京都府

観光

三密回避でクラフトジンに触れる大人のボタニカル体験を 京都「宿ルKYOTO HANARE」

2021.05.07

日本初のジン専門の京都蒸溜所がつくるジャパニーズクラフトジンを提供する「季の美」と宿ルKYOTO HANARE がコラボした京都のクラフトジンを味わい尽くす体験プラン。英国と京都の伝統を融合させたプレミアムクラフトジンで贅沢なひとときを。

「クラフトジンに触れる大人のボタニカル体験」のポイント

1.季の美Houseセミナーで季の美を「学ぶ」
本プログラムではブランドショップである「季の美House」にて完全予約制による「テイスティングセミナー」を実施しています。 テイスティングセミナーでは季の美の定番3種を味わっていただきながら、「展示の間」だけでは語り尽くせない「季の美」の歴史や世界観をご紹介いたします。

2.極上の空間で季の美を「味わう」
「季の美House」の1階「季の美の間」の壁紙は江戸時代から唐紙屋を継承するKIRA KARACHO(1624年創業)の唐紙が使用されており、本プログラムではそんな極上の空間で「季の美」のカクテル2種を飲み比べしていただきます。

3.季の美Bathで「癒し体験」
本プログラムでは宿ルKYOTO HANARE限定でオリジナルのバスアイテムをご用意いたしました。季の美の香りや味わいは11種類のボタニカル(原料)で構成されており、それぞれの特徴別に6つのエレメントに分かれております。この11種類のボタニカルの中からお風呂との相性の良い3種類を選定し、オリジナルのバスアイテムを作成いたしました。

<3種のボタニカル>

・檜
ゆっくりと檜の香りがお風呂に広がりまるで森林浴をしているかのような感覚を楽しめます。檜にはフィトンチッドと呼ばれる成分が含まれており、血圧を下げたり自律神経を安定させる働きからリラックス効果が得られます。おやすみ前の入浴にぴったりなボタニカルです。

・玉露
お茶の色や香りがお風呂に広がる入浴にぴったりなボタニカルです。玉露にはテアニンと呼ばれる成分が含まれており1日の疲れを癒すリラクゼーション効果をもたらします。日常の疲れを玉露でぜひ癒してください。

・ジュニパーベリー
ジュニパーの粒をお湯の中でほぐすことで香りが広がり、お風呂の中で心地の良いジンの香りを感じることができます。スッと、ピリッとしたウッディな香りをぜひ湯船でお楽しみください。

3つのボタニカルを同時に使うもよし。朝と夜のお風呂で使い分けてもよし。あなたの好みに合ったボタニカルでオリジナルの季の美 Bathで癒しの体験をご堪能ください。

4.帰宅後の思い出に
本プログラムではお土産として季の美の3種のミニボトル「季の美」「季のTEA」「季の美 勢」をお持ち帰りいただきます。ご帰宅されてからも、旅の記憶に思いを馳せながら京都のドライジンをご堪能いただけます。
※1組様につきミニボトル3本セットとなっております。

京都ドライジンとは

お米からつくるライススピリッツとボタニカルに玉露や柚子、檜や山椒など日本ならではの素材を積極的に取り入れ、伏見の柔らかくきめ細やかな伏流水を使用しております。英国と京都の伝統を融合させたプレミアムクラフトジンです。

また、制作している京都蒸溜所は、世界最高のジンを造ることをミッションに英国と日本で経験を積んだ国際色豊かなメンバーが力を合わせてジンの生産をしている日本初のジン専門蒸溜所です。京都の農家の皆様と年間を通じて協力関係を築き、11種のボタニカルとライススピリッツ、伏見の伏流水を原材料に製作に取り組んでいます。

滞在スケジュール例

<1日目>
13:00 季の美 Houseでテイスティングセミナーを受講
14:00 季の美 Houseでカクテルを堪能
(お土産のミニボトルをお渡し)
17:00 チェックイン
18:00 お宿でご夕食〜京都の地元の味を堪能〜
19:00 3種のジントニックを飲み比べで違いを堪能する
21:00 ドライジンの原料ボタニカルで作る「季の美 BATH」で癒しのひととき
23:00 御就寝の支度

<2日目>
08:00 目覚めのご一服
08:30 お宿でご朝食〜京都の地元の味を堪能〜
09:30 お宿周辺を散策
11:00 おかえりの支度
12:00 チェックアウト

<ご帰宅後>
消費しきれなかったボトルはお土産としてお持ち帰り。ご自宅で「季の美」をお楽しみください。

提供施設一覧

「クラフトジンに触れる大人のボタニカル体験」をご提供している宿ルKYOTO HANAREの8施設をご紹介いたします。

1. 宿ルKYOTO HANARE 和紙ノ宿

●コンセプト
築104年の歴史。
京都北部の綾部地方に伝わる「黒谷和紙」その和紙を書く道具ではなく暮らしの道具として至る所に和紙を活用した宿。
>予約はこちら

2. 宿ルKYOTO HANARE 鏡ノ宿

●コンセプト
実相院の床緑。
黒い板の間に、窓の外の庭が反射して神秘的な世界を京町家で体験出来る宿。
>予約はこちら

3. 宿ルKYOTO HANARE 奏ノ宿

●コンセプト
奏でる空間。
床を掘り込んだリビングは人が集まり語らう場に、離れの浴室には庭を眺めながら入れる檜風呂、それぞれの場所にある景色移り変わる景色を奏でる宿。
>予約はこちら

4. 宿ルKYOTO HANARE 壬ノ宿

●コンセプト
水生。
湧き水が多く生まれる地で「水生」から転化し「壬生」という地名の由来に因んで入り口から庭まで水が流れているようなしつらえの宿。
>予約はこちら

5. 宿ルKYOTO HANARE 縁側ノ宿

●コンセプト
どこまでも続く縁側。
部屋中央の縁側はまるでどこまでも続く道のように。縁側に座り眺める庭や旅の仲間と語らう空間。
>予約はこちら

6. 宿ルKYOTO HANARE 洞窟ノ宿

●コンセプト
洞窟を潜った先に。
洞窟を抜けるとそこには開放的な浴室が姿を現す
四季折々に姿を変える庭を眺めながら浸かる湯船は旅の思い出の一部に
>予約はこちら

7. 宿ルKYOTO HANARE 路地ノ宿

●コンセプト
土間路地。
「碁盤の目」と呼ばれる京都で多く見られる路地と日本の伝統的な空間である土間との融合
>予約はこちら

8. 宿ルKYOTO HANARE 障子ノ宿

●コンセプト
障子からこぼれる柔らかな光。
平安時代から受け継がれる日本古来の建具。朝、日が昇り窓から差し込む光は障子を通して柔らかな光へと姿をかえる。
>予約はこちら

「クラフトジンに触れる大人のボタニカル体験」プラン概要

期間: 2021年05月01日〜
※変更になる場合がございます
※土日限定プランとなります。
料金: ¥47,800〜
※宿泊費込み
※宿泊時期により費用が変動
ご予約方法: 7日前までに各予約からのご予約若しくは当施設へお電話若しくはメールにて
含まれるもの: 季の美Houseでの製法セミナー(1時間)
※新型コロナウイルス感染拡大の影響で開催を中止することもございます。
テイスティングカクテル2種
3種のミニボトル「季の美」「季のTEA」「季の美 勢」
季の美Bath 「玉露」「檜」「ジュニパーベリー」
対象: 宿泊者のみ

宿ルKYOTO HANAREが考える3密回避

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により旅行に求められるものは、安心/安全が確保され初めて旅行を楽しめるものだと考えています。
そこで、私達は「3密回避」と「衛生管理」各施設において対策を徹底してまいります。
>詳細はこちら

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ