【銀座】パパブブレ、世界的にも珍しいキャンディアートミュージアム

2019.12.21

「世界一おもしろいお菓子屋さん」である「PAPABUBBLE/パパブブレ」は、2019年7月1日よりGINZA SIXの地下2階に「キャンディアートミュージアム by PAPABUBBLE」をオープンいたします。キャンディ製アート作品をメインとした店舗は、世界30都市以上で展開するパパブブレの店舗でも唯一。また、他ブランドを含めても、世界的にも珍しいコンセプトショップです。

PAPABUBBLEはアート性を意識したスイーツを提供し、世界30都市以上の遊び心を大切にする大人に多くのファンを獲得してきました。日本でも、ハロウィンの脳みそマシュマロ、ホワイトデーの入れ歯キャンディなど、キャンディやマシュマロ製のオブジェを数多くリリースしています。

店舗内に20点ほどのスイーツ製オブジェを展示し、希望者には販売します。展示・販売する作品は人気の出た定番品を除き、毎月、新しいものに変わります。

飴で出来たランプシェード
まるで壷のようなバウムクーヘン

また、銀座ならではの限定商品も展開。
日本では珍しいロッキーロードやスノーシュガーといった、カラフルでフルーティーなチョコレートやソフトキャンディ菓子をとりそろえます。

※画像はイメージです

【キャンディアートミュージアム by PAPABUBBLE(Gallery of Sweets Art by PAPABUBBLE)】

住  所: 東京都中央区銀座6丁目10-1 B2F
電話番号: 03-6228-5535
営業時間: 月曜~日曜 10:30~20:30

 
公式サイト:
http://www.papabubble.jp

銀座周辺のホテルはこちら

あなたにオススメ

新着

新着

注目の記事

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.22 由比〜江尻宿 これがホントの薩埵峠!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回は駿河湾越しに富士山を望み、東海道有数の絶景と言われる薩埵峠を越えるお話です。

長野県

観光

BEB5 軽井沢 避暑地「軽井沢」をオシャレに楽しむ夏旅2020を提案

「仲間とルーズに過ごすホテル」をコンセプトにした「星野リゾート BEB5(ベブファイブ)軽井沢」は、暑さを忘れて、オシャレに楽しむ夏旅を提案します。軽井沢は日本を代表する避暑地のひとつ。東京から新幹線でわずか1時間と、首都圏から気軽にアクセス可能です。スタイリッシュなデザインのパブリックスペースでくつろいだり、ご当地グルメを客室に持ち込んでプチパーティーをしたり、豊かな自然を感じて気分転換したり、日常を離れて、さわやかな夏を満喫できます。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.21 蒲原宿〜由比宿 桜えび桜エビさくらえび!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

由比と言ったら桜えび。あまりグルメではない僕も、静岡の友達から桜えびのおすすめの店を聞いて楽しみにしていたのですが・・・

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.19 沼津宿〜吉原宿<後編>旧東海道寄り道鉄旅「岳南鉄道」

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。
時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。
吉原宿付近に差し掛かると、岳南鉄道「吉原本町」の駅がありました。名前は知ってたけど、もちろん乗ったことなかったので、もうなかなか来ることもないだろう、とちょっと寄り道してみました。

ピックアップ

ピックアップ