せとうちの観光価値を高める高品質古民家ホテルブランド「Setouchi Cominca Stays」がジャパン・ツーリズム・アワードを受賞

2020.10.04

せとうちDMO(※1)を構成する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションが手がける高品質な古民家再生ホテルのブランドである「Setouchi Cominca Stays(せとうち古民家ステイズ)」が、第6回ジャパン・ツーリズム・アワード2020に入賞いたしましたことをお知らせいたします。

ジャパン・ツーリズム・アワードは、ツーリズムの発展・拡大に貢献し、社会の持続的発展に貢献するツーリズムの取り組みを表彰するものであり今年度で6回目の開催となります。「広域DMO がつくる世界水準の地域体験旅ブランドSetouchi Cominca Stays(せとうち古民家ステイズ)」は、応募総数178件のうち、【国内・訪日領域】において入賞となりました。Setouchi Cominca Staysの観光賞受賞は2019年のCOOL JAPAN AWARD(主催:一般社団法人クールジャパン協議会)の一般部門受賞に続いて2度目の受賞となります。
「Setouchi Cominca Stays(せとうち古民家ステイズ)」は瀬戸内7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)を対象とした観光資源を利活用するための取り組み「せとうち古街計画」によって実施される歴史的建築物を活用した宿ブランドで、現在愛媛県内子町に2棟、広島県庄原市に3棟を展開しており、今後も厳選した知られざる瀬戸内の魅力を伝えるエリアに拡大していく予定としております。

>Setouchi Cominca Stays

第6回「ジャパン・ツーリズム・アワード」

(主催者ホームページより)
本アワードはツーリズムの発展・拡大に貢献し、「ツーリズムEXPOジャパン」とのシナジー効果に寄与、または国内・海外の団体・組織・企業の持続可能で優れた取り組みを表彰するものです。受賞取り組みを広く社会に知らしめることで、ツーリズムへの理解を進めると同時に、モデルとしてさらなるツーリズムの発展に寄与することを目的とします。
>ツーリズムEXPOジャパン

Setouchi Cominca Stays内子 概要

施設名:Setouchi Cominca Stays「織(おり)」「久(ひさ)」計2棟
●活動内容:瀬戸内ブランドコーポレーションが進める歴史的町並みや伝統的建築物の観光活用プロジェクト『せとうち古街計画(※2)』のもと、内子町、Project A.Y.、伊予銀行との連携により実現しました。瀬戸内ブランドコーポレーションは、せとうち観光活性化ファンド、伊予銀行等からの資金調達および事業計画やマーケティング戦略の策定・実行を担い、古民家の商業施設化を資金面からマーケティングまでトータルサポートしたせとうちDMO初の事例です。

愛媛県内子町の歴史的町並み
Setouchi Cominca Stays『織』
Setouchi Cominca Stays『久』

Setouchi Cominca Stays Hiroshima 概要

プロジェクト名:Setouchi Cominca Stays Hiroshima 『長者屋』『不老仙』『こざこ森』計3棟
活動内容:瀬戸内ブランドコーポレーションの地方創生プロジェクト『せとうち古街計画 (※2)』に基づき庄原市をはじめとする地元有志との取り組みにより実現したバケーションレンタル(一棟貸し)タイプの高品質な宿となります。中国山地の中ほど、なつかしい里山に囲まれた“広島の隠れ里”庄原市内には築100年~250年の古民家が散在しますが、特に素晴らしい景観に建つ三棟をリノベーションしたのが『長者屋』『不老仙』『こざこ森』です。

庄原の美しい里山景観
Setouchi Cominca Stays『長者屋』
Setouchi Cominca Stays『不老仙』
Setouchi Cominca Stays『こざこ森』

※1 せとうちDMO
官民が参画する一般社団法人せとうち観光推進機構と金融機関・域内外の民間企業が参画する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーションで構成。DMOはDestination Marketing/Management Organizationの略。観光需要の創出と商品やサービスの供給体制の強化を行いながら、多様な関係者とともに持続可能な観光地域づくりを推進している。
※2せとうち古街計画…せとうち古街計画は瀬戸内7県(兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県)を対象とした歴史的資源を観光活用するなど、地域の遊休観光資源を利活用するための取り組み。瀬戸内ブランドコーポレーションが主体となって自治体及び地域事業者との共同により、歴史資源をはじめとする地域の様々な観光資源を活用した観光事業を起こすことにより、地域活性化の促進を図っている。

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ