秋田のきりたんぽに、金沢の金箔?!旅行客向けの郷土料理を使った料理教室「airKitchen」

2020.02.06

airKitchenは、旅行中に日本食の料理体験に参加したい外国人旅行者と、日本食を教える日本人ホストをオンラインで結ぶマッチングプラットフォームです。訪日旅行者はairKitchenを使うことで、旅先の家庭を訪問し、現地のホストと日本食を一緒に作ることができます。観光地を巡るだけの普段の旅行と比べ、より深く、ローカルな日本文化を体験することができることから、多様化するニーズに応える新しいアクティビティとして、いまは欧米のユーザーを中心に注目を浴びています。

airKitchenは、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国5,000人以上のホストの方々が登録されています。訪日外国人旅行者はairKitchenを利用して、日本各地のホストの家庭で地域の家庭料理を一緒に作って、食べる体験を楽しむことができます。中でもその土地の特産品や名物料理を利用したメニューは、一部の旅行者から大変好評です。

88歳の加原世子さんは、airKitchenの中で最高齢のホストです。娘様と一緒に鎌倉市にある自宅で教室を開催していますが、英語とフランス語が堪能である娘さんに通訳を任せ、世子さんは観光者に丁寧に料理や食器・箸の置き方などの説明をします。

米寿ホストの加原さん(左)とその娘様(中)とゲストのWendyさん(右)
完成後は、作った料理を一緒に美味しく頂きます

大阪の「たこ焼き」や広島の「お好み焼き」など、観光地における定番メニューはもちろん、秋田の「きりたんぽ鍋」や金沢の「金箔を用いた卵焼き」など、地域特有の食文化を楽しめる料理教室がこのairKitchenを通して日本各地で開催されています。一般的な観光ツアーや他のサービスでは体験できないことを訪日旅行者に提供するするサービスです。

>airKitchen公式サイト

>海外の料理教室を探す

日本国内に向けてのホスト募集もありますので、興味あるかたは以下サイトをチェックしてください。
>airKitchenへのホスト登録はこちら(登録無料)

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ