青森県

観光

弘前さくらまつりPR動画「101回目への弘前公園の桜(2020)」で第2回ふるさと動画大賞を受賞

2020.12.27

青森県弘前市首都圏キャンペーン実行委員会が制作したPR動画「101回目への弘前公園の桜(2020)」が、一般財団法人地域活性化センターが主催する「第2回ふるさと動画大賞(地域プロモーション大賞 動画部門)」の大賞を受賞しました。

ふるさと動画大賞(地域プロモーション大賞 動画部門)とは

一般財団法人地域活性化センターが、地域の魅力を発信しているプロモーション動画を紹介するため、2019年から開催している事業です。令和2年度は「会いにいけなくても繋がれる 地域プロモーション動画」をテーマに、全国からの応募総数125点の中より選考が行われ、最高賞の大賞を受賞いたしました。

>「第2回ふるさと動画大賞」ホームページ

「101回目への弘前公園の桜(2020)」は、2020年春に制作された、日本一の桜とも称される弘前公園の桜と、その桜を守る樹木医「チーム桜守」をはじめとした作業員の姿を追いかけたドキュメンタリー映像作品です。
記念すべき100回目として開催される予定であった「弘前さくらまつり」。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、第二次世界大戦の影響があった1944~1946年以来の中止となりました。また、弘前公園も、1895年に開園して以降初めての閉鎖となりました。
吹き抜ける風の音と鳥のさえずりだけが聞こえる園内。2020年も桜は見事に咲き誇り、桜吹雪が舞い散る神秘的な雰囲気に包まれていました。

本動画では儚くも力強く咲く桜と、それを支える作業員の姿を描きながら、「散ったその瞬間からまた咲く準備を始める桜のように、この難局を共に乗り越え、来春の101回目の桜を皆さんと迎えたい」というメッセージが込められています。
誰もいない公園で、儚くも豪快に舞い散る桜吹雪をぜひご覧ください!

また現在、四季の弘前公園を追いかけたPR動画も制作中です。2021年2月頃に、「プロモーションサイト弘前市」等において公開を予定しております。こちらもぜひご覧ください。

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ