の神霊(みたま)が人々の心を癒すことができるのではないか。

さらには約400年前の徳川家康公の政策、朱印船貿易で両国の交流が隆盛を極めた如く日越の経済、観光、文化交流の架け橋となって、平和の理念を大きく発信したい」という思いから、世界へ向けて大きな一歩を踏み出す契機とすべく本プロジェクトは当社と日光東照宮の熱い思いによって実現しました。

ダナンへの分祀は、宮内庁御用達で令和大嘗祭などにも携わった名門中の名門、創業160年の日本が誇る江戸神輿製作所「浅草宮本卯之助商店」が日光東照宮監修のもと職人たちの技を集結、東照宮を象徴する平和の彫刻類を施した唯一無二の神輿「日光東照宮分霊神輿」として海を渡ります。

完成した神輿は、家康公の干支である虎や平和のシンボル眠り猫、教育の象徴としても有名な三猿、悪夢や戦具材料の金属を食す霊獣・貘(ばく)などが実際の東照宮と変わらぬ美しい彩色と意匠で再現され、東照宮の装飾を凝縮したと言えるほどの素晴らしい出来栄えとなっています。

 過去を遡っても東照宮と一企業が世界へ「共に歩みだす」事例は見当たりません。

4月20日の完成奉告の儀の後、神輿は5月末まで日光東照宮陽明門内眠り猫の脇に据え、一般公開を開始しています。その後6月末まで千葉県木更津の龍宮城スパホテル三日月にて展示、夏休みにはより多くの皆様に御覧いただけるよう再び日光東照宮にて展示を予定しています。

日光東照宮とともに、400年の時を経て当グループの新しい歴史がここから始まります。

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ