器もストローも100%土に還るエコジュース! 伊勢の「まるごと果汁店」がストローもついに生分解性に

2020.07.23

三重県伊勢市のおはらい町に店舗を構えるジュース専門店「まるごと果汁店」では、7月11日より使用するストローを全て土に還る「生分解性ストロー」に変更いたします。また、同じく使い捨てストローの使用を見直したいという、環境保全の意識の高いお店の方々に向けて自社で企画した「生分解性ストロー」を「The EARTH CREW」ブランドとして販売する事業も開始していきます。

ジュース専門店がオリジナル開発の生分解性ストローへ切り替え

気温も湿度も上がり、冷たい飲み物が恋しくなる季節。キンキンに冷えたオレンジやグレープフルーツ等の果物に何も加えずに、注文を頂いてから目の前でしぼるスタイルが人気の「まるごと果汁店」は、伊勢神宮内宮に通じるおはらい町通りで、行列のできるジュース専門店です。

まるごと果汁店では7月11日より、自店で提供しているフレッシュジュースに使用するストローを全て、トウモロコシ由来の生分解性ストローに変更いたします。

器もストローも100%土に還る

元々、まるごと果汁店で提供するジュースは果物自体が器になる為、ストローも土に還る生分解性のエコストローに変えることで「器もストローも100%土に還る」自然に優しいジュースとなります。

まるごと果汁をご利用いただくお客様には10代・20代のお客様も多く、若い世代も環境意識の高いお客様が少なくありません。多い日には1日2,500杯も販売するためストローを生分解性に切り替えることで自然にも優しく、お客様の環境への意識をより高めるきっかけになればと、生分解性ストローのメーカーと打ち合わせを重ね、美味しく飲める口径などにも研究を重ねオリジナルのストローを開発致しました。

生分解性ストローの他店への提供も開始

世界共通の目標として、2050年までに海洋プラスチックごみの流出をゼロにすることが共有され、日本では「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」のひとつとして、7月1日にレジ袋の有料化を義務付ける省令改正が施行されました。

SDGsなど持続可能な開発への意識が高まる中、当店と同じく環境への意識の高いカフェや飲食店、タピオカドリンク専門店等に開発した生分解性ストローを「The EARTH CREW」ブランドとして提供を開始いたします。

1人1人が地球の乗組員として地球を守る「The EARTH CREW」ブランドとして今後は、生分解性ストローの他にも、エコバックなど持続可能でより良い世界を実現するプロダクトを提供していくことを計画しています。

「The EARTH CREW」ブランド
2種類のストローと可愛いパッケージ

まるごと果汁店とは

伊勢神宮内宮に通ずるおはらい町通りに店舗を構え、目の前で、オレンジやグレープフルーツを絞るジュース専門店です。氷の入った水槽の中にはいつも冷えたフルーツが入っており、夏には特に人気があります。

果物そのものを器にし、特殊な機械で中からジュースにしていくので、ビタミンCも食物繊維もたっぷり。まさに果汁をまるごと楽しむ事が出来ます。見た目もインパクトがあり、店舗の昭和レトロなメニュー看板と一緒にSNSでの投稿を頂くなど、注目を集めています。

「The EARTH CREW」ブランドの生分解性ストロー

トウモロコシを原料にした生分解性ストローです。紙ストローに比べて耐水性が強く、飲み口も安定しています。サイズは直径9mm×長さ150mmと直径6mm×210mmの2種類。色はブランドカラーである緑色です。

今後はカラーバリエーションも増やしていく予定です。箱には「地球にやさしい」というブランドコンセプトを反映し、地球上の動物達のイラストを描いています。

商品概要

(1) まるごと果汁(オレンジとグレープフルーツの2種類)
価格:400円(税込)

(2) アースクルーストロー
価格 :1本3.5円(税込)
発売日:7月中旬
サイズ:直径9mm×長さ150mmと直径6mm×長さ210mmの2種類

まるごと果汁店

住所: 三重県伊勢市宇治今在家町24
営業時間: 9:00~17:00(定休日なし/季節によって一部変動あり)

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ