北海道

観光

雲海テラスでキャンプ体験「星野リゾート リゾナーレトマム」

2021.08.24

「星野リゾート リゾナーレトマム」では、春から秋にかけて雲海テラスを営業しており、目の前に広がる雲海の絶景を間近で楽しむことができます。2021年8月26日より天空の絶景を家族で貸し切りできる「雲海テラスキャンプ」が登場します。

雲海テラスを家族で貸し切り

本プランでは、通常では立ち入ることのできない夜から明け方までの時間に、雲海テラスを貸し切ってキャンプをします。夜は満天の星を、早朝は目の前に広がる雲海と日の出の絶景を家族だけで堪能できます。早朝の雲海が出る時間には、雲海発生のメカニズムや当日の見通しをスタッフが解説する「雲海ガイド」をプライベートで実施。

また、初めてのキャンプを手軽に楽しんでいただきたいという想いから、テントやイス、テーブルなどは全てスタッフが用意します。もちろん片付けも不要です。

大自然を目の前にキャンプ体験

キャンプ中に楽しむ軽食として、ファームエリアにて放牧している牛から搾った「トマム牛乳」のチーズや鹿ジャーキー、マシュマロを用意。チーズと鹿ジャーキーを燻製器でスモークしたり、マシュマロを火で炙ったりして、キャンプ体験を堪能できます。また、スタッフが常駐するので、キャンプでわからないことがあっても、心配することなく安心して過ごせます。

夕食はゆっくりとレストランで堪能

エリア内には多彩なレストランがあり、シーンや気分にあわせて夕食を選べます。森のレストラン「ニニヌプリ」は、開放感のある空間でジンギスカンや新子揚げ(*1)など北海道らしい料理を味わえるビュッフェレストランです。ビュッフェダイニング「hal(ハル)」では、北海道を代表する海鮮「カニ×サーモン」を中心とした旬の素材を味わえます。

*1 鶏の半身揚げ

リゾートでのキャンプだからできる自由な楽しみ方

本プランは、リゾナーレトマムに宿泊する方限定で楽しめます。そのため、夜は客室でゆっくり過ごして、早朝の雲海鑑賞をプライベートで満喫する、という楽しみ方も可能です。雲海テラスでのキャンプはもちろんですが、客室と雲海テラス、両方を自由に使えるので、貸し切りの雲海テラスで雲海を眺めながらコーヒーを飲みたい、客室でお昼寝したいなど、思い思いに過ごすことができます。

「雲海テラスキャンプ」概要

期間: 2021年8月26日~9月10日
料金: 94,500円~(大人2名1室利用時1名あたり、税・サービス料込)
含まれるもの: リゾナーレトマム1泊、雲海テラスキャンプ体験、夕朝食、キャンプ道具貸し出し一式、軽食(鹿ジャーキー、チーズ、ナッツ、マシュマロ)、飲み物(ビール、ウイスキー、トマム牛乳)、プライベート雲海ガイド
定員: 1日1組(2~5名)
備考: 雲海は気象条件が揃った際に発生します。悪天候の場合は催行が中止になる可能性あります。仕入状況によりメニューが変更になる場合があります。

>予約はこちら

<最高水準のコロナ対策宣言>

>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

新着

新着

注目の記事

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

イベント

軽井沢在住香港人デザイナー AB Concept (エービーコンセプト) 南アルプスから着想を得た空間デザインForest of Reflectionを発表

ミラノ (2022年6月) —軽井沢在住のふたりの香港人エド・ウンとテレンス・ウガンにより、1999年に創業したインテリアデザイン事務所AB Conceptが、壁紙ブランドCalico Wallpaper(アメリカ)とコンテンポラリーなガラス製品をデザインするNUDE(トルコ)とパートナーシップを組み、今年のミラノデザインウィークに参加しています。会場ではAB ConceptがCalicoと提携して作り上げた森林を壁一面に感じることのできる壁紙、Tableau(タブロー)の発売を記念して、南アルプスの森をイメージした空間デザイン、Forest of Reflection(フォレスト・オブ・リフレクション)を発表いたします。

愛知県

着物

伝統

観光

江戸時代城下町の面影を残す「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」を一旗がプロデュース

2021年12月6日(月)から19日(日)まで開催されれいた「愛知県指定有形文化財 伊藤家住宅×花とデジタルアートの祭典」の様子を納めた動画が公開されました。華麗な花々とデジタルアートが融合した幻想的な空間をお楽しみください。

京都府

観光

おとなの好奇心と遊び心を刺激する空間が誕生【プリンス スマート イン 京都三条】

京都観光はもちろんビジネスにも利便性の良い場所に建つ「プリンス スマート イン 京都三条」。現代の町家をイメージし、京町家の特徴とも言える格子戸、出格子などを組み合わせて構成されたファサードは決して華美ではないが、美しいリズムや動きを感じる洗練されたデザイン。京都滞在への期待感を喚起する要素の一つとなっています。

ピックアップ

ピックアップ