【銀座】パパブブレ、世界的にも珍しいキャンディアートミュージアム

2019.12.21

「世界一おもしろいお菓子屋さん」である「PAPABUBBLE/パパブブレ」は、2019年7月1日よりGINZA SIXの地下2階に「キャンディアートミュージアム by PAPABUBBLE」をオープンいたします。キャンディ製アート作品をメインとした店舗は、世界30都市以上で展開するパパブブレの店舗でも唯一。また、他ブランドを含めても、世界的にも珍しいコンセプトショップです。

PAPABUBBLEはアート性を意識したスイーツを提供し、世界30都市以上の遊び心を大切にする大人に多くのファンを獲得してきました。日本でも、ハロウィンの脳みそマシュマロ、ホワイトデーの入れ歯キャンディなど、キャンディやマシュマロ製のオブジェを数多くリリースしています。

店舗内に20点ほどのスイーツ製オブジェを展示し、希望者には販売します。展示・販売する作品は人気の出た定番品を除き、毎月、新しいものに変わります。

飴で出来たランプシェード
まるで壷のようなバウムクーヘン

また、銀座ならではの限定商品も展開。
日本では珍しいロッキーロードやスノーシュガーといった、カラフルでフルーティーなチョコレートやソフトキャンディ菓子をとりそろえます。

※画像はイメージです

【キャンディアートミュージアム by PAPABUBBLE(Gallery of Sweets Art by PAPABUBBLE)】

住  所: 東京都中央区銀座6丁目10-1 B2F
電話番号: 03-6228-5535
営業時間: 月曜~日曜 10:30~20:30

 
公式サイト:
http://www.papabubble.jp

銀座周辺のホテルはこちら

あなたにオススメ

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ