長野県

観光

絶対に行きたい信州の絶景チケットが発売開始となりました

2021.05.28

日常の生活から少し離れ、長野県を代表する4か所の絶景スポットを気軽に体感していただけるよう、お得な料金設定と利便性を追求し、各スポットで利用できる「絶対に行きたい信州絶景チケット」が販売開始となりました。長野県内に位置する栂池高原、白馬岩岳、白馬八方尾根、北志賀竜王ではゴンドラ、ロープウェイなどに乗車し、標高の高い絶景エリアまで簡単にアクセスすることができます。

中部山岳国立公園 栂池自然園(長野県小谷村)

中部山岳国立公園 栂池自然園

高山植物の宝庫で、標高2,010mに位置する展望湿原はエリアで唯一、日本三大雪渓の白馬大雪渓を眺望できます。ハイキングルートの大部分は木道が整備され、バリアフリーのコースもあります。

2021年営業期間:6月12日(土)~10月24日(日)
>栂池高原公式ページ

HAKUBA MOUNTAIN HARBOR(長野県白馬村)

HAKUBA MOUNTAIN HARBOR

白馬で唯一、白馬三山を正面に見据え、山頂からは四季折々の大パノラマを堪能できる絶景カフェ&テラス。秋は北アルプスの冠雪・中腹の紅葉の赤、麓の緑の木々が重なる三段紅葉も望めます。

2021年営業期間:4月29日(木)~11月14日(日)
>HAKUBA MOUNTAIN HARBOR公式ページ

白馬八方尾根 八方池(長野県白馬村)

白馬八方尾根 八方池

ゴンドラとリフトを乗り継ぎ、「日本の最も美しい場所36選※1」に選出された、標高2,060mでの日本を代表する山岳景観「八方池」。大きな鏡のように水面に白馬三山を映す美しい池は、必ず見たい絶景のひとつ。八方池までの遊歩道は眺望に優れ、高山植物の宝庫。ゴンドラリフト山頂駅には「HAKUBA MOUNTAIN BEACH」もあります。 ※1 CNN travel 2017年5月

2021年営業期間:6月5日(土)・6日(日)、6月12日(土)~10月31日(日)
>白馬八方尾根公式ページ

SORA terrace(長野県山ノ内町)

SORA terrace

世界最大級166人乗りのロープウェイに乗って雲の上に。条件が合えば雲海が広がる標高1,770mの幻想的な天空の世界には、カフェやドッグラン、高山植物鑑賞が、四季折々の自然が作り出す景色とともに楽しめます。
周辺には湯田中渋温泉や地獄谷野猿公苑などの宿泊観光スポットもあり、雲海・サンセット・星空と非日常空間が1日で体験できる特別な場所です。

2021年営業期間:6月12日(土)~11月3日(水) ※9月6日(月)~9月10日(金)は除く
>SORA terrace公式ページ

新着

新着

注目の記事

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

イベント

軽井沢在住香港人デザイナー AB Concept (エービーコンセプト) 南アルプスから着想を得た空間デザインForest of Reflectionを発表

ミラノ (2022年6月) —軽井沢在住のふたりの香港人エド・ウンとテレンス・ウガンにより、1999年に創業したインテリアデザイン事務所AB Conceptが、壁紙ブランドCalico Wallpaper(アメリカ)とコンテンポラリーなガラス製品をデザインするNUDE(トルコ)とパートナーシップを組み、今年のミラノデザインウィークに参加しています。会場ではAB ConceptがCalicoと提携して作り上げた森林を壁一面に感じることのできる壁紙、Tableau(タブロー)の発売を記念して、南アルプスの森をイメージした空間デザイン、Forest of Reflection(フォレスト・オブ・リフレクション)を発表いたします。

愛知県

着物

伝統

観光

江戸時代城下町の面影を残す「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」を一旗がプロデュース

2021年12月6日(月)から19日(日)まで開催されれいた「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」の様子を納めた動画が公開されました。華麗な花々とデジタルアートが融合した幻想的な空間をお楽しみください。

京都府

観光

おとなの好奇心と遊び心を刺激する空間が誕生【プリンス スマート イン 京都三条】

京都観光はもちろんビジネスにも利便性の良い場所に建つ「プリンス スマート イン 京都三条」。現代の町家をイメージし、京町家の特徴とも言える格子戸、出格子などを組み合わせて構成されたファサードは決して華美ではないが、美しいリズムや動きを感じる洗練されたデザイン。京都滞在への期待感を喚起する要素の一つとなっています。

ピックアップ

ピックアップ